内定者たちの声 #02

三重大学 工学研究科

理系出身者だからこそ活躍できるフィールドがあることが、迷いを払拭するポイントでした。

理系セミナーと選考への参加の経緯

大学院での研究はいつも楽しかったのですが、それよりも結果や考察をプレゼンすることや、人と意見を交換することが好きだったため、「技術職以外に営業職や企画職にもエントリーしてみよう」と考えました。
就活でブラザー工業の技術職について調べていた時、ブラザー販売の採用情報も目に入り、製品の販売やマーケティング分野の会社ならプレゼンの機会やコミュニケーションを交わす場面が多いのではないかと考えました。詳しく調べてみると、理系学生向けのセミナーがあったので参加したところ、理系出身者だからこそ活躍できるフィールドがある、また活躍を促進するキャリア支援制度が整っているという説明もあり、その点に勇気づけられ採用選考を受けてみようと思いました。

理系学部で学んだことがどう活きるか

大学での研究において私は、結果をまとめて考察し、次にどう活かすかを検討する作業を繰り返してきました。この経験は、お客様との会話から得た情報をもとに、最適なソリューションへと導く営業の仕事に活かすことができると思っています。さらに、プレゼンも何度となく経験してきたので、お客様にわかりやすく提案内容を説明できるのではないでしょうか。最終面接で役員の方々にプレゼンをした際に、うれしい反応をいただけたことは良い思い出です。
また、仕事では予想通りの結果が得られずくじけそうになることもあるかと思いますが、その点は研究も同じです。私はその都度気持ちを奮い立たせて突破口を開いてきたので、困難を乗り越える自信があります。

充実した就活にするためのコツ(後輩へのアドバイス)

理系の学生は研究に時間を費やすので、そこで培った専門知識を活かしたいという思いから、開発系の仕事や、自分の研究内容に近い分野の事業に取り組んでいる企業を探す傾向にあると思います。また、そのほうが採用情報を早く絞り込めるので、就活も進めやすいのでしょう。ところが、知識を活かす以外にも得意や嗜好も考慮して就活に臨むと、想定していなかった業界や職種に可能性を感じるようになります。私は、この新発見が刺激的に感じられ、就活が有意義なものになりました。
得意や嗜好については、学生生活だけでなく、それまでの人生経験も振り返って考えてみてください。自分がどういう人間なのかを把握することは、後悔しない就活にするための第一歩だと思います。

内定者たちの声 #01 中央大学 商学部

“At your side.”の精神を行動で示してくださる社員の皆さんの姿に好感を抱きました。

Read More
内定者たちの声 #02 三重大学 工学研究科

理系出身者だからこそ活躍できるフィールドがあることが、迷いを払拭するポイントでした。

Read More
内定者たちの声 #03 南山大学 総合政策学部

的確に評価してもらえたことが、自分の存在をきちんと認めてもらえたようでうれしかったです。

Read More
内定者たちの声 #04
内定者たちの声 #05