Web会議とは

2018.10.1

Web会議の料金体系を比較&解説!
ID制?ルーム制?同時接続数制?適切な料金プランの選び方

Web会議システムを比較検討する際、各社の料金体系の違いに迷った経験はありませんか?Web会議システムはメーカーによって料金設定が異なり、単純比較がしづらいものです。その理由は「利用目的や利用頻度などによって最適なプランが異なるため」。この記事では、各料金体系の違いについて解説いたします。利用目的などに照らし合わせながら、最適な料金プランを選定してください。

※名称はメーカーによって異なります。本記事では、一般的に多く使われる名称を採用しています。
※2018年9月時点での弊社独自調査によるものです。変動する場合もあり、保証いたしかねますのでご了承ください。

Web会議の料金体系
従量課金制 or 定額制

Web会議システムの料金体系は、大きくは「従量課金制」と「定額制」に分かれます。

従量課金制

「1分○円」のように、利用時間によって課金されるもの。
初期費用や月額基本料金がかからないものが多く、利用頻度が少ない場合やスポット利用に適しています。一方、予算を組みにくいことや、時間を気にして会議に集中しづらくなる点はデメリットです。

<こんなときに>
・緊急時など、スポットで必要な時だけ利用したい
・サブツールとして利用したい(テレビ会議システムをメインに使い、Web会議システムはBCP用として備えるなど)
・毎月の利用頻度・時間が極端に異なる

定額制おすすめ

利用時間を気にせず使い放題の定額制。予算を組みやすいのがメリットです。
毎月一定以上の使用が予想され、積極的な活用を推進していきたい場合に最適。初期費用の設定はメーカーによってさまざまです。

<こんなときに>
・メインツールとして利用し、利用頻度が高い
・事務所と現場などの常時接続に使いたい
・利用拠点数や利用者数が多く、頻繁なコミュニケーションが必要

近年は、遠隔会議にとどまらず、在宅勤務やオンライン商談など幅広い用途でWeb会議を使う企業が増えています。定額制なら、新しい使い方にもチャレンジしやすくおすすめです。

Web会議の料金体系
ID制 or ルーム制 or 同時接続数制

料金の計算基準も、メーカーによって異なります。

ID制

Web会議に参加するユーザーごとにIDを発行し、そのID数によって料金が決まるタイプ。
会議の開催数や同時開催に制限がない場合が多いです。IDがないと会議に参加できないため、あらかじめ利用者が決まっている(かつ少人数である)場合に適しています。

ルーム制

会議室の数によって料金が決まるタイプ。貸し会議室の考え方に似ています。
ユーザーや利用人数に制限がない場合が多いです。オンラインの会議が1~2種類に限られていて、1回の利用人数が多い場合に適しています。

同時接続数制おすすめ

同時接続する最大端末数によって料金が決まるタイプ。
最大端末数の範囲内であれば「誰でも」使うことができ、会議室も自由に作って利用できます。複数の会議を同時開催できることも多く、会議室の空きを気にする必要がありません。
利用者を特定せず使えるため、社外の方も気軽に参加可能。
小規模~大規模などさまざまな会議が予想される場合や、誰もが使えるようにしておきたい場合に最適です。

料金比較で見落としがちなポイント

料金体系に関わらず、コストシミュレーションをする際に見落としがちなポイントがあります。

初期費用

月額費用がどんなに安くても、初期費用が多くかかってしまうと、導入時のハードルは上がってしまいます。必ず初期費用まで含めてシミュレーションをしましょう。
初期費用0円!ブラザーのWeb会議システム「OmniJoin」

オプション追加費用

何の機能が標準搭載で、何がオプションなのか、必ず確認しましょう。
例:資料共有機能、多人数接続、スマホ・タブレット対応、海外対応、サポートなど

利用制限

制限があることで、超過料金やオプション追加などによって結果的に費用が高くついてしまうことがあります。
例:最大利用時間、ユーザー数、同時開催会議数、資料共有できるファイルの種類、接続端末の種類など

利用者や会議数を制限しない、完全定額の料金体系
ブラザーのWeb会議「OmniJoin(オムニジョイン)」

料金体系に関わらず、コストシミュレーションをする際に見落としがちなポイントがあります。
OmniJoinの料金プラン

●定額制なのに初期費用0円!

Web会議導入のハードルを少しでも下げるため、OmniJoinは徹底して導入時の費用を抑えました。初期費用が0円であるだけでなく、初月利用料も0円!月額費用もリーズナブルな完全定額制で予算が組みやすく、法人利用にぴったりです。

●同時接続数制

料金基準は「同時接続数制」を採用しています。利用者を特定することなくご利用いただけますので、社外の方も招待いただけます。ビジネスフレックスプランなら、社員全員へ無制限にIDを発行でき、複数同時開催も可能です。
OmniJoinの料金プラン

●ビジネスに必要な機能を標準搭載

資料共有、録画機能、リモート設定機能、スマホ・タブレット対応、海外対応など、必要な機能を標準搭載。テレビ会議に劣らない高画質・高音質も特長です。
※エコノミープランの場合、一部機能に制限がございます

機能や品質は、ぜひフリートライアルでお確かめください。
2週間のフリートライアル実施中!

料金体系に限らず、Web会議の選定は利用目的や利用頻度をしっかり考えておくことがポイントです。高いコストパフォーマンスを発揮する製品を選びたいですね。
ブラザーでは、Web会議システムの比較検討に役立つ資料「はじめてのWeb会議選定ガイド」をご用意しています。ぜひこちらもダウンロードしてご覧ください。

PDFを無料ダウンロード!あらゆる業界で使える!活用方法をまとめました 資料をダウンロードする
OmniJoinについてさらに詳しく見る

OmniJoinについてさらに詳しく見る

  • PDFを無料ダウンロード!あらゆる業界で使える!活用方法をまとめました

OmniJoin オムニジョイン 安心の国内ブランドの高画質高機能Web会議システム 初期費用0円 月額9,600円~

OmniJoinを体験する

正規版そのままの機能を2週間無料で
お使いいただけるフリートライアル。
お申し込みは簡単3ステップ。

2週間無料!フリートライアルお申し込み

このページをシェアする