ADS-4700W 特長 - 基本性能

直感的に使えるタッチパネル液晶

スキャン機能・設定を本体タッチパネルから直感的に操作できます。

※画像はイメージです

ショートカット登録で効率UP

解像度やファイル形式、保存先などの設定を登録できる「ショートカット機能」を搭載し、ワンタッチで登録したスキャン設定を呼び出すことが可能です。
また、カスタマイズ機能を使ってアイコンを入れ替えたり、削除したり利用シーンに合わせたカスタマイズも可能です。

※画像はイメージです

約40枚/分のスピーディーな読み取り速度

A4カラー両面原稿を毎分40枚/80面*1の高速読取でスキャン。大量の原稿もあっという間にスキャンできます。

*1 A4原稿モノクロ/カラー共に(解像度300dpi時)

ADF80枚で連続読み取りを快適に

A4の原稿を最大80枚まで一度にセット可能です。大量の原稿もスムーズに読み取り作業ができます。

※1 A4原稿モノクロ・カラー共に(解像度300dpi時)。
※2 用紙厚80g/㎡紙の場合。枚数は参考値。

※画像はイメージです

有線・無線LAN標準搭載

有線・無線LANを標準搭載。ネットワーク上の複数のPCでスキャナーを共有して使用することができます。

※画像はイメージです

安定した搬送性能を実現

リバースローラー分離機構を採用することで、原稿を1枚ずつ分離して搬送することができます。
また、搬送部に設置したセンサーにより、複数枚重なって原稿が送られた時には搬送をストップしてエラーをお知らせします。

原稿分離スイッチ

ADFで通常の定型原稿を連続してスキャンする他に、スイッチで搬送モードを切り替えることにより二つ折り原稿や封筒、複写伝票など分離できない原稿を手差しでスキャンすることができます。

さまざまな種類の原稿に対応

名刺サイズ~A4までの用紙種類に対応。
二つ折りにしてスキャンすればA3、B4のスキャンも可能です。

重送検知機能で重送をお知らせ

紙の搬送部の上下に超音波センサーを設置。
複数枚重なって原稿が送られた時には、センサーで検知し、搬送をストップしてエラーをお知らせします。

※画像はイメージです

便利なオートスタートスキャン

原稿をセットするとすぐに自動でスキャンを開始します。
PC・本体操作が不要なので誰でも簡単にスキャンできます。

※オートスタートスキャンを使うには、最初にオートスタートスキャンのショートカットを作成し、次に基本設定からオートスタートスキャン設定を有効にする必要があります

※画像はADS-1700Wです

スキャナー ラインアップ

スキャナー

  • 無線/有線LAN
  • ADF100枚
  • 両面読取
  • カラー液晶・タッチパネル
  • クラウド&モバイル対応
  • カラー約60枚/分モノクロ約60枚/分
  • 有線LAN
  • ADF80枚
  • 両面読取
  • クラウド&モバイル対応
  • カラー約40枚/分 モノクロ約40枚/分
  • 無線LAN
  • ADF20枚
  • 両面読取
  • カラー液晶・タッチパネル
  • クラウド&モバイル対応
  • カラー約25枚/分 モノクロ約25枚/分

  • 無線LAN
  • 手差し1枚
  • 両面読取
  • カラー約4秒/枚、モノクロ約4秒/枚

ご購入を検討中のお客様へ

ご利用中のお客様へ(サポート)

このページをシェアする