プリント日和|暮らしに役立つ情報とプリンター活用術をご紹介!

暮らしに役立つ情報とプリンター活用術をご紹介!

活用講座掲載日:2021-02-12

家庭用プリンターで写真を綺麗に印刷するには?用紙の種類やコストにも注目

家庭用プリンターで写真を綺麗に印刷するには?用紙の種類やコストにも注目

家庭で写真の印刷をする場合プリンター選びはとても重要です。写真の印刷ができるプリンターはたくさんありますが、写真専用で使用するのか、他の用途でも使用しつつ写真をできる限り綺麗に印刷したいのかで選び方は異なります。使用頻度によってはランニングコストも重要なポイントでしょう。

今回は写真印刷に適したプリンターや、その効果的な使用方法についてご紹介します。

PR

写真印刷に適したプリンター

プリンターにはインクジェットプリンター、レーザープリンター、フォトプリンターなどいくつかの種類がありますが、写真を綺麗に印刷するにはやはりインクジェットプリンターか専用のフォトプリンターがいいでしょう。それぞれの特徴と一般的なメリット・デメリットは以下の通りです。

インクジェットプリンターは、インクを用紙に直接吹き付けて印刷するプリンターです。

家庭用プリンターでは最も多く普及しており、写真だけでなく文書など様々な印刷に対応できます。用紙サイズもA4やB5、はがきサイズなど幅広く対応が可能で、DVDプリントなどに対応したものもあります。写真印刷の際には、専用の光沢紙などを使用して印刷モードを変更することで美しい仕上がりが期待できます。

メリット・デメリット

インクジェットプリンターのメリットとしては、やはり使用できる用途が幅広いという点でしょう。また、使用する用紙やインクタンクのタイプによってコストを削減しやすい点や、用紙や印刷のサイズを調節できるというのもポイントでしょう。

デメリットとしては、写真専用のフォトプリンターに比べて仕上がりの滑らかさが劣ることや、高画質印刷を行うと1回の印刷に時間がかかることなどがあげられます。

フォトプリンターは写真の印刷に特化したもので、片手で持てるような小型サイズのものから、A4サイズのプリントができるようなものまでたくさんの種類があります。

印刷方式は昇華型熱転写式という、熱を使ってカラーインクのシートから用紙にインクを転写する方法を使用しているものが多く、インクを直接吹き付けて色を出すインクジェット式よりも色の濃淡などを調節しやすいという特徴があります。

メリット・デメリット

フォトプリンターは種類によって様々な特徴がありますが、インクジェットプリンターと比較したときのメリットとしては、仕上がりがなめらかで色のむらなどが出にくい点でしょう。

また、スマホで撮った写真を、パソコンを介さずにそのまま印刷できることや、持ち運びして撮った写真をその場で印刷できることもポイントです。

デメリットとしては、写真以外の文書などの印刷ができない点や、専用の用紙とインクリボンを使用するためコストがかかる点などがあげられます。

*メリット・デメリットは一般的なもので、プリンターの機種によってはこれらに当てはまらないこともあります。

印刷のコストや使いやすさも大切

プリンターは購入時の費用ももちろん重要ですが、インクや用紙といった購入後のランニングコストもよく考えることが大切です。

フォトプリンターの場合は専用の印刷用紙やインクリボンが必要なため、購入にどれくらいの費用がかかるのかをよく確認しておきましょう。

インクジェットプリンターはインクにかかる費用が大きな割合を占めているため、交換が必要な頻度や色の数、一回の交換にかかる費用などしっかりと確認することが大切です。インクジェットプリンターの場合は、コストが気になる場合には大幅にコストを抑えられる大容量タンクを搭載しているモデルを選ぶのも一つの方法でしょう。

日常的に使用するものであれば印刷のクオリティのみならず、接続方法や操作方法などの使いやすさもチェックしておきたいところです。

フォトプリンターの場合には、Wi-FiやBluetoothなどで印刷できるものや、スマホを置いただけで簡単に印刷ができるというタイプのものがあります。

インクジェットプリンターの場合には、PCを介して印刷するものや、データメモリを直接差し込んで印刷するものがあります。

スマホで撮った写真をすぐに印刷したいならBluetoothタイプなどが便利ですが、メモリーカードに入ったデータやPC内の昔のデータなども印刷したい場合には、そういった印刷が可能なものを選びましょう。

写真印刷に適した用紙や印刷設定

フォトプリンターでは基本的に専用の写真用紙を使用しますが、インクジェットプリンターでは使用できる用紙の種類が豊富なため、写真を印刷する場合には適したものを選ぶことが大切です。また印刷モードを変更することで、より綺麗な仕上がりが期待できます。

インクジェットプリンターの印刷用紙には普通紙、上質紙、光沢紙などの種類があり厚さやサイズも様々ですが、写真の印刷を行う場合には写真用の光沢紙やマット紙がおすすめです。表面の質感や厚みなども少しずつ異なるので、どういったものが良いか、色々な写真用の用紙を試してみるのもいいでしょう。

インクジェットプリンターでは設定により印刷品質を変更できます。「最高画質」や「高画質」、「きれい」といった設定にすることで通常の印刷よりも高品質な印刷が可能です。用紙タイプの設定も使用する用紙に合わせて忘れずに行うようにしましょう。

PR

まとめ

インクジェットプリンターとフォトプリンター、どちらのタイプのプリンターにもメリット・デメリットがあります。

どういった点を重視するのか、どういった用途で多く使用するのかをよく考えて選ぶことが大切です。また、最近では低価格で品質の良い商品もあるため、どちらの用途でも使用するのであれば、無理に1台で済ませるのではなく写真専用のものと普段の文書や資料の印刷用のものと分けて購入するというのも一つの方法でしょう。小型のフォトプリンターならほぼ場所を取らずに保管が可能ですし、インクジェットプリンターも文書の印刷がメインならシンプルでさらにコストや使いやすさにこだわったものを選ぶこともできます。

ライフプランに合わせて、いろいろな方法を検討してみるのがおすすめです。

※この記事の内容は、記事掲載開始当初、もしくは更新時のものです。
※この記事でご提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めておりますが、完全さを保証するものではありません。当社は、当サイトの内容に関するいかなる誤り・不掲載について、一切の責任を負うものではありません。

このページをシェアする