ラベル・モバイルプリンター活用ガイド

ラベル・モバイルプリンター活用ガイド

PCやサーバーの
アプリケーションから
印刷するなら

PCやサーバのOS上で使用するさまざまなアプリケーションソフトウェアを使い、ラベル・モバイルプリンターでラベルやレシート、帳票等の印刷を実現する方法をご紹介します。

PCやサーバーのアプリケーションから印刷するなら

利用されているラベルイメージ

「PCやサーバから印刷する」場合、一般的にはプリンタードライバーを使用します。アプリで生成した印刷用のグラフィックデータ(GDI)をプリンタードライバー側でビットマップデータ(ラスターグラフィック)に変換することで印刷が可能になります。このプリンタードライバーは各種OSに合わせて製品ごとに用意されたソフトウェアで、PCやサーバのOSバージョン、CPUに合わせてダウンロードサイトから入手できます(製品毎にPCやサーバ、OSの対応/非対応があります)。

プリンタードライバーの使用メリット

使用したいPCやサーバ上で対象のアプリケーションシステムが印刷データを生成可能であれば、「プリンタードライバー」を使うだけですぐにでも導入可能です。この際、難しいシステム開発やプリンターの印刷制御コマンドのプログラミング等は一切不要です。

通信インターフェイスについて

PCやサーバとプリンター間の通信手段は、使用するビジネスシーンの環境に合わせて選べます。USB、有線/無線LAN、Bluetoothが製品によって選択可能です(各プリンターがサポートするインターフェース仕様に依存)。

事務所のPCを使ってすぐに
ラベル印刷したい方におすすめ!

銘板ラベル・製造管理ラベル
資産管理ラベル

【推奨】P-touch Editor

ブラザーが無償提供する「P-touch Editor」を使用すればラベル・モバイルプリンターの導入コストを抑えることができます。P-touch Editorは、CSVやExcelファイルなど外部データベースとの接続機能や、1次元バーコードやQRコードなど2次元コードの生成機能、PCやサーバ上の日時表示の挿入や自動ナンバリング(連番)機能、罫線や四角形などの描写ツールなど、ラベル印刷に必要な各種機能を備えています。

P-touch Editor

BarTender【参考】Seagull Scientific社
バーコードソフトウェア
「BarTender®」も使えます

「BarTender®」は、Seagull Scientific社が展開するラベル・バーコードソフトウェアです。生成した印刷データを各製品のプリンタードライバーに渡すことで基本的な印刷が可能です。「BarTender®」は、世界の大手企業および多数の中小企業で活用されており、複数のプリンターをメーカー混在で使用する必要がある場合にもメリットがあります。※ブラザー製品の、BarTender®製品へのサポート状況については、下記をご覧ください。
https://www.brother.co.jp/product/dev/other_system/bartender/index.aspx

BarTender®

ラベルプリンター製品

モバイルプリンター製品

訪問診療先でPCを使って
すぐに帳票印刷したい方におすすめ!

処方箋
診療情報提供書

Adobe Acrobat

「Adobe Acrobat」はアドビシステムズ社のPDFファイルの編集・加工・管理ソフトウェアです。また「Adobe Acrobat Reader」はPDFファイルを表示・検索・印刷等ができる無償提供のアプリケーションです。PDFファイル生成ソフトウェアはアドビシステムズ社以外でも数多く存在しますが、「Adobe Acrobat」や「Adobe Acrobat Reader」はクロスプラットフォームで提供されているので各OSで幅広く使用されており、ブラザーのモバイルプリンターでもプリンタードライバーを使用してPDFの帳票(見積・契約・報告書等)を印刷する際に非常によく使用されます(ラベルプリンターもラベルサイズに合わせたPDFファイルを作成すれば印刷可能です)。

関連導入事例のご紹介

  • 医療法人アライフサポートココカラハートクリニック様
  • ふたば訪問クリニック様

おすすめのブラザー製品

  • PJ-773
  • PJ-773

    大量印刷が可能なリチウムイオン(Li-ion)充電池搭載A4感熱紙対応の無線LAN接続モデル。

    製品情報を見る
  • PJ-763
  • PJ-763

    大量印刷が可能なリチウムイオン(Li-ion)充電池搭載A4感熱紙対応のBluetooth®接続モデル。

    製品情報を見る

自社開発の製造管理システムで
ラベル印刷したい方におすすめ!

銘板ラベル・製造管理ラベル
資産管理ラベル

自社開発システム

ラベル・モバイルプリンターを導入するケースで、Microsoft ExcelやMicrosoft Accessなどのアプリの名前が非常によく聞かれます。これらの表計算・データベース管理系のソフトからそのまま印刷は可能ですが、レイアウトの調整や印刷データの用意(バーコードなど)に手間がかかるケースがあります。またCSVファイルやPDFファイルとして一旦出力して別のアプリを使って印刷をするCase.1やCase.2の方法もありますが、自社でシステムを開発してワークフローとして印刷機能を組み込みたいという要望も多く頂いています。
この要望にこたえるために、ブラザーでは自社システムをを開発して効率的な印刷を実現するソリューションも提供しています。

■SDK「b-PAC」を使用してアプリに印刷機能を追加する

効率のよいラベル印刷ソリューションとして、ブラザーはソフトウェア開発キット「b-PAC」を提供しています(無償提供)。「b-PAC」はさまざまな業務アプリにわずか約十数行のプログラミングで印刷機能を追加できるソフトウェアコンポーネント(SDK)です。
※アプリ開発やプログラミング言語の知識がある方向けです。また、対応するWindows OSかつ、COMオートメーションサーバが呼出し可能な環境に使用限定されます。

■「b-PAC」を活用したアプリケーション開発例

・MicroSoft Excel、Accessの場合…アプリをVBAとして「b-PAC」を使用した印刷プログラムの組込み開発が可能です。またVisual Basic C++などでお客様自身が開発したアプリに「b-PAC」を使用した印刷プログラムを組込むことも可能です。
・SAPの場合…OLEオートメーションの仕組みを使いVisual Basicで「b-PAC」を使用した印刷プログラムの組込み開発が可能です。
・FileMakaer…FileMakaer特有のスクリプト機能をつかったEvent出力でVBSを連動し、「b-PAC」を使用した印刷が可能です(別途開発必要)。Windows OS上のアプリのプログラムから「b-PAC」の印刷機能を自動で呼び出し、プリンタードライバーを経由してラベル・レシート、帳票印刷の自動化もできます。

ブラザープリンターの豆知識

PCやサーバのアプリからの印刷に
プリンタードライバーを使わないケースもある

アプリケーションからプリンタードライバーを使わず「プリンター制御コマンド」を直接送信して印刷することができます。ブラザーのラベル・モバイルプリンターはラスターグラフィック、ESC/P、P-touch Templateコマンドなどを用意しております。ラベル・モバイルプリンターでは、ハンディターミナルやバーコードリーダー、スマートデバイス、組込み系システムで使用されています。例:組込みシステムとしてのPOSレジスターで使われる買物の際のお買い上げレシートなど(2018年11月現在ブラザーではPOSコマンドで制御可能なレシートプリンターの取り扱いはありません)。

おすすめのブラザー製品

  • PT-P950NW
  • PT-P950NW

    製造・物流業界向け。
    多彩なオプションで、様々な現場のニーズに対応。

    製品情報を見る
  • TD-2130N
  • TD-2130N

    有線LAN搭載。ラベル・用紙幅2.5インチ対応のシンプルモデル。

    製品情報を見る

製品活用に関するお問い合わせ

ご利用方法や製品情報、ご購入方法など、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

デモ機貸出しサービス

製品の導入検討、顧客へのご提案を検討されている法人様向けに、
ブラザー製品のデモ機を2週間無料で貸出しいたします。
この機会に是非お試しいただき、導入をご検討ください。

  • ビジネスプリンター
  • ドキュメントスキャナー
  • ラベルプリンター
  • モバイルプリンター
  1. STEP.1 PCからお申し込みSTEP.1 PCからお申し込み
  2. STEP.2 3営業日以内にご連絡STEP.2 3営業日以内にご連絡
  3. STEP.3 ご利用スタートSTEP.3 ご利用スタート
  4. STEP.4 貸出機のご返送STEP.4 貸出機のご返送

2週間無料!フリートライアルお申し込み

このページをシェアする