合資会社 加藤螺子製作所

PDFアイコンダウンロード [PDF/650KB]
  • 合資会社 加藤螺子製作所 合資会社 加藤螺子製作所
  • 製造製造

    バーコードラベルを印刷するためラベルプリンターを導入。

    自動車会社や電機会社向けに、産業用ネジを作っている加藤螺子(らし)製作所様。産業用のネジは、形状も大きさも多岐にわたり、取り扱いアイテム数は3,400種類にもおよびます。
    このように典型的な多品種少量生産品である産業用ネジを生産するためには、正確かつ効率的な生産管理体制が不可欠で、同社ではバーコードラベルを利用して工程進捗管理を行っています。そのバーコードラベルを印刷するラベルプリンターとして採用されたのが、ブラザーのピータッチ9500pcです。

    名 称
    合資会社 加藤螺子製作所
    設 立
    1954年6月(昭和29年)
    本社所在地
    愛知県瀬戸市坊金町227-1
    資本金
    1,500万円
    売上高
    10億円
    従業員数
    約100名
    事業内容
    3,400種類にもおよぶ産業用ネジを生産
    工場
    愛知県内に2ケ所
    URL
    http://www.kato-ss.co.jp/ (「合資会社 加藤螺子製作所」のサイトへリンクします)

    ※掲載内容は掲載時のもので、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

導入目的: 汚れに強く、はがれにくいバーコードラベルを簡単作成。Excelのデータをピータッチ9500pcへ取り込みフル活用。
導入製品: ピータッチ9500pc

  • 汚れやかすれに強い「耐久性」
  • はがれにくい「粘着力」
  • 手ごろな
    導入費用

専務取締役 加藤誠様

過酷な環境にも耐えうる高品質なラベルに満足しています。
当社は、今後も、良いネジを作って、広く社会のお役に立ちたいと考えております。そのためには、工場内の大きな機械から小さなラベルプリンターまでが、一致協力して、正しくつながって動いていく必要があります。工場内の過酷な環境でも使用に耐えうる非常に品質の高いバーコードラベルを印刷できるピータッチ9500pcは、小さな機械かもしれませんが、当社にとっては欠かすことのできない大事な資産の一つです。

専務取締役 加藤誠様
専務取締役 加藤誠様

だから私は、ブラザーを選びました!

  • 導入の背景

    3,400もの産業用ネジを生産

    導入の成果

    ラベルエディターソフトが付属

    これまで使用していた事務用ラベルライターの付属ソフトでは、出力するラベルのサイズに合わせ、自分で文字を小さくしなければなりませんでした。

  • 導入の背景

    バーコードで工程進捗を管理

    導入の成果

    文字のサイズを自動調整

    しかし、P-Touchエディター(ピータッチ9500pcに付属のラベルエディターソフト)なら、Excelで管理している機械や社員などのデータをそのまま取り込み、ソフトの方で自動的に文字のサイズを調整して、指定のサイズのラベルに収めることができます。

  • 導入の背景

    ピータッチでラベルを印刷

    導入の成果

    Excelのデータをそのまま利用

    入力・編集作業が簡単になり、ラベルの印刷作業の効率が大幅に改善されました。

工場だから求められる「耐久性」と「粘着力」

ラベルプリンターを選定するにあたり、基準となったのはラベルの「耐久性」と「粘着力」。工場内では、油煙、粉塵、塵芥などが発生し、バーコードが読み取れなくなることもあるので、ラミネート加工が強固で、汚れやかすれに強い「耐久性」が求められます。

また油煙が発生することで、鋳物の機械の表面はラベルがはがれやすくなってしまうので、バーコードラベルには強い「粘着力」も必要になります。これらの条件を満たし、価格も手ごろだったことがピータッチ9500pcを選ぶポイントとなりました。

ご使用の製品はこちら

ラミネートラベルプリンター

ラベルプリンターの導入事例をみる

株式会社カワベ 導入事例をみる
株式会社福山臨床検査センター 導入事例をみる
株式会社サカエヤ 導入事例をみる
医療法人幸仁会 阪本病院 導入事例をみる
株式会社キューピット大和 導入事例をみる

あらゆるビジネスのニーズに応える
複合機・プリンターをラインアップ。
現場が求める機能・性能を備える
ブラザーのビジネスプリンター。

  • 使用例1
  • 使用例2
  • 使用例3

このページをシェアする