SPEEDIO(スピーディオ)

F600X1 基本機能

F600X1
  • F600X1
  • F600X1
  • F600X1
  • F600X1

SPEEDIOに新機種誕生
加工能力向上と加工安定化を実現

高剛性・安定性

高剛性な機械構造を採用

構造解析を活用し基本構造から検討。最適な要素部品の使用によりSPEEDIOシリーズ最高の高剛性な機械としました。

  • 機械構造
    テーブル移動をY軸1軸のみとしX・Z軸は、コラム移動。主軸ヘッドのオーバーハングを短縮する構造で今まで以上の高剛性を確保しました。
  • 高剛性主軸
    主軸ベアリングに他機種に比べ大径のベアリングを採用。主軸剛性をアップしました。
  • 高剛性ガイド
    ガイドにひとクラス上のガイドサイズを採用。各軸ガイド剛性をアップしました。

広い安定領域

振動を抑制することで広い範囲にわたり加工条件の設定が容易になり、高い条件での加工可能。加工時間の短縮に貢献します。

高生産性

SPEEDIO最高レベルの加工能力

切削量が大幅に増加
加工例 : エンドミルφ25 被削材:S50C

高出力主軸モータ

30番トップクラスの高トルク主軸モータを標準採用。

主軸モータ特性

最大トルク (瞬時): 92Nm
最大出力: 26.2kW

ノンストップATC

主軸の起動/停止、Z軸昇降、マガジン動作の高速化、最適化により高速工具交換を実現しています。

22本マガジン

Tool-Tool : 0.8s
Chip-Chip : 1.7s

14本マガジン

Tool-Tool : 0.7s
Chip-Chip : 1.6s

加工エリア・対応力

テーブルサイズ・積載質量

上位機械同等のサイズと積載質量

移動量 : X 600mm Y 400mm
作業面の大きさ : X 800mm Y 400mm
最大積載質量 : 500kg

高剛性テーブル

軸構成上テーブル下の構造がシンプルになり厚くすることでテーブル剛性もアップ。積載質量:最大500kgを実現。テーブルの変形も少なくなっています。

高信頼性

高信頼性

加工エリアの拡大に合わせて切粉の排出性を向上させています。また、エアアシスト式ツール洗浄など様々な信頼性向上のための機能も搭載しています。

山形テレスコカバー

コイルコン(オプション)

長くて流れ難い切粉もしっかりと排出でき、鉄の切粉も堆積無く確実に排出します。

操作性・環境性能

NC装置

工具監視機能を搭載

  • ATC監視機能
  • 高精度モードBⅡ(先読み200ブロック)
  • モータ絶縁抵抗計測機能
  • 波形外部出力
  • PLC機能

高い環境性能

低消費電力、少エアー消費量を始め、電源回生システムや様々な省エネ機能も搭載し、高い環境性能を実現しています。

導入事例

ブラザーソリューションを導入いただいたお客様の、導入背景や選択の理由、成果をご紹介します。

導入をご希望のお客様

サポート

工作機械 ラインアップ

このページをシェアする