銀座ハゲ天 株式会社渡辺ハゲ天

PDFアイコンダウンロード [PDF/853KB]
  • 銀座ハゲ天 株式会社渡辺ハゲ天 銀座ハゲ天 株式会社渡辺ハゲ天
  • 店舗・小売店舗・小売

    天ぷら中心の和食料理店、お持ち帰り天ぷらの惣菜店

    1928年創業の銀座ハゲ天様は、季節の新鮮なタネを安価に提供し、多くの美食家から愛された天ぷら料理店22店舗の他、1972年からは百貨店等のテナントとしてお持ち帰り天ぷらの惣菜店を全国に69店舗展開しています。

    代表取締役
    渡辺徹
    資本金
    5,000万円
    従業員数
    500名
    本社所在地
    東京都中央区銀座3-4-6
    事業所数
    全国91店(2016年2月現在)

導入目的: お持ち帰り天ぷらの惣菜商品に貼付する食品表示ラベルの印刷
導入製品: 2013年12月より、
TD-2130NSA 全店舗へ順次導入中

TD-2130NSAから印刷される詳細な食品表示ラベルが、“銀座ハゲ天”に対する信頼感を守ってくれています。

出力見本
出力見本

株式会社 渡辺ハゲ天 戸塚センター長 金澤淳 様

食品表示法等の厳格化に対応し、かつ当社がテナントとして入る各百貨店の独自ルールに則った食品表示ラベルが必要になった時、様々なラベルプリンターのなかからTD-2130NSAを選定しました。消費期限を誤りなく印字し、商品ごとに異なる原材料名・製造場所等を印刷するという要件をすべて満たしたからです。しかもコストが安く、年配の店舗スタッフでも簡単に使え、狭い店舗にも納まる小型サイズ。全国に展開するお持ち帰り天ぷらの惣菜店へ、順次導入を進めていきます。

株式会社 渡辺ハゲ天 戸塚センター長 金澤淳 様

だから私は、ブラザーを選びました!

  • 導入の成果

    詳細な原材料名を表示、消費期限も誤りなく自動印字。

    詳細な原材料名を表示、消費期限も誤りなく自動印字。

    以前は、商品別の共通シールを貼付し、消費期限と製造場所はスタンプで対応していました。しかし日付スタンプでは人的なミスが発生する危険性があり、原材料名など詳細情報の表示も不可欠に。TD-2130NSAなら時計機能内蔵で消費期限を誤りなく自動印字。また事前登録の情報をパネル操作で呼び出して印刷できます。

  • 導入の成果

    年配の店舗スタッフでも簡単に使える、優れた操作性。

    年配の店舗スタッフでも簡単に使える、優れた操作性。

    ラベルプリンターを実際に使う店舗スタッフには高齢の方も多く、誰でも簡単に使えることが必須要件でした。このため、戸塚センターでテンプレートを作成してTD-2130NSAへ転送しておくことで、各店舗ではスタンドアロンで必要な食品表示ラベルを簡単に印刷。店舗スタッフは、お客様対応に更に専念できるようになりました。

  • 導入の成果

    導入コストが、他のどの選択肢よりも圧倒的に安価。

    導入コストが、他のどの選択肢よりも圧倒的に安価。

    TD-2130NSA選定の過程では、様々な機種や遠隔操作可能なネットワーク環境が検討対象となりました。しかし一般電話回線環境のみでPCも設置しにくいテナント店舗では、スタンドアロンで多様なラベルを発行することが現実的であり、この要件を圧倒的な低コストで満たしたことも選定の決め手となりました。

ご使用の製品はこちら

操作パネル&液晶ディスプレー搭載。

食品表示ラベル向け
業務用感熱ラベルプリンター

ラベルプリンターの導入事例をみる

株式会社カワベ 導入事例をみる
株式会社福山臨床検査センター 導入事例をみる
株式会社サカエヤ 導入事例をみる
医療法人幸仁会 阪本病院 導入事例をみる
株式会社キューピット大和 導入事例をみる

あらゆるビジネスのニーズに応える
複合機・プリンターをラインアップ。
現場が求める機能・性能を備える
ブラザーのビジネスプリンター。

  • 使用例1
  • 使用例2
  • 使用例3

このページをシェアする