ADS-4900W 特長 - 画像処理機能

「傾き補正機能」で原稿の傾きを自動に補正

原稿が傾いてスキャンされた時に、画像を自動で水平に補正します。
再度スキャンしなおしたり、PCで補正する手間を省きます。

「向き補正機能」で原稿の上下左右を認識・補正

原稿の上下左右を自動的に認識して、画像を正しい方向に補正します。

「サイズ自動検知機能」で異なるサイズの原稿もまとめてスキャン

スキャンする原稿のサイズを自動的に検知し、最適なサイズでデータ化。
異なるサイズの原稿もまとめてスキャンできます。

「地色除去機能」で文字や表などの視認性をアップ

原稿の元々の地色を除去し、見やすいデータにします。

「白紙除去機能」で白紙面を自動的に認識して除去

両面と片面が混在する原稿を両面スキャンした場合に生じる白紙ページを自動的に判別して除去。
ファイルサイズ、画像を最適化し、スキャン後の編集作業を省きます。

「カラー自動判別機能」でデータ容量を適正化

スキャンした原稿の色を自動で判別し、カラー、グレー、モノクロそれぞれ最適な処理を行います。

「裏写り除去機能」で薄い用紙の裏写りを軽減

スキャン時に原稿の裏の文字などが写ってしまう裏写りを自動除去。
裏写りにより見づらくなった画像を見やすくします。

「キャリアシートモード」でさまざまな原稿にも対応

キャリアシート(別売)を使用すれば、特殊な形の用紙や薄紙、写真など傷つけたくない大切な原稿もスキャン可能です。

「2in1機能」で大きいサイズの原稿にも対応

2枚の原稿をスキャンして1枚に割り付けます。A4サイズ以上の原稿を半分に折って両面スキャンすれば、別々に読み取った画像が自動的に元の一つの画像に合成されます。

※原稿分離スイッチを非分離モード(単独搬送モード)に設定してください。

「電子帳簿保存の要求画質」について

「電子帳簿保存の要求画質」に対応

見積書・契約書・請求書や領収書などの国税関係書類は、電子帳簿保存法に則って電子化することで、紙原本に代えてスキャナー画像として保存することが認められています。

スキャナー保存要件

解像度 200dpi以上
階調 重要書類 カラー24ビット
一般書類 カラー24ビットまたはグレースケール24ビット

  • 適正な電子化文書として認められるために、必ず各法令およびガイドラインに従い管理および運用してください。国税関係書類を電子帳簿保存法に対応したスキャン画像として保存し、紙原本を廃棄するためには、電子帳簿保存法に対応したシステム・運用管理などの法的要件を満たす必要があります。
  • 2022年1月時点での情報です。法令などは変更になる可能性がありますのでご留意ください。

スキャナー ラインアップ

スキャナー

  • 無線/有線LAN
  • ADF80枚
  • 両面読取
  • カラー液晶・タッチパネル
  • クラウド&モバイル対応
  • カラー約40枚/分モノクロ約40枚/分
  • 有線LAN
  • ADF80枚
  • 両面読取
  • クラウド&モバイル対応
  • カラー約40枚/分 モノクロ約40枚/分
  • 無線LAN
  • ADF20枚
  • 両面読取
  • カラー液晶・タッチパネル
  • クラウド&モバイル対応
  • カラー約25枚/分 モノクロ約25枚/分

  • 無線LAN
  • 手差し1枚
  • 両面読取
  • カラー約4秒/枚、モノクロ約4秒/枚

ご購入を検討中のお客様へ

ご利用中のお客様へ(サポート)

このページをシェアする