ブラザー販売株式会社

CSRの取り組み

あり続けたい姿

sustainable development goals

SDGs達成に向け
ブラザー販売が目指す2030年の姿

「つなぎ合う」そして「解決し合う」社会の実現 「つなぎ合う」そして「解決し合う」社会の実現

Connect & Empowerment

ブラザー販売は、プリンターやミシンなど人々に寄り添う製品・サービスを通じて、
「つなぎ合う」ことに全力で取り組みます。
一人では抱えきれない課題、ブラザー販売だけでは解決できない課題を
幅広く、多様なパートナーシップから生まれる新しいアイデアで
「解決し合う」社会の実現を目指します。

多面体
At your side
ブラザー販売が
SDGs達成に取り組む理由

SDGsでは「持続可能な社会」の実現が目標とされています。私たちは、真の持続可能性には人々が助け合い、互いの課題を解決し合えるような自立的なつながりが重要であると考えています。
ブラザー販売は経営理念に掲げる「At your side.」の精神に基づき、製品やサービスを通じてお客さまに寄り添い、お客さまの自立的なつながりを広げるお手伝いをしてまいります。

SDGs基本戦略

Connect & Empowerment

「つなぎ合う」そして
「解決し合う」社会の実現。

  • すべての人に健康と福祉を

    医療の場で
    つなぐ

  • 質の高い教育をみんなに

    教育の場で
    つなぐ

  • 住み続けられるまちづくりを

    地域社会で
    つなぐ

  • 働きがいも経済成長も

    ビジネスの場で
    つなぐ

  • つくる責任 つかう責任

    販売・物流の場で
    つなぐ

Economy society environment
At your side. 従業員・企業At your side. 従業員・企業
  • すべての人に健康と福祉を

    医療の場において
    医療従事者と
    患者様をつなぐ

  • 質の高い教育をみんなに

    教育の場において
    先生と子ども、
    親と子どもをつなぐ

  • 住み続けられるまちづくりを

    地域社会において
    子育て世代や子ども、
    高齢者をつなぐ

  • ビジネスの場において
    ビジネスパートナーと
    お客様の成功をつなぐ

    働きがいも経済成長も
  • 販売・物流の場において
    製品と地球環境を責任を
    持ってつなぎ続ける

    つくる責任つかう責任

社会に対する取組

すべての人に健康と福祉を

医療の場において
医療従事者と患者様をつなぐ

病院・クリニック向けシステムとの連携を通じて、効率的な業務をサポートし、
医療現場の負担を減らすソリューションを提案します。

  • medical01
    患者様への説明資料をどこでもプリント
    できることで医師と患者をつなぐ

    医療現場へのモバイルプリンター導入により患者様の説明資料をどこでもプリント可能に。超高齢社会における在宅医療をはじめとして、医療従事者と患者様、ご家族の情報共有を円滑にします。

  • medical02
    各種検査における患者様の
    検体管理バーコードで
    医療現場と信頼をつなぐ

    血液検査などにおける患者様の管理をラベルプリンターでバーコード発行することにより、手書きの手間、記入ミスを防ぎ業務効率化と信頼性向上に貢献します。

  • medical03
    コロナ禍における検温実施を
    ラベルシールで安心を見える化

    パートナー企業の検温ソリューションとの連携で、正常な体表温度の場合にラベルシールを発行。検温実施における省人化と安心感の見える化を同時に実現。

質の高い教育をみんなに

教育の場において
先生と子ども、
親と子どもをつなぐ

子どもたちの健全な育成と学習に役立つ商品、Webコンテンツを提供し、
パートナーシップを通じて子どもたちが楽しみながら学べる機会を創出します。

  • education01
    創造的教育コンテンツの開発を通じて
    親と子どもをつなぐ

    自宅でプリントできるペーパークラフトなどの教育コンテンツ/キットを開発することで、子どもの創造性を高める家庭教育環境づくりを支援します。

  • education02
    保育園や幼稚園の業務改善を通じて
    保育士/先生と子どものつながりを支援

    保育/教育現場へのスキャンカットの導入支援を通じて、多忙を極める現場の業務改善を推進。
    保育士や先生の業務負担軽減と、保育園や幼稚園の豊かな環境づくりを同時実現し、子どもとのつながりを支援します。

住み続けられるまちづくりを

地域社会において
子育て世代や子ども、
高齢者をつなぐ

多くの人がアクセスしやすい手作りの文化やコミュニティ、場所を形成することで、
地域における共助を育む空間を創造します。

  • local01
    「手作りマスクプロジェクト」で
    地域と子どもをつなぐ

    プロジェクトに参加頂く企業の従業員さん、およびそのご家族に子ども用の手作りマスクを製作し、各参加企業の所在自治体などを通じて学童、児童館などに寄贈して頂くプロジェクトを発足。「子どもたちに元気とマスクを」を合言葉に、付けるのが楽しみになるようなワクワクするマスクを全国に届けました。

  • local02
    ミシンの楽しさを通じて
    地域の人と人のつながりを創る

    「ブラザーソーイングカレッジ」を全国で開催。
    ソーイングを楽しむコミュニティ形成を通じて、地域の人と人のつながりを創出。
    つくる喜びの共有や、趣味仲間の拡がり、孤独の解消など、「手作り文化」を通じた豊かな地域社会づくりを目指しています。

  • local03
    ミシンのチカラで
    被災地の人々をつなぐ「南三陸ミシン工房」

    東日本大震災の被災地でもある南三陸町で①ミシンを贈る物資支援、②ミシン講習会を開催する技術支援、③ミシンを仕事にする自立支援の3つを組み合わせた総合支援プロジェクトを実施。
    地域の人々のつながりを形成しながら被災地の自立支援を行っています。

  • local04
    廃棄予定のプリンターや複合機を修理して
    市民のつながりに生かす

    取引先販売店様で展示されていた製品など、廃棄予定のプリンターや複合機を修理し、各地域の市民団体や福祉団体などへ寄贈する取組。製品の寄贈によって地域社会の担い手を支援し、地域のつながり強化を支援しています。

経済に対する取組

働きがいも経済成長も

ビジネスの場において
ビジネスパートナーと
お客さまの成功をつなぐ

モバイルソリューションなどブラザーならではのユニークな提案で働き方改革を支援します。
ガーメントプリンターなど生産財の販売やソリューションの提案により新たなビジネスへの挑戦をサポートします。

  • economy01
    モバイルソリューションで
    企業と働き方改革をつなぐ

    モバイルプリンターとクラウドサービスとの連携により、外回りでの業務中の伝票出力や在宅ワークでの資料出力において飛躍的な業務効率を実現し、企業と現場を常につなぎながら働き方を変革します。

  • economy02
    新たなビジネス創出を支援し
    作り手と顧客をつなぐ

    プリントオーダーシステムと連携し必要な枚数を必要な方に提供するビジネスモデルを構築。
    大量生産大量消費からの脱却と、小規模プリント工場の事業成長を支えます。

  • economy03
    ビジネスパートナーとの協業による
    オンサイトサービス体制の強化

    ブラザー販売では、北海道から沖縄まで全国の大切なお客様をサポートするため、サービスパートナーとの協業により、オンサイトサービス体制の充実に努めています。
    定期的な講習会実施により総合的なお客様対応力向上・高い技術レベルの取得に努めお客様の不安を一刻も早く解決するために努力してまいります。
    ”顧客満足”に留まらず、“顧客の成功”に寄り添える組織を目指しています。

環境に対する取組

つくる責任つかう責任

販売・物流の場において
製品と地球環境を
責任を持ってつなぎ続ける

使用済み消耗品の回収活動と、販売促進ツールの環境配慮推進により持続可能な事業活動を目指します。
物流の見直しにより脱炭素社会の形成に貢献します。

  • enviromental01
    販売促進ツールの環境配慮を推進し
    販売現場と地球環境をつなぐ

    販売店で使用される販売促進ツールの素材を環境配慮素材に切り替える他、製品カタログの冊数を削減し、森林資源保護や水資源保護に配慮した販売促進活動を推進していきます。

  • enviromental02
    製品輸送におけるモーダルシフトにより
    物流と地球環境をつなぐ

    トラック輸送が中心の国内物流を鉄道輸送に順次切り替えることで、製品物流過程において排出される二酸化炭素を削減する取組を推進していきます。

  • enviromental03
    使用済みカートリッジ回収
    -里帰りプロジェクトとベルマーク活動推進-

    ブラザー販売ではプリンターメーカー共同で、郵便局を回収窓口とする「インクカートリッジ里帰りプロジェクト」を立ち上げ、全国自治体協力の元、役所などの自治体施設でも回収を行っています。また、使用済みブラザー製品のインクカートリッジ、トナーカートリッジおよびドラムユニットの回収を通じて財団法人ベルマーク教育助成財団が推進するベルマーク活動にも参画しています。ブラザーグループでは「5R」という独自の考え方により、製品の開発・設計から回収・リサイクルに至る事業活動のすべての段階において、環境配慮・環境保全の活動を推進しています。

  • enviromental04
    環境意識の向上
    -消耗品の回収量に応じた植樹活動-

    ブラザーグループでは、2008年度より「ブラザーの森 郡上」で植樹活動を行っています。従業員やその家族が中心となって行う本活動は、グループ全体の環境活動の活性化、環境に対する意識の向上などを促進する活動の一つです。ブラザー販売でも、グループの一員として本活動へ継続的に取り組んでおり、トナーカートリッジなど使用済み消耗品の回収量に応じてエコポイントを積み立て、ポイントに相当する苗木を提供しています。

従業員の育成

brother logo

環境課題をはじめとする
社会課題への
知識と意識を持つ
従業員の育成

自らが積極的につながりを持つことで、環境課題をはじめとする社会課題への知識と意識を持つ従業員を育成します。

  • training01
    ひとりひとりの強みを生かす
    ダイバーシティ実現を目指す

    ひとりひとりの社員が持つ、様々な強みや可能性を最大限発揮できる会社であること。
    それがブラザー販売の考えるダイバーシティ実現です。従業員へのキャリア支援をはじめ、エンゲージメント調査を基にした組織開発、そして従業員と会社が想いを伝えあえる仕組みづくりを通じて組織全体に活気のある風土醸成に取り組んでいます。

  • training02
    従業員の9割超が環境社会検定試験®
    (eco検定)に合格

    お客様やビジネスパートナーに対して、ブラザーの環境への取り組みや製品の環境配慮機能を充分に説明できることを目指し、2008年より従業員のeco検定合格を目標とした活動を継続しています。

  • training03
    エコ事業所優秀賞 受賞

    従業員全体の環境意識が高く、従業員一丸でエコ活動を行っている点などが評価され、「優良エコ事業所」の中で、特に積極的に環境へ配慮した取り組みを実施する事業所へ贈られる「エコ事業所優秀賞」を受賞*しました。
    *名古屋市主催の「エコ事業所」は、事業所の所在地が名古屋市内にあることが基準のため、ブラザー販売本社としての受賞になります。

  • training04
    チームワークを高める
    社内コミュニケーション向上を目指して

    2011年より毎年開催している「Brother Japan Conference」は、全従業員が一堂に会し、外部講師を招いての講演会、社長賞などの各種表彰、各部門の方針や戦略の共有、新製品のお披露目、従業員間の親睦をはかる交流会などを行っています。また、従業員と経営層との直接対話を重視した「タウンミーティング」では、社長がグループディスカッションに参加し双方向コミュニケーションを通じて新たな気付き、発見、モチベーション向上につながっています。(2020年度33回実施)

  • training05
    事業所単位での地域に密着した貢献活動

    ブラザー販売は全国8か所に事業所があり、事業所単位での社会貢献活動にも取り組んでいます。東京事業所では、2010年より京橋大根河岸青物市場跡地の清掃活動を続けています。地域の方々からは嬉しいお声もいただいており、引き続き地域社会に密着したきめ細かい貢献活動を進めていきます。

  • training06
    CO2排出削減への取組み

    ブラザーグループは世界各国・地域で事業展開するグローバル企業として、地球温暖化防止への取り組みを最重要課題の一つと位置づけています。CO₂排出量については2020年度の中期目標を定めた上で、CO₂排出量削減活動の対象範囲をグループ全体に拡大しています。
    ブラザー販売においても販売活動を中心とした事業活動全体を通じて発生するCO₂の排出、廃棄物の発生など、環境負荷を定量的に把握し、環境負荷削減を推進しています。

責任ある経営

brother logo

SDGsに貢献する企業としての責任ある経営(CSR経営の推進)

ブラザーグループは、中長期的な視野に立ってグローバルなCSR経営を推進することで、さらなる事業の成長を目指すとともに、「Brother」を、お客様をはじめとするすべてのステークホルダーから信頼されるグローバルなブランドとして確立すること、そして、従業員にとってブラザーグループが心の底から「誇りの持てる企業」となることを目指しています。グループの国内マーケティングを担うブラザー販売では、コンプライアンス、情報管理など業務の適正を確保するための体制の構築に取り組むとともに、国連総会において採択された「持続的な開発目標(SDGs)」に掲げられている17のゴールの達成に貢献するために、事業活動を通したお客様や地域社会の課題解決を継続してまいります。

業務の適正を確保するための体制

  • コンプライアンス
    • ・コンプライアンス行動基準を制定
    • ・取締役が全国の拠点を訪問し、
      啓発と従業員との直接の対話を実施
    • ・ Eラーニングや顧問弁護士による集合研修を実施
    • ・月次でコンプライアンスニュースを発行し
      従業員の意識付けを強化
    • ・社内および社外通報相談窓口を設置・運営
  • 情報管理
    • ・情報の機密度を4段階に区分し、
      情報の保管・アクセス・廃棄などのルールを設定
    • ・メールやファクス誤送信防止を目的とした
      ハード・ソフト面の仕組みを導入
    • ・従業員個人毎に情報システムへのアクセスログを取得
    • ・特に顧客情報をはじめとする個人情報については
      極秘情報と位置付け、組織的・人的・物理的・
      技術的な安全管理措置を構築
    • ・内部監査のほか情報リスクアセスメントを実施
  • リスク管理
    • ・リスクを洗い出し発生確率と影響度の両面で評価
    • ・リスク対策の立案と実施および見直し
    • ・重大リスクについては親会社であるブラザー工業へ報告
    • ・事業継続プラン(BCP)の策定と継続的な見直し

健全な活動を支えるための体制

  • manegement01
    「子育てサポート企業」として多様な働き方を支援する体制を

    「子育てサポート企業」として、3度の厚生労働大臣認定(くるみん認定)を受けており、さらに人財活性化プロジェクトの活動により、フレックス勤務制度と在宅勤務制度の導入をし、多様な働き方を支援する体制を整えています。

  • manegement02
    健康経営推進体制を構築し従業員の健康の保持・増進活動を展開

    当面の重点強化策:生活習慣病重症化予防、受動喫煙防止、メンタルヘルス対策 等

    ブラザー販売 健康経営宣言
    ブラザー販売の経営理念に掲げている、
    「ビジネスに活力を、暮らしに楽しさを。すべての人に”At your side”」
    を実現するため社員一人ひとりが健康で活き活きと活動出来ることが、事業経営の継続と成長の根幹であります。
    ブラザー販売は、「ブラザーグループ健康経営理念」の着実な浸透をめざし、社員やその家族の自発的な健康維持推進活動に対する積極的な支援を行います。
    ブラザー販売株式会社 代表取締役社長
    最高健康責任者 三島勉

  • manegement03
    「健康経営優良法人2021」に認定

    2018年~2021年まで4年連続、健康経営優良法人(大規模法人部門)に認定され、2021年は3回目となる「ホワイト500」にも認定されました。
    特に、生活習慣病リスクの高いに従業員に対して、ICTを利用した積極的な個別指導を実施しております。従業員の健康意識も高く、がん検診自身率は95%以上となっております。管理職全員がメンタルヘルスマネジメント講習を受講し、部下のサポートに積極的にかかわっています。

    健康経営優良法人認定制度
    健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。
    (出典:経済産業省HP)