内定者たちの声 #03

南山大学 総合政策学部

的確に評価してもらえたことが、自分の存在をきちんと認めてもらえたようでうれしかったです。

選考参加のきっかけと入社の決め手

出身が本社と同じ名古屋市なので、ブラザーブランドについてはもともと知っていました。そんな親しみある会社の説明会が学内で開かれると知り、気軽に参加したところ、会場では人事の方が楽しげに話しておられ、その様子からのびのびと働ける会社の雰囲気が感じられたので、選考に参加することにしました。
内定のご連絡をいただいた時、自分がなぜ最終選考を通過できたのか理由を伺うと、人事の方が「誠実さがよく伝わった」と答えてくださいました。私はそれまで誠実さを強みに採用選考に臨んできました。そのため自分の強みを的確に評価していただき、これまでの努力や存在が認められたうれしさが込み上げ、「この会社で頑張ろう」と心から思うことができました。

入社後に成し遂げたいこと

まずは営業職として、自分ならではの得意分野を見つけたいです。もちろん現時点ではまだわかりませんが、見つけるためには、何事にも果敢にチャレンジすることが大切だと思っています。目の前の仕事をチャンスと捉えて前向きに取り組み、成功と失敗から気づきや学びを得られれば、いずれ自分の得意分野を見つけられるでしょう。そうすることで、難易度の高い案件に対しても意欲がみなぎるようになり、良い結果を積み上げて、社内外の人々に認められる存在になっていくと思うのです。
このような自分にできるだけ早くなりたいと考えていますが、やはり焦りは禁物です。お客様を第一に考えて行動することだけは、決して忘れてはいけないと今から肝に命じておきます。

充実した就活にするためのコツ(後輩へのアドバイス)

就活は自分との戦いと言われますが、決して孤独な環境をつくらないでほしいと思います。つまり、頼れるところは頼るべきなのです。正直、今は手探りで進めていても、ネットを使えばそれなりに有益な情報が見つかります。でも、よりリアルで鮮度の高い情報は、同じ就活仲間がつかんでいますから、積極的に交流して情報を交換してください。それに、交流することは息抜きにもなります。
また、大学の就職課も活用しましょう。毎年多くの学生から相談を受けてきた就活のプロが学内にいるわけですから、活用しない手はありません。特に就活の初期段階に話を聞くと、今後どのようなスケジュールで動き、いつまでに何をすべきかがわかるので、就活が進めやすくなります。

内定者たちの声 #01 中央大学 商学部

“At your side.”の精神を行動で示してくださる社員の皆さんの姿に好感を抱きました。

Read More
内定者たちの声 #02 三重大学 工学研究科

理系出身者だからこそ活躍できるフィールドがあることが、迷いを払拭するポイントでした。

Read More
内定者たちの声 #03 南山大学 総合政策学部

的確に評価してもらえたことが、自分の存在をきちんと認めてもらえたようでうれしかったです。

Read More
内定者たちの声 #04
内定者たちの声 #05