P-TOUCH CUBE ピータッチ キューブ

活用事例

CASE02
お店の雰囲気に、
ぴったりのラベルを。

花とお菓子の店 
cotito ハナトオカシト

cotito ハナトオカシト

前山 真吾・由佳

東京・西荻窪で花束やフラワーアレンジメント、お花を使ったお菓子などを販売する「cotito ハナトオカシト」を営むのは、ご夫婦である前山真吾さん・由佳さん。花担当の真吾さんとお菓子担当の由佳さんが、それぞれの個性を引き立てあいながら店舗を運営しています。今回、それまでは手書きだったネームプレートやラベルを、ブラザー『P-TOUCH CUBE PT-P710BT』で作っていただきました。

cotito ハナトオカシト

前山 真吾・由佳

東京・西荻窪で花束やフラワーアレンジメント、お花を使ったお菓子などを販売する「cotito ハナトオカシト」を営むのは、ご夫婦である前山真吾さん・由佳さん。花担当の真吾さんとお菓子担当の由佳さんが、それぞれの個性を引き立てあいながら店舗を運営しています。今回、それまでは手書きだったネームプレートやラベルを、ブラザー『P-TOUCH CUBE PT-P710BT』で作っていただきました。

「手書きプレート」が
お店のイメージと合わなかった

真吾さん:花やサボテンの鉢につけるネームプレート、お店の雰囲気を考えるとクラフト感をあまり出したくないと考えていたのですが、これまでは仕方なく手書きで作っていました。特に自分の手書き文字はあまり上手くないので、スタッフの女の子にお願いして書いてもらってたんです(笑)。
由佳さん:「P-TOUCH CUBE PT-P710BT」がお店に来てからは、ネームプレートはすべて自分たちで作っています。どうしても手が回らなくスタッフにお願いする場合も、誰が作っても同じクオリティでネームプレートやラベルを仕上げられるのが良いですね。デザインも私たちがイメージしているお店の雰囲気にとてもマッチしたものが作れます。
真吾さん:ネームプレートは銅板にラベルシールを貼って作っています。植物が入れ替わった時はラベルシールを貼り替えすればOK。商品は割と頻繁に入れ替えるので、貼り替えが簡単なのはすごく便利です。
由佳さん:P-TOUCH CUBEのラベルシールはラミネート加工されたものも多く、水に強いところがうれしいですね。お花に水やりをする際も、文字がかすんだりシールが剥がれたりという心配がありません。

豊富なテンプレートを活用して、
イメージ通りのラベルを制作

由佳さん:もう一つの商品であるお菓子には、店名を入れたシールを貼っています。お店の売りである生花を乗せて焼き上げるクッキーには、半透明のラベルシートを使用しました。そうすることで、表面のお花を隠さずに見せることができると思ったんです。
真吾さん:店名のシールは、豊富なテンプレートの中から試行錯誤して、たくさんのパターンを作ってみました。ポップなものや派手な色合いのものも試してみましたが、最終的に半透明でマットなタイプのテープに黒や白で印字したこちらのタイプが、クラシックなお店の雰囲気に最も合うことがわかりました。
由佳さん:お菓子の他にも、例えばお花と果物で作ったシロップにもP-TOUCH CUBEで作ったラベルを貼っています。使う花や果物は季節によって変わるので、ずっと同じ材料なわけではありません。その時々の材料をラベルにできるのも、1枚から作ることができるP-TOUCH CUBEならではの魅力だと思います。

メッセージを
リボンに印刷したオリジナルブーケ

真吾さん:ウエディング用にブーケやアレンジメントの作成を依頼されることもあります。そういったお祝い事のシーンでは、好きな文字が印字できるリボンテープが大活躍します。特にお気に入りなのは、ネイビーのリボンと、くすみがかった金色に近い文字色の組み合わせ。花束のクラシカルな雰囲気にとても良く合いますね。
由佳さん:これは商品ではありませんが、親しいお店の開店記念にラベルを活用したアレンジメントを制作したこともあります。アクリル板の上に半透明のラベルシールで「congratulations!」と一言添えれば、ラベルがメッセージカードのように。このアイデアは好評で、贈った方にも大変喜んでいただけました。

使用ラベルご紹介

文字色
テープ色
透明
テープ幅
12mm
テープ型番
TZe-131

文字色
テープ色
透明(つや消し)
テープ幅
12mm
テープ型番
TZe-M31

文字色
テープ色
透明
テープ幅
12mm
テープ型番
TZe-M31

文字色
テープ色
ネイビーブルー
テープ幅
12mm
テープ型番
TZe-RN34

文字色
テープ色
透明(つや消し)
テープ幅
12mm
テープ型番
TZe-M31

他のラベルデザインも、
どんどん試したくなる

試しに小学生の娘が使うプールバッグに貼る名札も作ってみましたが、とても良い感じです。P-TOUCH CUBEの思いついたらその場でサッと操作して簡単に作れるお手軽さが、チャレンジ精神を後押ししてくれるのかもしれませんね。今後もお店の中だけでなく、日常のさまざまなシーンで活躍してくれそうです。

cotito
ハナトオカシト

〒167-0042
東京都杉並区西荻北5-26-18
03-6753-2395 営業時間:11:00~19:00 (イートイン 18:00 LO)

※本原稿は、ライフスタイルメディア「キナリノ」 の記事内容をもとに制作しています

アプリ(無料)を試してみる

[P-touch Design&Print]

*アプリ内における画像、表現等につきましては
予告なく変更する場合があります。

スマートフォンアプリ ダウンロード

  • App Store
  • Google Play

このページをシェアする