• 東邦銀行様 東邦銀行様
  • 金融金融

    渉外活動を支援するため、渉外担当者全員にタブレット端末を導入。

    福島の復興に一丸となって取り組む東邦銀行様は2014年3月、渉外担当者全員に、富士通のタブレット端末とブラザーのモバイルプリンタ「PJ-663」を導入、全店で稼動を開始しました。
    以前は、渉外担当がお客様情報を訪問先で参照することは出来ず、また必要な資料や申し込み書類などを持ち運ぶ必要があるなど、渉外担当者の負担となっていました。こうした課題をタブレット端末の導入で一挙に解決。
    万全のセキュリティ対策が施された端末により、取引情報の参照、各種情報の提供、商品の提案などが可能になりました。

    設 立
    1941年11月
    資本金
    235億19百万円
    自己資本比率10.44%(国内基準)
    代表者
    取締役頭取 北村清士
    総資産
    5兆3,833億円
    総預金
    5兆1,250億円
    貸出金
    2兆6,389億円
    本社所在地
    福島県福島市大町3-25(店舗数115ヵ店)
    URL
    http://www.tohobank.co.jp (「株式会社東邦銀行」のサイトへリンクします)

    ※掲載内容は掲載時のもので、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

導入目的: セキュリティ万全なタブレット端末と連携し、A4判の受取証・申込書・各種資料を、その場で出力!
導入製品: PocketJet PJ-663

  • 小型で軽量、抜群の携帯性
  • 各種申込書や電子パンフも印刷
  • 手軽なコストも決め手に

営業本部副本部長 兼営業統括部長 青木智様

今回、タブレット端末とモバイルプリンターを連携させた渉外支援システムを構築し、全店で運用を開始しました。これは銀行業界では初の試みで、最先端のシステムだと自負しています。
お客様は今、震災復興に関わる補助金などの情報、新商品や金利の情報、投資信託の運用状況や株価・為替のマーケット情報など、つねに新しい情報を求めています。こうしたニーズに対応し、訪問先でタブレット端末でお客様に情報を閲覧していただき、必要があれば資料や申込書などを印刷してお渡しできる仕組みは、お客様満足にも大きく貢献しています。

営業本部副本部長 兼営業統括部長 青木智様

だから私は、ブラザーを選びました!

  • 導入の背景

    お客様情報の参照が課題

    導入の成果

    訪問先で的確な情報提供が可能に

    お客様との面談も極めて濃い内容となっています。同行では今後、お客様のニーズを喚起するため、投資信託や保険関連商品のシミュレーションアプリの導入も検討するなど、渉外支援機能の強化を目指しています。

  • 導入の背景

    各種資料の持ち運びが負担

    導入の成果

    渉外担当者の業務効率アップ

    タブレット端末と「PJ-663」の連携により、渉外担当者の業務効率は大きく向上しました。受取証の円滑な出力に加えて、電子パンフレットや投資信託に関わる情報を閲覧し、すぐに申込書の印刷が出来るようになりました。

  • 導入の背景

    渉外活動支援機能を一挙に強化

    導入の成果

    渉外支援機能をさらに強化へ

    タブレット端末と「PJ-663」の連携が、同行の渉外業務を大きく進化させたのです。

  • 富士通株式会社 第一金融ビジネス本部 佐生敦司様 富士通株式会社 第一金融ビジネス本部 佐生敦司様
  • 富士通株式会社 第一金融ビジネス本部 佐生敦司様

    今回の渉外支援システムは、必要な機能をセキュアな環境で実現した画期的なものです。指紋とID・PWによる認証、タブレット端末に情報を残さないシンクライアント技術の採用、データの暗号化など、セキュリティ確保に努めました。ブラザーの「PJ-663」は、このシステムと連携できる唯一のモバイルプリンターであり、高く評価しています。

タブレット端末と連携し、
A4用紙への鮮明な印刷が可能。

渉外担当者は訪問先から通帳や証書を預かる際に、必ず「受取証」を出力する必要があります。以前は専用のハンディターミナル端末を使用していました。

しかしタブレット端末の導入により、受取証に加えて各種申込書の一部や商品パンフレットなどもA4判で出力できるモバイルプリンターが必要となりました。

同行では複数の機器を比較検討し、ブラザーの「PJ-663」を選定。その理由は、超小型・軽量で携帯性に優れていること。印刷スピードが速いこと。
低ランニングコストで美しい印字品質であること、などでした。

渉外支援システムの概要と特徴

●さまざまなデータ処理をすべて銀行内部で行うために、銀行内のシステムセンター内に仮想デスクトップ基盤を構築。富士通の月額サービス型仮想デスクトップサービスを利用し、同社の運用センターから、24時間365日の運用・監視を行っています。
●本システムは、銀行内のCRMシステムや文書管理システムと接続されており、タブレット端末から閲覧できます。
●富士通製タブレット端末ARROWS Tabと連携した「PJ-663」により、金融商品の申込書や通帳・証書などの受取証、各種資料を訪問先で印刷できます。
●タブレット端末に情報を残さないために、仮想デスクトップ技術を採用。また指紋とID/PWによる認証のほか、データの暗号化により、万全のセキュリティを確保しています。

システム構成図
システム構成図
システム構成図
システム構成図
出力見本
出力見本
出力見本
出力見本

ご使用の製品はこちら

A4感熱モバイルプリンターPocketJet

モバイルプリンターの導入事例をみる

株式会社LIXILトータルサービス 導入事例をみる
日東エネルギー株式会社 導入事例をみる
日本通運株式会社 導入事例をみる
さわやか信用金庫 導入事例をみる
株式会社ジュピターテレコム(J:COM) 導入事例をみる
株式会社INAXメンテナンス 導入事例をみる

あらゆる現場のニーズに応える
ブラザーのラベルプリンター。
低コスト、簡単操作、システム連携で
革新的なラベルソリューションを実現。

  • 使用例1
  • 使用例2
  • 使用例3

このページをシェアする