MRT CASTINGS LTD様

ダイカスト、機械加工、仕上げのスペシャリスト

MRT CASTINGS 様(英国)

MRT CASTINGS LTD

MRT Castings LTDは1974年の創業以来、高品質のアルミニウムおよび亜鉛ダイキャスト製造を専門としてきました。そして現在では、英国の鋳造業界で最も先進的な製造施設を持つ企業として知られています。

お客様の高まる需要、高い精度の要求を継続的に取り組むため新しい工作機械 R650X2 を2019年11月に導入されました。
このMRT Castings LTDに設置されたR650X2はヨーロッパで初めて納入されたものです。

サイクルタイム30%削減

SPEEDIO R650X2

SPEEDIO R650X2

ブラザーSpeedioR650X2マシニングセンターに投入される最初の仕事の1つについて話し合うRawnson氏

ブラザーSpeedioR650X2マシニングセンターに投入される最初の仕事の1つについて話し合うRawnson氏

MRT Castings LTDでは20年前のブラザーモデルを部品加工に活用されていますが、R650X2を導入した結果、同一プログラムの比較でサイクルタイムを30%削減を達成しました。またパレットチェンジャーによりワーク交換時の設備停止が無く生産性がさらに向上しています。
R650X2はAndover工場内で生産される、5分以下の短いサイクルタイムの加工に広く採用され、鋳物の6面加工を連続2工程で行う際の、工程間のアイドル時間を最小限にしています。

Rawnson氏はブラザーのマシンニングセンタを選択する理由に加工精度の高さも挙げています。
「R650X2の加工精度は素晴らしく、例えばベアリング穴径は数ミクロン以内に抑えることが出来る。もし高い精度で加工できなければ、最大20個の鋳造品で構成されている電気製品は誤差の積み重ねが問題になるのです。また、そのほかの電気、防衛、最先端の照明部品はいくつか非常にタイトな公差が規定されていますが、ブラザーの工作機械は高精度なだけでなく、繰り返し精度も高い。」と評価いただきました。

工作機械メーカーとの取り組み

R650X2は40本ツールマガジンを搭載し、X軸ストロークも650mmに拡大するなど製品改良がおこなわれている。
これらのR650X2の特性は、MRT Castings LTDのMD Phil Rawnson氏の意見が反映されています。

Rawnson氏は設備メーカーと定期的に会議を行い、市場の要求を発信してきました。
例えば、SPEEDIOシリーズの中でも最も大きな加工エリアを備えたS1000X1。このX軸ストローク1,000mmもRawnson氏の意見が反映されています。

Rawnson氏は次のように述べています。「ブラザーが顧客と話し合う場を設けようとすることは、市場が求めていることに耳を傾けていることを意味するため、良いことだと思う。」

「MRT Castings LTDは1947年の設立以来、家族経営のビジネスであり、常に顧客と協力して、顧客の要求を満たすために絶えず進化してきました。ブラザーは、私たちや他の下請け業者が望んでいることに耳を傾け、変化する要件に合う新しいマシンを開発することで、同様のパートナーシップを築いている。」とRawnson氏はブラザーへの期待を込め、語ってくださいました。

Managing Director Phil Rawnson 氏

Managing Director Phil Rawnson 氏

グローバル企業へ成長

MRT Castings LTDは新規契約の増加に対応するため、2020年に既存施設より60%大きい新しい鋳造工場の稼働をスタートさせました。契約の増加は既存顧客、新規顧客の両方からあり、特に海外顧客からの契約が増えています。
MRT Castings LTDは過去3年間で海外売上高を330%増加させ、現在では輸出が年間売上高の半分を占めるようになり、2016年に英国女王賞を受賞しました。

導入製品

R650X2

大型治具搭載可能なパレットチェンジャー機
さらに搭載工具40本仕様もラインナップ

導入をご希望のお客様

サポート

工作機械 ラインアップ

コンパクトマシニングセンタ SPEEDIO (スピーディオ)

複合加工機 SPEEDIO (スピーディオ)

その他のソリューション・導入事例

このページをシェアする