内定者たちの声 #03

明治大学 商学部

きちんと戦略を考え、筋道を立てて効率的に課題解決を行っている様子に好感が持てました。

ブラザー販売に入社を決めた理由

誰でもできる仕事ではなく、アイデアを駆使して課題を解決し、評価される仕事に就きたいとずっと考えていました。ブラザー販売を知ったのは、プロフィール登録していた就活アプリからオファーをいただいたのがきっかけです。
話を聞いてみると、ブラザーブランドの安心感とソリューション営業という仕事内容に魅せられ、どんどん志望度が増していきました。会社の規模感もちょうど良く、福利厚生も充実しています。仕事はもちろん、プライベートも大事にしている社風も感じられました。
何より印象的だったのが、人事の方の対応でした。とても丁寧で、学生に寄り添ってくれていると感じました。「この会社ならのびのびと働くことができそうだ!」と確信しました。

ブラザー販売の印象について

商社系の企業を中心に就活を行っていたので、エネルギッシュで体育会の雰囲気が強すぎる会社が多い印象でした。「この環境でずっとやっていくのは難しいだろうな・・・」と感じていたんです。
その一方で、ブラザー販売は、ガツガツと何もかもを全力で行うのではなく、きちんと戦略を考え、筋道を立てて効率的に仕事をしているイメージで好感が持てました。良い意味で、落ち着いて仕事をしている雰囲気でした。
また、オフィスを見学させていただいたことで、それぞれの社員が黙々と作業をするのではなく、コミュニケーションを取りながら楽しそうに仕事を進めていることがわかりました。そのあたたかい社風が自分の肌に合っていると感じ、「ここで働きたい!」という思いがより強くなりました。

充実した就活にするためのコツ(後輩へのアドバイス)

志望する業界をはじめから絞ってしまうよりも、門戸を大きく開いて情報を集めることで、知らなかった業界や企業に出会える可能性が高まります。また、自分の“軸”が決まらず焦る学生さんも多いと思います。そんな時は「自分は何をしたいのか?」そして「どんな働き方が理想なのか?」を突き詰めていけば、自然と軸も定まっていきます。軸さえ決まれば、就職先も自然と絞られていきます。
世の中のさまざまな企業に出向き、じっくりと話を聞かせてもらえる機会は、実は就活時しかありません。その貴重なチャンスを活かし、たくさんの企業を体感してください。就活や会社見学を重く考えすぎずに、「今しかできないことを楽しんでやる!」くらいの気持ちで頑張ってくださいね。

内定者たちの声 #01 三重大学 人文学部

夏のインターンシップを通じて、ブラザー販売の営業の仕事をリアルに感じることができました。

Read More
内定者たちの声 #02 名古屋工業大学 工学部

理系で学んできたことに価値を見いだし、頼ってもらえる職場のほうが活躍の可能性が広がります。

Read More
内定者たちの声 #03 明治大学 商学部

きちんと戦略を考え、筋道を立てて効率的に課題解決を行っている様子に好感が持てました。

Read More
内定者たちの声 #04 獨協大学 経済学部

選考を通じて、ブラザー販売は「人の気持ちを考えてくれる会社」だと実感しました。

Read More
内定者たちの声 #05 愛知大学 経済学部

対話力とアイデアでお客様の発展に貢献し、今までにない解決方法の提案にも挑戦したいです。

Read More