株式会社関西アーバン銀行

PDFアイコンダウンロード [PDF/515KB]
  • 株式会社関西アーバン銀行 株式会社関西アーバン銀行
  • 金融金融

    渉外活動の生産性向上のため新たなシステムを導入を検討。

    三井住友銀行グループの第二地銀である関西アーバン銀行様は、都市型リテールバンクとして、集金業務なども含めた渉外活動の生産性をあげるために、2007年7月より新しい渉外支援システムを導入しました。
    その背景には、従来の手書き伝票の記入ミスや非効率を改善してお客様の安心感を向上させるとともに、渉外担当による帰店後の煩雑な事務手続きをなくし、業務の効率化と精緻化を図るという課題がありました。
    同時にシステム化した際に、お客様情報の漏洩を防ぐ万全のセキュリティ対策も重要課題でした。

    名 称
    株式会社関西アーバン銀行
    設 立
    1922年(大正11年)7月
    事業内容
    地域社会の健全な発展に貢献する、三井住友銀行グループの都市型地方銀行
    資本金
    370億円
    預金
    27,260億円
    貸出金
    26,003億円
    店舗数
    94支店 他8出張所
    従業員数
    1,852人
    本店所在地
    大阪府大阪市中央区西心斎橋1-2-4
    URL
    http://www.kansaiurban.co.jp/ (「株式会社関西アーバン銀行」のサイトへリンクします)

導入目的: 金融業で初めて、携帯電話を活用した渉外支援システムを構築。MPrintとの連携で集金時の受領書等を即時発行!
導入製品: MPrint MW-140BT TypeF

  • 小型で軽量、
    抜群の携帯性
  • Bluetooth
    対応の
    使いやすさ
  • カール癖が
    つかない

    カット紙を採用

事務統括部長 熨斗敬様

渉外担当が使いやすく、お客様に受け入れていただけて、セキュリティも万全。それが今回の開発要件でした。
携帯電話とモバイルプリンターを活用した渉外支援システムは、今は事務効率化に貢献する段階ですが、今後は渉外活動の支援や、お客様への提案支援など、より高度な用途で活用されるでしょう。
当行が都市型地銀として発展していくためには、必要不可欠なシステムだと考えています。

事務統括部長 熨斗敬様
事務統括部長 熨斗敬様

だから私は、ブラザーを選びました!

  • 導入の背景

    効率的な渉外活動を支援

    導入の成果

    渉外担当の業務効率化に貢献

    渉外担当の集金・預り業務や帰店後の業務の時間を短縮できたことはもちろん、美しい印字の領収書等をお客様の前で出力することにより信頼感を得ること、携帯電話を紛失しても遠隔操作で使用不可能になる万全の情報漏洩対策を実現したことも大きく貢献しました。

  • 導入の背景

    手書き伝票の不都合を改善

    導入の成果

    お客様満足度の向上

    携帯電話を活用した渉外支援システムは、金融業界初の成功事例として大きな注目を集めました。

  • 導入の背景

    情報セキュリティ確保にも配慮

    導入の成果

    情報セキュリティ対策の強化

    同行では今後、お客様情報の携帯電話へのダウンロード、渉外担当の行動管理、さらには提案書出力など、より高度な用途での活用を展望されています。

  • 日本電気株式会社 関西官庁・公共営業事業部 天野信幸様 日本電気株式会社 関西官庁・公共営業事業部 天野信幸様
  • 日本電気株式会社 関西官庁・公共営業事業部 
    天野信幸様

    携帯電話と連携するモバイルプリンターとして、ブラザーのMW-140BT TypeFは最適でした。小型・軽量に加え、特にBluetooth対応の操作性の良さに注目しました。今後携帯電話とMW-140BT TypeFの連携システムには、大きな可能性があると感じています。

  • KDDI株式会社 FMC関西支社法人営業1部 今井康智様 KDDI株式会社 FMC関西支社法人営業1部 今井康智様
  • KDDI株式会社 FMC関西支社法人営業1部 
    今井康智様

    銀行の勘定系システム端末として携帯電話を活用した今回の事例は、極めて画期的です。 弊社の豊富な種類のBluetooth対応携帯は、万全のセキュリティ対策が講じられているため、MW-140BT TypeFとの連携は、今後金融業界だけてなく幅広い用途で活用されると期待しています。

コンパクトサイズで使いやすい、

抜群の携帯性と操作性が決め手。

多くのベンダーによる提案の中から、同行はシステム構築全般をNECに、携帯電話端末をKDDIに、そしてモバイルプリンターをブラザーのMW-140BT TypeFに決定しました。

携帯電話を選択した理由は、もっとも渉外担当の日常業務に定着しやすいとの判断があったからです。

またMW-140BT TypeFは、小型・軽量の優れた携帯性に加え、用紙はカット紙なので丸まらず、Bluetooth対応で鞄のなかでも容易に出力できるという抜群の操作性が評価されました。

プリンター本体にお客様情報が残らないことも重要な要件でした。

システム概要と特徴

  • 出力見本
    出力見本
    出力見本
    出力見本
  • システムの概要

    セキュリティ機能強化により、顧客情報漏洩リスクを低減するとともに、取引情報の処理向上により、帰店後の渉外担当の事務処理を軽減しました。また渉外担当の行動管理により、急な商談にも迅速な対応が可能です。

    マスターデータは事前にダウンロードするため、通信圏外でもアプリの使用が可能。また一定時間無操作でアプリをロックしたり、遠隔データ消去も可能なため、携帯電話を紛失しても安心です。

    プルダウンを選択回数が多い項目順に表示させるため、操作が簡単。また取引情報はau網経由ですぐにセンターに送信されるため、帰店後の報告作業負荷を軽減しました。

システム構成図
システム構成図
システム構成図
システム構成図

ご使用の製品はこちら

A7感熱モバイルプリンターMprint

モバイルプリンターの導入事例をみる

株式会社LIXILトータルサービス 導入事例をみる
日東エネルギー株式会社 導入事例をみる
日本通運株式会社 導入事例をみる
さわやか信用金庫 導入事例をみる
株式会社ジュピターテレコム(J:COM) 導入事例をみる
株式会社INAXメンテナンス 導入事例をみる

あらゆる現場のニーズに応える
ブラザーのラベルプリンター。
低コスト、簡単操作、システム連携で
革新的なラベルソリューションを実現。

  • 使用例1
  • 使用例2
  • 使用例3

このページをシェアする