広島信用金庫

PDFアイコンダウンロード [PDF/447KB]
  • 広島信用金庫 広島信用金庫
  • 金融金融

    渉外システム更改を期に
    モバイルプリンターが必要に。

    広島信用金庫様では2005年3月、それまで預金情報が主であった渉外支援システムを全面更改。融資情報閲覧や各種顧客検索などもできる、画期的な総合顧客情報管理システムを構築しました。
    旧システムでは渉外担当者はプリンターと一体型のハンディ端末を使っていましたが、重くて持ち運びが大変であり、また機能強化された新システムに対応するために、PDA端末の採用を決定。
    このため、信用金庫の特性である集金業務の際に受取書や領収書を出力する、コンパクトで使いやすいモバイルプリンターが必要となりました。

    名 称
    広島信用金庫
    設 立
    1945年5月
    事業内容
    地域の中小企業や個人のお客様のための協同組織による地域金融機関
    出資金
    3,341百万円
    会員数
    91,124人
    職員数
    964人
    店舗数
    79店舗
    預金高
    1,072,740百万円
    貸出金
    718,282百万円
    本社所在地
    広島市中区富士見町3番15号
    URL
    http://www.hiroshin.co.jp/ (「広島信用金庫」のサイトへリンクします)

導入目的: PDAと連携したMPrintで受取書・領収書等を出力、画期的な「渉外支援システム」を確実に支えています。
導入製品: MPrint MW-140BT TypeF 約280台

  • 小型で軽量、
    抜群の携帯性
  • Bluetoothの
    高い操作性
  • 個人情報保護
    対策も万全

常勤理事 営業統括部長兼統括指導役
隠居一男様

新システムとMPrintを活用して業務の生産性向上を実現し、地域金融機関の役割を果たします。
地域金融機関の使命を全うするために、当金庫の渉外担当者は日々お客様の中を走り回っています。その多忙な業務を支えているのが、新しい渉外支援システムであり、ブラザーのMPrintです。これらは渉外担当に多彩な顧客情報を確実に提供し、また業務の生産性を向上させるために、非常に有効であると評価しています。技術革新が進むなかで、今後も新たな製品やサービスを継続的に提供していただけるよう期待しています。

常勤理事 営業統括部長兼統括指導役 隠居一男様
常勤理事 営業統括部長兼統括指導役 隠居一男様

だから私は、ブラザーを選びました!

  • 導入の背景

    渉外支援システムの全面更改

    導入の成果

    渉外担当から高い評価

    MW-140BTは、新渉外支援システムが完成した2005年3月から9月までに順次全店舗に導入され、渉外担当全員が活用しています。

  • 導入の背景

    受取書等の出力は必須要件

    導入の成果

    業務の生産性向上に貢献

    「コンパクトで使いやすい」「鞄のなかに入れたままでも印字できる」等々、現場から高い評価を獲得。渉外業務の生産性向上にも大きく貢献しています。

  • 導入の背景

    重い従来端末を刷新

    導入の成果

    同金庫の渉外に確実に定着

    PDAとモバイルプリンターを連携させ、総合的な顧客情報管理を実現した同システムは、全国の信用金庫からも注目を集めており、次代の地域金融機関を支える戦略ツールとして、同金庫の渉外業務に確実に定着しています。

  • 日本電気株式会社 中国支社公共第二営業部 セールスマネージャー 本居千幸様 日本電気株式会社 中国支社公共第二営業部 セールスマネージャー 本居千幸様
  • 日本電気株式会社 中国支社公共第二営業部
    セールスマネージャー 
    本居千幸様

    MPrintの用途は、金融機関だけでなく、今後さらに広がっていくと思います。
    ブラザーのMPrintを高く評価しています。当社が開発するシステムのなかでも、MPrintが幅広く採用されています。MPrintには他の金融機関も注目しており、今後ますます広まるのではないでしょうか。また金融機関だけでなく、外部での帳票発行が必要な業務や、流通業の棚卸し業務などでは、MPrintが極めて有効なソリューションとして機能すると期待しています。

コンパクトサイズで抜群の操作性が決め手。

機種選定に際しては、新システムを開発した日本電気様より複数の機器が提示されました。

そこからMW-140BTが選ばれた理由は、まず小型・軽量で携帯しやすいこと。また用紙がカセット形式なので丸まらず、用紙交換も簡単で使いやすいこと。さらに、Bluetooth接続であるため、指向性の強い赤外線接続に比べて印刷が簡単にできることも決め手でした。

極めて多忙な渉外担当から、MW-140BTの優れた携帯性と操作性が高く評価されたのです。プリンターにお客様の個人情報が残らないことも重要要件でした。

システム概要と特徴

  • 出力見本
    出力見本
    出力見本
    出力見本
  • ●渉外担当は毎朝、担当顧客の預金/融資の残高情報などをPDAにダウンロードします。PDAには、従来の集金機能のほかに、顧客検索、顧客訪問予定、住宅ローンなどの相談業務支援などの機能が搭載されており、渉外業務を強力にサポートしています。

    ●お客様からの集金や通帳預かりの際、PDAからMPrintへデータ転送し、受取書/領収書などをその場で印刷します。1日平均で約20枚を出力。帰店後、PDAの各種データは、営業店のPCを介して事務センターのサーバーに蓄積されます。

システム概要と特徴図 システム概要と特徴図

ご使用の製品はこちら

A7感熱モバイルプリンターMprint

モバイルプリンターの導入事例をみる

株式会社LIXILトータルサービス 導入事例をみる
日東エネルギー株式会社 導入事例をみる
日本通運株式会社 導入事例をみる
さわやか信用金庫 導入事例をみる
株式会社ジュピターテレコム(J:COM) 導入事例をみる
株式会社INAXメンテナンス 導入事例をみる

あらゆる現場のニーズに応える
ブラザーのラベルプリンター。
低コスト、簡単操作、システム連携で
革新的なラベルソリューションを実現。

  • 使用例1
  • 使用例2
  • 使用例3

このページをシェアする