ホシザキ電機株式会社

PDFアイコンダウンロード [PDF/2.4MB]
  • 本社工場 生産管理部 生産管理課 課長 山下和敏様 本社工場 生産管理部 生産管理課 課長 山下和敏様
  • 製造製造

    本社工場 生産管理部

    生産管理課 課長 山下和敏様

    私どもが製造する冷蔵庫や冷凍庫には様々なサイズとタイプがあります。以前は同じ型の製品を大量に製造していた時期もありましたが、近年ではお客様のニーズに合わせたオーダーメイド式の生産方式に移行しています。製造工程のコストを如何にして抑えるかは、生産管理部門として常に取り組む課題。これらの印刷物は製造完了後に処分してしまう、ワンウェイ(使い捨て)のプリントです。この印刷物の原価を安く抑えることが、今回このプリンターを導入するきかっけとなりました。

  • 本社工場 生産管理部 生産管理課 草川愛様 本社工場 生産管理部 生産管理課 草川愛様
  • 本社工場 生産管理部

    生産管理課 草川愛様

    以前使用していたレーザープリンターとは比べものにならない高速印刷。耐水性にも優れ、白色以外の紙にも鮮明なプリントが可能です。
    ネームシートと指示ビラを毎日およそ600枚、一か月平均して12,000枚ほど印刷しています。HL-S7000DNを導入して から、印刷にかかる時間がおよそ半分ほどに短縮されました。

    A4サイズのネームシートには製品の型名とケアマークが記載されおり、完成品の表面に直接貼りつけて出荷されます。以前は段ボールに直接印刷していましたが、生産方式の変化に伴いネームシート印刷し完成品に貼付する今の形に変更しました。これも印刷コストを低く抑える工夫のひとつです。 このプリンターは耐水性の高いインクが使用されており、インクがにじまない事がテストで確認できたので、抵抗感なく以前のレーザープリンターから切り替えられました。

    A5サイズの指示ビラ(識別票)は製造工程で使用するワンウェイ(使い捨て)の印刷物で、製品が完成した後には破棄してしまいます。
    この指示書は製造日が見た目でわかるように、5色の紙を使用しています。どの色を使用してもバーコードやQRコード、型式番号などが鮮明に印刷できることもプリンター選択の重要な要素でした。導入前のテストで問題ないことがわかり安心しました。

  • 名 称
    ホシザキ電機株式会社
    代表者
    代表取締役会長兼社長 坂本精志
    設 立
    昭和22(1947)年2 月
    事業内容
    全自動製氷機、業務用冷凍冷蔵庫、業務用食器洗浄機をはじめとする各種フードサービス機器の研究開発および製造販売
    従業員数
    11,976名(連結) 1,167名(単体)
    連結子会社
    国内17社 海外37社(合計54社)
    本 社
    愛知県豊明市

    ※掲載内容は掲載時のもので、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

導入目的: 約600枚/日の指示書印刷コストの低減 印刷時間50%短縮し作業効率大きく改善
導入製品: HL-S7000DN

  • ワンウェイ
    (使い捨て)印刷

    のコスト低減
  • 事前テストで
    品質基準を
    クリア
  • 導入効果を
    細緻に試算

製品の製造をコントロールする生産管理部門では、製造工程で使用する用紙1枚に至るまで、徹底して製造コストの低減を行っています。
製造工程では、工場の生産ラインでしか使用しないワンウェイ(使い捨て)の印刷物が存在します。これに費やすコスト低減が課題でした。

製品が1,000種類以上に多様化し、生産方式も小ロットのオーダーメイド式に移行している近年では、製品情報を掲載したネームシートを印刷して完成品の表面に直接貼り付けることで、印刷コストを低減しています。ネームシートは外気に触れるため印刷がにじまない事が重要でした。

従来のモノクロレーザープリンターを使用して1回の作業で出力できる枚数は30枚程度。A4サイズ・A5サイズ2種類の印刷物を毎日およそ300枚ずつ印刷するうえで、作業の効率化は必須でした。

ホシザキ電機株式会社様
ホシザキ電機株式会社様

だから私は、ブラザーを選びました!

  • 導入の背景

    製造コストの低減を目指して

    導入の成果

    試算を大幅に上回るコストダウンを実現!

    導入後の実績は試算を大きく上回り、年間約620,000円かかっていたランニングコストを約86,000円まで低減できました。およそ86.2%のコストダウンという大変良い成果が得られました。

  • 導入の背景

    作業時間の効率化を求めて

    導入の成果

    高速印刷で作業時間を半分に短縮

    もうひとつの魅力は、何といっても高速印刷。1分間に約100枚のスピードで印刷が完了してしまうため、作業の待ち時間を従来の半分以下に抑えることができました。

    A4サイズのネームシートと、A5サイズの指示ビラを毎日600枚印刷するためにかかる手間が半減され、プリンターと向き合っていた時間を他の業務に使えるようになりました。

ワンウエイの印刷物、つまり使い捨てとなる

印刷コストを低く抑えるために、
1枚あたり
およそ0.7円のランニングコストは

大変魅力的なスペックです。

HL-S7000DNはインクジェットプリンターですが、耐水性に優れた水性顔料インクが採用されています。ネームシートは事前に印刷テストを行い、インクがにじまない事が確認できました。これも従来のモノクロレーザープリンターからの切り替えを決める要因となりました。

導入に際し、トナーや定期交換パーツ等のランニングコストを試算しました。
試算では従来のモノクロプリンターでかかっていたコストを約60%低減できる見込みでした。

完成品の表面に貼り付けるネームシート、

製造工程で使用する指示ビラ(識別票)を

一か月に約12,000枚印刷。

プリンターの主な用途

A4サイズのネームシートと、製造工程で使用するA5サイズの指示ビラを印刷。一日にそれぞれ約300枚を一気に処理します。2段構成の給紙トレイには、A4とA5サイズの用紙がセットされています。

プリンターの主な用途 プリンターの主な用途

ご使用の製品はこちら

最高100枚/分の高速印刷により、
オンデマンド印刷や
帳票などの
大量印刷業務の効率化を支援。
ビジネスの生産性を向上させる

高速ビジネスインクジェットプリンター

インクジェットプリンターの導入事例をみる

伊勢山会計合同事務所 導入事例をみる

あらゆる現場のニーズに応える
ブラザーのラベルプリンター。
低コスト、簡単操作、システム連携で
革新的なラベルソリューションを実現。

  • 使用例1
  • 使用例2
  • 使用例3

このページをシェアする