株式会社サカエヤ

PDFアイコンダウンロード [PDF/800KB]
  • 株式会社サカエヤ 株式会社サカエヤ
  • 店舗・小売店舗・小売

    近江牛の小売り・卸販売・インターネット販売

    サカエヤ様は、志の高い生産者とともに、輸入飼料に頼らない安心・安全で本当においしい近江牛を提供しています。店舗やインターネットでの販売の他、ホテルや有名レストランへの卸販売も拡大しています。

    設立
    1989年
    代表取締役
    新保吉伸
    所在地
    滋賀県草津市追分南2-1-7
    主要取引先
    一般個人、学校、レストラン、ホテル等
    URL
    http://www.omi-gyu.com (「株式会社サカエヤ」のサイトへリンクします)

導入目的: 多種類の商品表示ラベルの印刷、牛個体識別番号の印刷
導入製品: 2014年11月より、
TD-2130NSA 1台導入

バーコードリーダーやパネル入力で商品表示ラベルと、牛個体識別番号の印刷ができるようになり、助かっています。

出力見本
出力見本

株式会社サカエヤ 店長 鷲尾房恵 様

ブラザーのTD-2130NSAと出会えて、本当に良かったと思います。近江牛のインターネット販売や有名レストラン向けの業務用販売が拡大するなかで、非常に多種類の商品ラベルを、つどグラム数表示を変更して印刷するという要件は、それまでの店舗販売用の計量器付きプリンターではとても満たせませんでした。また牛個体識別番号のラベル表示も必須となりました。安価で小型で、バーコードリーダーとパネル入力を併用できるラベルプリンターは、実はTD-2130NSA以外にはなかったのです。

株式会社サカエヤ 店長 鷲尾房恵 様

だから私は、ブラザーを選びました!

  • 導入の成果

    2つの入力方式で、多種類・ 多枚数のラベル発行を実現。

    2つの入力方式で、多種類・ 多枚数のラベル発行を実現。

    精肉業の商品表示ラベルは、冷蔵・冷凍の区別、消費期限、部位と用途、グラム数などが変わるため、非常に種類が多くなります。事前に項目別のデータベースを作成し、バーコードリーダーで必要なテンプレートを呼び出し、さらにパネルからグラム数と枚数を入力する必要があります。TD-2130NSAは、このニーズに見事に応えました。

  • 導入の成果

    牛個体識別番号のラベル出力にも、効率的に対応。

    牛個体識別番号のラベル出力にも、効率的に対応。

    BSE問題を契機に、牛個体識別番号の表示が義務化されました。既設の計量器付きプリンターを使用していましたが、個体識別番号を印刷するたびごとに必要だったカートリッジ交換の手間や時間を無くすため、専用機を探しました。TD-2130NSAなら当該バーコードをスキャンするだけで、迅速かつ簡単に番号表示ラベルを印刷できます。

  • 導入の成果

    安価で小型サイズ、作業を効率化する抜群の操作性。

    安価で小型サイズ、作業を効率化する抜群の操作性。

    コンパクトサイズで操作性抜群のTD-2130NSAは、手狭なバックヤードでの効率的な作業に貢献しています。また高額な専用機と同等の機能を持ちながら、非常に安価。修理費用の節約も可能です。さらにラベルのレイアウトを自由に設計できるので、同社ではソーセージなどの加工品のレシピラベル作成にも活用しています。

ご使用の製品はこちら

操作パネル&液晶ディスプレー搭載。

食品表示ラベル向け
業務用感熱ラベルプリンター

ラベルプリンターの導入事例をみる

株式会社カワベ 導入事例をみる
株式会社福山臨床検査センター 導入事例をみる
株式会社サカエヤ 導入事例をみる
医療法人幸仁会 阪本病院 導入事例をみる
株式会社キューピット大和 導入事例をみる

あらゆるビジネスのニーズに応える
複合機・プリンターをラインアップ。
現場が求める機能・性能を備える
ブラザーのビジネスプリンター。

  • 使用例1
  • 使用例2
  • 使用例3

このページをシェアする