プリント日和|暮らしに役立つ情報とプリンター活用術をご紹介!

暮らしに役立つ情報とプリンター活用術をご紹介!

仕事掲載日:2020-08-27

パン屋さん必見!ラベルプリンターの活用で、食品表示ラベルを簡単に編集・作成・印刷

パン屋さん必見!ラベルプリンターの活用で、食品表示ラベルを簡単に編集・作成・印刷

すでに移行済みの生鮮食品に続き、2020年4月からは、加工食品・添加物も経過措置期限が終了し、食品表示法が完全移行。食品表示義務項目も厳しくなりました。

また、消費者の「食への安全意識」の高まりや、新型コロナウイルスの影響もあり、今まで以上に販売する食品の衛生面に配慮することが増えました。

そこで、今回は「パン屋さん」を一例に、食品表示ラベルを簡単に編集・作成・印刷ができるブラザーのラベルプリンターの活用方法をご紹介します。

PR

新食品表示制度(ラベル表示法)とは?

新型コロナウイルス流行は、私たちの生活や仕事など様々な面に影響を及ぼしています。

パン屋さんも例外でなく、新型コロナウイルスへの対策として、実際に販売するパンをすべて個包装に変更したパン屋さんも多いようです。

そこで気を付けたいのが、2020年4月に完全施行された新食品表示制度(ラベル表示法)。新食品表示制度においては、加工食品についても食品表示基準に沿った表示ラベルを作成することが求められています。

食品表示制度は容器に入ったものや包装されたものが対象で、個包装した場合は制度に基づいたラベルを貼ることが望ましいですが、店内すべてのパンに個包装や表示ラベルを貼りつける作業は、大きな負担になります。

そこで活用を検討したいのが、ブラザーのラベルプリンター「QL-820NWB」です。

ブラザーのラベルプリンター「QL-820NWB」

なぜ新食品表示制度ができたのか

新食品表示制度が制定された背景の一つとして「アレルギー対策」があげられます。

食物アレルギーに関する情報は、アレルギーを持つ方にとっては、身体の不調や、命にも関わる重要な情報です。このため事業者には「食品表示基準」を遵守した食品表示の対応が求められます。

適切なアレルゲン表示がないことで、消費者に「大丈夫」と勘違いさせてしまい、それが原因で、万一、健康被害が出た場合、お客さまの健康被害だけではなく、お店の信用や信頼を損ない、大きなデメリットとなります。

また、特定加工食品表示の省略が廃止され、以前は認められていた「パンであれば当然小麦粉を含むから省略」、「卵黄が卵というのは当然だから省略」といったことが出来なくなります。「パン(小麦を含む)」、「卵黄(卵を含む)」とアレルゲン名をしっかり記載するようにしましょう。

具体的な表示ルール等は、下記の記事を参照ください。

スマホ・タブレットで食品表示ラベルを簡単に編集・作成・印刷!

ブラザーのラベルプリンター「QL-820NWB」は、スマホやタブレット専用のアプリ「Brother iPrint&Label」が準備されており、新食品表示制度に則って作成したラベルテンプレートも提供しています。

このラベルテンプレートを利用することで、アプリ内でお店で販売している商品に適した内容に編集し、簡単にラベルプリンターで印刷することができます。

また、テンプレートで消費期限や賞味期限を「印刷した当日」や「印刷から3日後」など日付や時間の表記を可変するように設定できるので、誤った期限を印字することを防止することもできます。

ブラザーのラベルプリンター「QL-820NWB」の説明

ブラザーのラベルプリンター「QL-820NWB」は、専用アプリ「Brother iPrint&Label」の使用でスマホ・タブレットからの印刷が可能

ブラザーのラベルプリンター「QL-820NWB」の説明

専用アプリ「Brother iPrint&Label」では、新食品表示制度に則って作成したラベルテンプレートを提供

ブラザーのラベルプリンター「QL-820NWB」の説明

ラベルテンプレートを利用し、お店で販売している商品に適した内容にアプリで編集

ブラザーのラベルプリンター「QL-820NWB」の説明

アプリの編集画面で、消費期限や賞味期限を「印刷した当日」や「印刷から3日後」など日付や時間の表記を可変するように設定することも可能

食品表示関連のラベルテンプレートの一例を下記ページにてご紹介しています。

https://www.brother.co.jp/product/labelprinter/editor/label-design/food/[新しいウィンドウ]

*アプリや上記ページでご紹介しているテンプレートは、食品表示法に則って作成しておりますが、ご利用頂く際はご自身で法令に従ってテンプレートを編集して頂く必要があります。詳細は消費者庁ホームページ等でご確認の上、ご対応ください。

PR

「個包装」と「食品表示」で、新型コロナウイルス対策と食の安全を提供

「個包装」と「食品表示」で、新型コロナウイルス対策と食の安全を提供

ここまでご紹介してきたように、食品表示法の移行と新型コロナウイルス対策でパン屋さんにとっては、負担が増えていますが、ブラザーのQL-820NWBでラベル作成を効率化し、コロナ対策で個包装したパンに新食品表示法に遵したラベルを貼ることで、 店内でお客様が安全・安心して選べる喜びを提供しお客様目線に立った信頼できるパン屋さんとしてお店作りをすることが大切ではないでしょうか。

また、今回はパン屋さんを一例としてQL-820NWB活用についてご紹介いたしましたが、その他、和菓子、洋菓子等の食品関連事業者の皆さんはもちろん、新型コロナウイルス対策で需要が上がっているテイクアウト、デリバリーを実施している飲食店の皆さんにもブラザーのラベルプリンターは、ご活用頂けます。

活用例や製品に関する詳しい情報は下記よりご確認ください。

お悩み解決!飲食店・店舗で使える ラベルプリンター選択ガイド

※この記事の内容は、記事掲載開始当初、もしくは更新時のものです。
※この記事でご提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めておりますが、完全さを保証するものではありません。当社は、当サイトの内容に関するいかなる誤り・不掲載について、一切の責任を負うものではありません。

このページをシェアする