株式会社ツバメ商会

PDFアイコンダウンロード [PDF/967KB]
  • 株式会社ツバメ商会 株式会社ツバメ商会
  • 店舗・小売サービス

    営業の帰社後に発生するデータ受渡し/入力作業の合理化を検討。

    熊本県全域で約3,000件のお客様にLPガスや関連商品を提供するツバメ商会様では、2015年1月から営業員全員にiPadを導入し、業務の生産性向上に取り組んでいます。
    以前は毎月1回/件の検針作業を専用のハンディターミナルで行っていましたが、これは1台約30万円と高価なうえに、帰社後にSDカードからシステムサーバーへのデータ移行が必要でした。
    また3~4年に1回の保守点検作業は手書き用紙に記入し、帰社後に事務スタッフが入力していました。こうした営業や事務スタッフの業務を効率化するために、iPadを導入しました。

    設 立
    1956年6月
    資本金
    1,000万円
    代表者
    代表取締役 本田幹彦
    社員数
    14名
    事業内容
    LPガス、ガラストップコンロ、エコウィル、GHP、給湯熱源機、浴室暖房乾燥機、床暖房、リフォーム、浴槽、キッチン、洗面化粧台などの販売・メンテナンス
    本社所在地
    熊本県熊本市南区流通団地1-33

    ※掲載内容は掲載時のもので、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

導入目的: iPadとRJ-3050(ロール紙)/PJ-673(A4カット紙)を連携させ、「検針票」と「保安点検調査票」をその場で出力!
導入製品: RJ-3050 / PJ-673

  • iPadの導入
  • 検針票は
    RJ-3050
    (ロール紙)
  • 保安点検
    調査票は
    PJ-673(A4)

営業 島田啓太郎様

検針作業で以前使っていたハンディターミナルでは、帰社した後にSDカードによるデータの受渡し作業が必要でした。それがiPadから無線LANで瞬時に送信できるのは良いですね。RJ-3050のモバイルプリンターも以前のようにロール紙を頻繁に入れ替えることもなく、とても助かっています。

営業 島田啓太郎様

営業 枇杷(びわ)賢伍様

保安点検調査票は、以前は手書きでしたが、iPadの画面から入力することでミスがなくなりました。またPJ-673から出力することでお客様の信頼感も増しています。このプリンターは、小型で軽くて、印刷も速く、バッテリーも十分長持ちします。非常に良いと思います。帰社後のデータ入力作業がなくなったことで、事務スタッフも大助かりです。

営業 枇杷(びわ)賢伍様

だから私は、ブラザーを選びました!

  • 導入の背景

    手書きによるヒューマンエラー

    導入の成果

    ヒューマンエラーの減少

    iPadとRJ-3050/PJ-673の連携により、営業員にとっては記入ミスなどのヒューマンエラーが減少しました。

  • 導入の背景

    SDカードの手作業の移行

    導入の成果

    お客様からの信頼性向上

    美しく印刷された保安点検調査票はお客様の信頼性向上につながっています。

    本社事務スタッフの業務も大幅に効率化。以前に比べて少ない投資で極めて高い業務生産性を実現しています。

  • 導入の背景

    高価なハンディターミナル

    導入の成果

    急な検針依頼にも対応可能

    リアルタイムのデータ送信により、以前は不可能だった急な検針依頼にも対応できるようになりました。

    同社では今後、カード決裁を検討するなど、iPadとモバイルプリンターの可能性をさらに追求していく予定です。

  • 株式会社システムアンドリサーチ 営業部主任 一場章様 株式会社システムアンドリサーチ 営業部主任 一場章様
  • 株式会社システムアンドリサーチ 
    営業部主任 一場章様

    当社では以前から、スマホやタブレットを保守管理業務に活用するシステム開発を行っていました。ガス事業者様の99%が専用ハンディターミナルと手書き帳票を使っているなかで、今回のシステムは画期的でした。初期費用が安くなることに加え、業務の生産性向上に貢献できたことが最大のメリットだと思います。

複数用途に適したiPadと連携、

必要に応じた各種帳票を
お客様の前で高速印刷。

同社がiPadを採用した理由は、
1. 単一機能の高価なハンディターミナルに代わり、複数の業務アプリにより柔軟で機動的な営業活動が可能となること、
2. 検針や保守点検の結果データをリアルタイムで本社サーバに転送でき、タイムラグのない業務が実現すること、
3. 本社事務スタッフの業務負荷が軽減すること、でした。

アプリ次第で複数業務に対応するiPadから、お客様に渡す帳票類を出力するために、検針票はRJ-3050(ロール紙)、保安点検 調査票はPJ-673(A4カット紙)を選定。

用途に適した出力環境が実現しました。

業務管理システムの概要と特徴

●業務管理システムは、販売・配送・保安・その他のデータを扱う基幹システムです。

●業務管理システムは、Webサーバーを介して、営業員のiPad(またはスマートフォン)と接続されています。「検針アプリ」と「保守点検アプリ」はWebベースで提供されています。

●検針アプリ=検針値、お客様情報、点検情報を扱います。お客様には検針後、「RJ-3050」から出力した検針票をお渡しします。

●保守点検アプリ=点検すべき多岐にわたる項目を入力します。お客様には保守点検後、「PJ-673」から出力した保安点検調査票をお渡しします。

●検針・保守点検とも、入力データはすぐに本社の業務管理システムに送信され、リアルタイムの対応が可能です。

システム構成図
システム構成図
システム構成図
システム構成図
出力見本
出力見本
出力見本
出力見本

ご使用の製品はこちら

用紙幅3インチのレシート専用
感熱モバイルプリンター。

無線LAN,Bluetooth®対応モデル。

A4感熱モバイルプリンターPocketJet

モバイルプリンターの導入事例をみる

株式会社LIXILトータルサービス 導入事例をみる
日東エネルギー株式会社 導入事例をみる
日本通運株式会社 導入事例をみる
さわやか信用金庫 導入事例をみる
株式会社ジュピターテレコム(J:COM) 導入事例をみる
株式会社INAXメンテナンス 導入事例をみる

あらゆるビジネスのニーズに応える
複合機・プリンターをラインアップ。
現場が求める機能・性能を備える
ブラザーのビジネスプリンター。

  • 使用例1
  • 使用例2
  • 使用例3

このページをシェアする