内定者たちの声 #05

愛知大学 経済学部

対話力とアイデアでお客様の発展に貢献し、今までにない解決方法の提案にも挑戦したいです。

ブラザー販売に入社を決めた理由

インターンシップに参加して興味を持ちました。グループディスカッションを行った中で、人事の方々が参加した一人ひとりの学生をしっかり見て、上手く導いている姿が印象的でした。インターンシップ後にいただいた評価も私のセルフイメージそのものだったので、「この人たちと一緒に働きたい!」という気持ちになりました。
最終的に、金融機関とブラザー販売の2社から内定をいただきました。金融機関の面接では社風に合わせて演じてしまったのですが、ブラザー販売は等身大の自分を出すことができました。この先40年にわたって働くかもしれない就職先です。仮面をかぶって面接をした場所ではなく、素の自分を受け入れてくれる場所の方がイキイキと働けると感じ、入社を決めました。

ブラザー販売でチャレンジしたいこと

ブラザー販売が持っているノウハウや商品・サービスを通じて法人のお客様の課題を解決するビジネスソリューション営業にチャレンジしたいと考えています。
課題解決型の仕事には正解がないと聞きました。だからこそ、さまざまな方法を試しながら自分なりの解決方法を見いだしていけるのではと考えています。持ち前のトークとアイデアでお客様の発展に貢献し、相談して良かったと言っていただけるビジネスパーソンになるのが目標です。大企業に対しての革新的なソリューションの提案にも、一人ひとりの顔が見える中小企業のお客様の支援にも興味があります。
また、ペーパーレスが進むこれからの時代を見据え、今までのブラザー販売にはない解決方法の提案にも挑戦したいです。

充実した就活にするためのコツ(後輩へのアドバイス)

就活中、私はエントリーシートを多めに出しました。たくさん提出することで文章のコツが身につき、自身を見直すきっかけにもなりました。面接もたくさん受けましたが、自分に嘘をつかず、ありのままで臨んだほうが上手くいきますし、落ちたとしても納得がいくことを学びました。
新型コロナで就活の流れが変わりましたが、どんなことでもプラスで考えるよう心がけてください。インターンシップがなくなっても、オンラインでOB・OGの話が聞ける企業もあると思います。
そして私が考える就活のコツは、一人で頑張りすぎず、味方をつくることです。先輩や家族に自分から相談して、応援してもらえる雰囲気をつくってください。また、同学年の就活仲間も心強い味方になってくれると思います。

内定者たちの声 #01 三重大学 人文学部

ブラザー販売のインターンシップに参加したことは、私のターニングポイントになりました。

Read More
内定者たちの声 #02 愛知県立大学 情報科学部

ブラザー販売でも理系の学びはきっと活きます。文理不問の採用だから、理系出身者もぜひ応募を。

Read More
内定者たちの声 #03 獨協大学 経済学部

先輩社員が仕事の内容を細かく教えてくださり、入社後のリアルなイメージが描けました。

Read More
内定者たちの声 #04 南山大学 人文学部

最初は別の企業に惹かれていましたが、選考過程で徐々にブラザー販売への志望度がアップ!

Read More
内定者たちの声 #05 愛知大学 経済学部

対話力とアイデアでお客様の発展に貢献し、今までにない解決方法の提案にも挑戦したいです。

Read More