製造 日本モレックス株式会社 様

社名
日本モレックス株式会社
設立
1970年6月(昭和45年)
本店所在地
神奈川県大和市深見東1-5-4
資本金
120億円
売上高
1,040億円
従業員数
1,771名
事業内容
情報・OA・通信・FA機器・家電製品・自動車機器等のコネクター、ICソケット手動、自動圧着・圧接工具等の製造販売
関連会社
世界17ヵ国に45工場、38ヵ国に76営業拠点
URL
http://www.molex.co.jp/
(「日本モレックス株式会社」のサイトへリンクします)

PCと連携して耐久性に優れたラベルを自動出力、
製品1本ごとの品質トレーサビリティを実現しました。

PCとの連携性、ラベルの品質などの面でピータッチ9500pcは当社の生産管理に最適でした。

研究開発本部 先端技術開発部 1グループ グループ長

水村 晶範 様

導入製品

だから私は、
ブラザーを選びました!

  • 導入の背景

    製品のトレーサビリティ確保に
    対応するプリンタが課題に。

    • 製品個々の検査データが必須
    • 当初A4版ラベルシールで対応
    • 印刷ミスや貼付ミスが課題に

    コネクター専業メーカーとしてグローバルに事業を展開する日本モレックス様は、2007年1月、サーバ/ストレージ製品向け高速信号伝送用ケーブル「iPassシリーズ」を開発しました。その高品質性を保証するために、製品1本ごとの検査データ収集とトレーサビリティ確保が必須だったため、当初はA4版のラベルシートにシリアルナンバーをプリンタで印字し、手作業でカットと貼付を行いました。しかし印刷や貼付作業でミスが発生。この工程における改善が緊急課題となりました。

  • 選択した理由

    耐久性や環境基準を
    クリアしたラベルで
    作業効率を改善。

    • PCと連携しラベルを自動出力
    • 優れた耐久性/耐熱性/粘着性
    • RoHS等の環境基準もクリア

    同社が新しいラベルプリンタに求めた要件は、まずミスなく効率的な作業を行うために、電気検査器やPCと連携して、製品に貼付するラベルを1枚ずつ自動的に出力できること。またラベルが貼付されるコネクターは様々な条件下で使用されるため、ラベルが耐久性・耐熱性・粘着性に優れていること。さらにRoHS等の環境付加物質含有規制をクリアしていることなどでした。同社は複数のプリンタを検討しましたが、この厳しい要件をすべて満たしたのがピータッチ9500pcでした。

  • 導入の成果

    製品1本ごとの照会対応や
    社内業務の効率化に貢献。

    • 作業現場の作業効率向上
    • 完璧なトレーサビリティ
    • 開発/工場間の業務も円滑化

    同社では現在、「iPassシリーズ」の各工程にピータッチ9500pcを設置しています。検査オペレーターは煩わしい手作業をすることなく、工程移動表のバーコードをスキャンするだけでラベルを自動出力。作業効率は大幅に向上しました。当初の目的であった製品1本ごとの検査データのトレーサビリティも完全に実現し、問い合わせにはシリアル番号での照会で対応しています。また開発部署と生産工場との連携もスムースになり、社内業務の円滑化にも貢献しています。

PDF 導入事例をPDFで見る [353KB]

デモ機貸出しサービス

製品の導入検討、顧客へのご提案を検討されている法人様向けに、
ブラザー製品のデモ機を2週間無料で貸出しいたします。
この機会に是非お試しいただき、導入をご検討ください。

  • ビジネスプリンター
  • ドキュメントスキャナー
  • ラベルプリンター
  • モバイルプリンター
  1. STEP.1 PCからお申し込みSTEP.1 PCからお申し込み
  2. STEP.2 3営業日以内にご連絡STEP.2 3営業日以内にご連絡
  3. STEP.3 ご利用スタートSTEP.3 ご利用スタート
  4. STEP.4 貸出機のご返送STEP.4 貸出機のご返送

2週間無料!フリートライアルお申し込み

スタイルで選ぼう。 ブラザーのドキュメントスキャナー
どうする?あなたの職場!それ、ブラザーにしません課!
ブラザータウン
スタイルで選ぼう。 ブラザーのドキュメントスキャナー
どうする?あなたの職場!それ、ブラザーにしません課!
ブラザータウン

このページをシェアする