• 医療
  • 業界記事
  • ビジネスプリンター
  • ラベルプリンター
  • モバイルプリンター

ICTで医療現場はもっと効率化・快適化できる

MICTコンサルティング代表 大西大輔

有識者による実践コラム

男性では80.79歳、女性では87.05歳と年々伸び続ける日本人の平均寿命。
目の前に迫った超高齢社会で充実した医療サービスを維持するため、現場では今、何が求められているのか。医療費抑制と現場の効率化・快適化を両立するICT化の可能性について、医療ICTコンサルタントの大西大輔さんに話を伺った。

ICT化が医療現場で遅れている理由

世界でも例のない超高齢社会に向かっている日本。2025年には、高齢化のラインである65歳以上が人口の30%を占めると言われている。
こうした超高齢社会では、これまで以上に医療が担う役割は大きくなる。実際、国の医療費は2015年に41.5兆円に達している。
こうした状況は、医療の現場にどんな影響を与えているのだろうか。医療ICTコンサルタントとして医療業界の変遷を見てきた大西大輔さんはこう説明する。

「この超高齢社会では、高齢者が増加する一方、生産人口が減少しているため、『いかに少ない人員で、効率よく、患者様が満足する医療サービスを提供するか』が大きな課題となります。その課題を解決するのがICT化です。国も医療費を抑制する方向へ進んでおり、医療費抑制のための方策を二つ打ち出しています。一つは自由診療の拡大、つまりは保険分野の縮小です。そして、もう一つは診療報酬の改定率の抑制です。医療費は抑制されるのに、医療機関のコストの5割を占める人件費は、深刻な人手不足の中、上昇に転じるでしょう。売上減、コスト増は利益を減少させますから、医療機関経営は従来のやり方では難しくなるのです。コストを抑える観点から、ICT化が医療現場で求められているのです」

国も2001年には電子カルテの普及を推進し始めたが、そもそも医療現場のICT化は他の業界に比べ、5年は遅れていると大西さんは語る。

「現在、病院は8,500施設ほどあるのに対し、診療所は10万施設も存在します。診療所の開業医の平均年齢は約57歳で、パソコンが苦手、あるいは嫌いといったITアレルギーの医師も少なくありません。また、パソコンが一人1台ある一般企業と異なり、診療所では個人のパソコンではなく、複数人が共有するパソコンという位置づけです。そうしたことから、医療現場ではICT化が遅れていたのです」

ある誤解も医療現場のICT化を阻んでいたと大西さんは見る。

「医療関係者の中には、ICT化をただのペーパーレス化だと思っている方も少なくありません。しかし、ICT化の目的はペーパーレスではなく、業務の効率化(自動化)にあります。デジタルとアナログといった考え方がメインではないのです。それよりも、ICTを活用して業務フローを見直し、効率化を図るという考え方が大切なのです」

デジタル化が進んでも変わらない「紙」の重要性

医療現場にはさまざまな書類が存在する。問診票、紹介状(診療情報提供書)、レセプト(診療報酬明細書)、処方箋、領収書、明細書。レセプトも電子化が進み、ほとんどの医療機関が電子請求となっている。今後はそれ以外の紙の書類も徐々にデジタル化が進むだろう。一方で、患者様側の紙に対するニーズは依然根強い。

「医療サービスの受給者の9割は高齢者と子どもです。高齢者の多くはスマホやパソコンを所持しておらず、メモをとることも持ち帰ることもできる紙の処方箋や領収書の方が、取扱いやすいと考えられます。また、医師が紙を渡すことにより説得力が増す、という医療機関において重要な側面もあります。こうした背景もあり、医療機関ではカルテやレセプトの管理のデジタル化が進んでも、紙でのアウトプットは欠かせないのです」

緊急を要し、命を預かる医療の現場では、スピーディな業務、そして事務処理がもとめられる。デジタルと紙を両立するICT化は必須なのだ。
では、こうした医療現場の現実に即したICT化をいかにして具現化するか。そのカギはプリンターにある。 医療機関ではエリア・部屋ごとにプリンターが置かれ、フル稼働している。たとえば、診察室ではレーザープリンターで紹介状を、検査部門ではラベルプリンターで検体ラベルを、薬局ではお薬手帳ラベルを印刷する。さらに受付では、レーザープリンターで処方箋や領収書、明細書、レセプトなどをプリントしている。そのため、印刷が滞ると、すべてがストップしてしまうのだ。

「医療機関においてプリンターは欠かせない存在です。プリンターが止まることは業務停止を意味します、そういった意味では、プリンターはまず壊れにくいものでなければなりません」

医療現場で支持される、壊れにくく独創的なプリンター

そうした医療機関のニーズを満たすプリンターとは何か。エグゼメディカル社とメディプラザ社が主要都市のクリニックを対象に行った調査によると、複合機を利用しているクリニックの割合は81%。その29.3%をブラザー製品が占めている。ブラザーを選んだ理由として挙げられるのが、「1壊れにくさ」「2受付に置けるコンパクトサイズ」「3コストパフォーマンスの良さ」の3点である。これらを可能にしたのが、ブラザーの技術力と発想力だ。 もともとミシン事業で創業したブラザーは、ミシンの加工技術を応用したタイプライターの開発にはじまり、ファクスやプリンターに至るまで、ミシンで培った高い技術力により、お客様のニーズを反映した製品開発に長けている。こうしたニーズをきめ細かに反映して誕生した小型なプリンターや複合機は、スペースが限られている中小規模の医療機関でもエリアごとに設置しやすい理由となっている。
このブラザーの強みであるコンパクトさは、万一の故障時に実力を発揮する。通常、会計業務に使用するレーザープリンターは、当日対応のサポート体制が重要視されるが、実際にはどんなにサポート体制が整っていても、故障してから修理担当者が到着するまでのダウンタイムは生じてしまう。しかし、問診票のコピーや医師会からのファクスに使用している、受付への設置が可能なサイズのブラザー複合機をバックアッププリンターとして活用することで、ダウンタイム0が可能になる。「業務を止めることができない」医療現場にとっては最も大きなメリットになるかもしれない。
そして今、ユニークという点で医療現場から注目を集めているのが、ブラザーの感熱モバイルプリンターだ。

「国は2025年をめどに地域包括ケアシステムの構築を進めています。そのため、今後は在宅医療も重要になるでしょう。そこでも紙の診療情報提供書、処方箋などを患者様に渡す必要がありますので、在宅診療ではモバイルプリンターが必須アイテムとなるのです」

感熱モバイルプリンターでもブラザーの強みは生かされており、カバンにすっきり納まるコンパクトなサイズに加え重さはたったの約610g。製品サイズと並んで印刷速度も魅力となっている。これらを可能にしたのが、感熱紙の採用だ。これなら外出先でインク切れし交換する必要もない。

「診療情報提供書や処方箋などに感熱紙を利用してはいけない法律はありませんし、ブラザーの純正感熱紙を使用し、正しく保管すれば感熱紙でも「10年間」保管することが可能なのです」

医療関係書類の印刷はインクジェットでなければ、という固定観念を打ち破ることができたのも、柔軟な発想を持つブラザーの強みだと言えるだろう。

「必要なのはIT化ではなくICT化です。両者の違いは、InformationとTechnologyの間にCommunicationがあるかどうか。超高齢社会において重要なコミュニケーションへの対応です。今後さらに中小規模の医療機関においては特に、プリンターを中心に据えたICT化が急務となることでしょう」。

  • 感熱モバイルプリンターPJ-763MFi
    感熱モバイルプリンター
    PJ-763MFi
    コンパクトな製品サイズで、患者様宅での医療書類発行で在宅医療に欠かせないツール。
  • 感熱ラベルプリンター
    TD-4100N
    コンパクトな製品サイズで、薬局等でお薬手帳ラベルに活用されている。
  • モノクロレーザー複合機
    MFC-L6900DW
    装置寿命約60万枚の高耐久モデル。
不測の事態に備えたバックアップという提案

不測の事態に備えたバックアップという提案

機材を2台持ちすることで、
プリンターのバックアップを行い、
万一の故障の際にも業務を止めることなく対応できる。

執筆者プロフィール

MICTコンサルティング 代表 大西 大輔

過去3,000件を超える医療機関へのシステム導入の実績から、医師会、保険医協会などの医療系の公的団体を中心に講演活動および執筆活動を行っている。また、病院のコンサルティングにおいて、看護師、リハビリ スタッフ、事務員に対して、診療報酬点数、診療録の記載などの指導を行っている。

購入前のお問い合わせ

このページをシェアする