株式会社キューピット大和

PDFアイコンダウンロード [PDF/821KB]
  • 株式会社キューピット大和 株式会社キューピット大和
  • 店舗・小売店舗・小売

    食品スーパーマーケット (全日食チェーン)

    キューピット大和様は、南魚沼市に密着した店舗運営が特長です。なかでも商圏内で最大規模の産直コーナーは、十数名の生産者がその日収穫した地元の穫れたて野菜を1日で売り切るという、同社自慢の売場です。

    設立
    1991年3月
    代表取締役
    関 千年雄
    所在地
    新潟県南魚沼市浦佐1153-1
    電話番号
    025-777-2025(事務所)

導入目的: 店内の産直コーナーで販売される地元野菜用インストアラベルの印刷
導入製品: 2015年4月より、
TD-2130NSA 1台導入

食品スーパーで産直野菜を販売する際、高齢の生産者でも使える優れた操作性とラベル設計の自由度の高さが必須でした。

優れた操作性と自由度の高いラベル設計
優れた操作性と自由度の高いラベル設計

株式会社キューピット大和 専務取締役 清水幸夫 様

ブラザーのTD-2130NSAを1年ほど使っていますが、まったくトラブルがありません。新聞広告を見て、その価格の安さに驚き、当社の要件に合った商品ラベルが本当に印刷できるのか心配したのが嘘のようです。無料貸出期間に実際に使いましたが、従来の他社製のラベルプリンターより操作が簡単で、お客様から見やすいラベルが自由に作れることが解りました。生産者名や住所、収穫日まで印字されるので、安心安全で新鮮な地元野菜をご提供する産直コーナーにぴったりでした。

株式会社キューピット大和 専務取締役 清水幸夫 様

だから私は、ブラザーを選びました!

  • 導入の成果

    極めて安価なのに、高い機能性と使い易さに驚き。

    極めて安価なのに、高い機能性と使い易さに驚き。

    産直コーナーでは、これまで他社製のラベルプリンターを使っていました。価格が十数万円と高く、パネル上のボタンが多く高齢の生産者には使いにくいプリンターでした。TD-2130NSAは安価で、かつ必要な機能を完備、操作性も抜群です。生産者は、4回のパネル入力(生産者番号、商品番号、価格、枚数)だけでラベル印刷が可能です。

  • 導入の成果

    産直野菜の理念を反映できる、自由なレイアウト。

    産直野菜の理念を反映できる、自由なレイアウト。

    産直野菜は「安心安全で新鮮」であることが理念です。TD-2130NSAは印字項目やレイアウトを自由に設計できるため、この理念を商品ラベルに反映できます。生産者名と住所はコード入力で、また収穫日は内蔵の時計機能により印刷。お客様に見やすいよう価格の文字を大きくする等、小さなラベルに多くの工夫を施すことができます。

  • 導入の成果

    一般青果部門のラベルプリンターの予備機としても検討中。

    一般青果部門のラベルプリンターの予備機としても検討中。

    同社では今、一般商品のラベルは他社製の専用機から印刷しています。しかし価格が数十万円と高額で、毎月保守料金も発生します。このためTD-2130NSAを一般青果部門で使用する商品ラベル用プリンターの予備機として導入することを検討中。コスト削減を図りながら、お客様目線に立った商品ラベルの実現を目指しています。

ご使用の製品はこちら

操作パネル&液晶ディスプレー搭載。

食品表示ラベル向け
業務用感熱ラベルプリンター

ラベルプリンターの導入事例をみる

株式会社カワベ 導入事例をみる
株式会社福山臨床検査センター 導入事例をみる
株式会社サカエヤ 導入事例をみる
医療法人幸仁会 阪本病院 導入事例をみる
株式会社キューピット大和 導入事例をみる

あらゆるビジネスのニーズに応える
複合機・プリンターをラインアップ。
現場が求める機能・性能を備える
ブラザーのビジネスプリンター。

  • 使用例1
  • 使用例2
  • 使用例3

このページをシェアする