さわやか信用金庫

PDFアイコンダウンロード [PDF/456KB]
  • さわやか信用金庫 さわやか信用金庫
  • 金融金融

    渉外活動を支援する端末をAndroid™スマホに全面更改。

    さわやか信用金庫様は、ITと情報資産を有効活用する先進的な金融機関です。2008年には、それまで渉外担当が使っていたハンディ端末を、一挙に携帯電話に更改。
    万全なセキュリティと使いやすさに加え、通信機能によるお客様情報照会と入力データの基幹システムへの転送という業務の効率化を実現しました。
    しかし携帯電話は画面が見にくく、一部の画面では処理スピードが遅いこと、文字入力が煩雑なことなどが課題となっており、これを解決する ために2012年4月、Android™スマートフォンに全面更改しました。

    名 称
    さわやか信用金庫
    本 店
    東京都港区三田5-21-5
    本 部
    東京都渋谷区広尾5-19-8
    預積金
    1兆4,400億円
    貸出金
    8,764億円
    店舗数
    68店舗(うち有人出張所11カ所、東京都・川崎市・横浜市に所在)
    役職員数
    1,190名
    URL
    http://www.shinkin.co.jp/sawayaka/ (「さわやか信用金庫」のサイトへリンクします)

    ※掲載内容は掲載時のもので、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

導入目的: 金融業界で初めて、Android™スマートフォンとMPrintの連携による渉外支援システムを構築!
導入製品: MW-145BT

  • 小型で軽量、
    抜群の携帯性
  • Bluetooth
    対応の
    使いやすさ
  • 安心・安全な
    システムが実現

システムセンター システム課調査役 大井博史様

スマホとブラザーのモバイルプリンターの連携で、渉外担当者の業務は非常に円滑になりました。情報が見やすい大画面、処理スピードの飛躍的向上、文字入力の効率化など、スマホならではの特性が活かされています。
またブラザーのMprintは、鞄に入れたままBluetoothで出力できるため、営業の流れを妨げません。今後は地図情報やナビの活用など、より高度な活用を検討していく予定です。

システムセンター システム課調査役 大井博史様

だから私は、ブラザーを選びました!

  • 導入の背景

    ITを有効活用する企業風土

    導入の成果

    スマホならではの操作性

    大画面とスクロール操作でお客様情報照会がしやすいこと、拡大機能で印鑑照会も簡単にできること、処理スピードが飛躍的に向上し、文字入力も効率化されたこと等々。

  • 導入の背景

    いち早く携帯電話を導入

    導入の成果

    美しい印字で信頼性向上

    MW-140BTTypeFは、美しい印字の受取証等をお客様の前で出力することで信頼感を高めています。

  • 導入の背景

    業界で初めてスマホ*を導入

    導入の成果

    業界初の試みに大きな注目

    同金庫の渉外支援システムは、いま注目のマト。セキュリティが万全であることに加え、スマホならではの操作性の良さが渉外業務の効率を高めています。
    スマホとモバイルプリンターの連携は、渉外業務支援の大きな導入効果を生んでいるのです。

    * Andoroid™のスマートフォン

  • 日本電気株式会社 第二金融ソリューション事業部 武田賢作様 日本電気株式会社 第二金融ソリューション事業部 武田賢作様
  • 日本電気株式会社 第二金融ソリューション事業部 
    武田賢作様

    弊社が構築した渉外支援システムのプリンターとして、MW-140BT TypeFを高く評価します。小型で軽量、長期保存がきくカット紙、Bluetooth対応と、求める要件をすべてクリアしました。スマホとの組み合わせで、今後さらに普及すると思います。

  • KDDI株式会社 金融営業部 営業5グループ 課長補佐 小林千芳様 KDDI株式会社 金融営業部 営業5グループ 課長補佐 小林千芳様
  • KDDI株式会社 金融営業部 営業5グループ 課長補佐 
    小林千芳様

    ブラザーのMPrintは弊社端末との親和性が良く、お客様からも非常に好評頂いています。今後スマートフォンの業務利用が進んでいくことで、防水・防塵・耐衝撃性を持つ唯一のAndroid™端末「G'z One」を始めとする弊社スマートフォンとMPrintとをセットにした活用はますます広がると期待しています。

コンパクトサイズで使いやすい、
抜群の携帯性と操作性が決め手。

渉外担当の端末が携帯電話に更改された際、受取証などを出力するモバイルプリンターとしてブラザーのMPrintシリーズが採用されました。

またAndroid™スマートフォンが導入された時にも、同シリーズのMW-140BTTypeFが採用されました。小型・軽量の優れた携帯性に加え、用紙がカセット式で丸まらず、Bluetooth対応で鞄のなかでも容易に出力できるという抜群の操作性が評価されました。

Android™スマートフォンの最大の課題であったセキュリティも、KDDIの支援でクリア。安心・安全なシステムが実現しました。

業界初! Android™スマホを利用した
渉外支援を実現

  • 出力見本
    出力見本
    出力見本
    出力見本
  • システム概要と特徴

    ●KDDIの協力により、リモートロック&位置情報取得などの紛失・盗難時対策(3LM)、インターネットを経由しない閉域網によるセキュアな通信ネットワーク(CPA)、ネイティブ機能の利用制限など端末の管理・制限(ランチャアプリ)を実行。安心・安全なスマホセキュリティを実現しています。

    ●Android™スマートフォンには、カシオ製「G'zOne」を採用。防水性能と防塵性能を持ち、ハードな使用にも耐える耐衝撃性能も保持 することで、渉外担当が故障を気にすることなく使用することができます。

システム構成図
システム構成図
システム構成図
システム構成図

ご使用の製品はこちら

携帯性を重視したA7サイズプリンター。

高い操作性を実現した
Bluetooth® 対応モデル。

モバイルプリンターの導入事例をみる

株式会社LIXILトータルサービス 導入事例をみる
日東エネルギー株式会社 導入事例をみる
日本通運株式会社 導入事例をみる
さわやか信用金庫 導入事例をみる
株式会社ジュピターテレコム(J:COM) 導入事例をみる
株式会社INAXメンテナンス 導入事例をみる

あらゆる現場のニーズに応える
ブラザーのラベルプリンター。
低コスト、簡単操作、システム連携で
革新的なラベルソリューションを実現。

  • 使用例1
  • 使用例2
  • 使用例3

このページをシェアする