医療法人幸仁会 阪本病院

PDFアイコンダウンロード [PDF/402KB]
  • 医療法人幸仁会 阪本病院 院長 広川慶裕様 医療法人幸仁会 阪本病院 院長 広川慶裕様
  • 医療医療

    院長 広川慶裕様

    QL-550をオーダリングシステムと連携させることで、安価な導入コストで院内業務を効率化できました。
    ブラザーのQL-550は、オーダリングシステムとも連携できる最適なラベルプリンターでした。安価・小型で誰でも簡単に使える。しかも無償提供のSDKを使えば、オーダリングシステムから直接出力できる。ラベルのレイアウトも自由自在で、いろんな用途に使えることも大きなメリットですね。

    * システム提供していただいた株式会社ソフトウェア・サービス様
    〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原1-7-38

    Tel:06-6350-7222 http://www.softs.co.jp

  • 名 称
    医療法人幸仁会 阪本病院
    設 立
    1892年
    診療科目
    精神科、神経科、心療内科、内科、歯科
    許可病床数
    546床
    看護体制

    承認施設基準等
    精神病棟15対1入院基本料、入院基本料 看護補助加算2、精神科急性期治療病棟1(60床)、応急入院指定病院、救急告示病院、すくらんぶる(精神科デイケア)、ふきのとう(重度認知症デイケア)、リベルテ1・2・3・4(グループホーム)、すみれ草(訪問看護ステーション)
    所在地
    大阪府東大阪市西上小阪7-17
    URL
    http://www.smhc.or.jp/ (「医療法人幸仁会 阪本病院」のサイトへリンクします)

導入目的: カルテ、検体用バーコードラベルで、病院内の作業負担軽減、転記ミス防止を実現しました。
導入製品: QL-550 37台

  • 卓上設置可能な
    小型サイズ
  • 安価なコストで
    大量導入
  • 使いやすく、
    操作が簡単

オーダリングシステム導入による、残された課題。

阪本病院様は、長い伝統と実績をもつ、大阪府内有数の都市型精神病院です。2005年3月には、株式会社ソフトウェア・サービス様のオーダリングシステムを導入し、患者の診療待ち時間の短縮や業務効率化、チーム医療推進のための情報共有化などを実現しました。

しかし、医師が入力した投薬や検査などのオーダー情報は、改めて医師がカルテへ転記しなければならず、高い作業負担や転記ミスの危険性などの問題が残りました。また血液や尿などの検体容器に貼付するバーコードラベルの生成も不可欠でした。

医療法人幸仁会 阪本病院様
医療法人幸仁会 阪本病院様

だから私は、ブラザーを選びました!

  • 導入の背景

    オーダリングシステム導入

    導入の成果

    医師と看護師の作業効率化

    医師のオーダーに基づいて検体容器用のバーコードラベルが出力されるため、看護師の作業も大幅に軽減されました。

  • 導入の背景

    オーダー情報の転記が必要

    導入の成果

    転記ミス防止の実現

    医師が入力したオーダー情報は、その場でQL-550から出力され、カルテへ貼付られるため、医師の作業負荷の軽減と転記ミスの防止が実現しました。

  • 導入の背景

    検体容器用のラベルも必要

    導入の成果

    患者サービスの大幅向上

    院内業務を効率化するオーダリングシステムと、安価で省スペースという最適な出力環境を提供するQL-550を組み合わせることにより、同病院での転記作業は一挙に軽減され、しかも患者サービスは大幅に向上したのです。

安価で小型サイズ、しかも
誰でも使いやすい操作性。

こうした課題を解決するために、同病院では当初、業務用プリンターの導入や、レーザープリンターによるA4版タックシールの出力を検討しました。しかし、決して広くない診察室に設置するにはいずれもサイズが大きく、また全診察室に一挙に設置するには導入価格も高額でした。

これを解決したのがブラザーのQL-550。コンパクトサイズで、操作も簡単、しかも業務用プリンターに比べて極めて安価なQL-550は、同病院のニーズを完璧に満たしました。2005年3月に32台が導入され、その後5台が追加設置されました。

オーダリングシステムとQL-550の連携概要

  • 出力見本
    出力見本
    出力見本
    出力見本
  • システムの概要

    医師が診察を行い、投薬・注射・処置・検査などのオーダーをノートPCからオーダリングシステムへ入力します。その情報は、作業療法室・薬局・検査課などへ送られるとともに、医事会計課のレセプトシステムと直結しています。

システム概要と特徴 システム概要と特徴

ご使用の製品はこちら

感熱ラベルプリンター

ラベルプリンターの導入事例をみる

株式会社カワベ 導入事例をみる
株式会社福山臨床検査センター 導入事例をみる
株式会社サカエヤ 導入事例をみる
医療法人幸仁会 阪本病院 導入事例をみる
株式会社キューピット大和 導入事例をみる

あらゆるビジネスのニーズに応える
複合機・プリンターをラインアップ。
現場が求める機能・性能を備える
ブラザーのビジネスプリンター。

  • 使用例1
  • 使用例2
  • 使用例3

このページをシェアする