プリント日和|暮らしに役立つ情報とプリンター活用術をご紹介!

暮らしに役立つ情報とプリンター活用術をご紹介!

仕事掲載日:2021-04-12

【新しい生活様式】店舗営業で取り入れたいプリンター活用術

【新しい生活様式】店舗営業で取り入れたいプリンター活用術

新型コロナウイルス感染症対策のため、店舗では安心してお客様に来店していただくための取り組みが欠かせないものとなっています。

マスク着用やアルコール消毒など、店舗でも積極的にお客様に呼びかけていきたいことはさまざま。それらをしっかりと伝えるためには、掲示物が有効です。今回は新しい生活様式での店舗営業時に知っておきたいプリンターの活用術を解説します。

PR

【ケース別】店舗営業に役立つ掲示物

厚生労働省や公共施設をはじめ、さまざまなウェブサイトでは無料で新型コロナウイルス感染予防対策の掲示物がダウンロード可能となっています。

一般的にA4サイズで印刷するだけで掲示できるようなサイズ加工がされているため、目的に沿ったものを選んで利用しましょう。その際は、緊急事態宣言や各自治体が発布する措置、指導に準拠した利用でなければなりません。

コロナ禍の店舗営業に役立つ掲示物【来店時】

コロナ禍の店舗営業に役立つ掲示物【来店時】

来店時は入店前、入店後の手指の消毒や飲食時以外のマスク着用、体調不良の方への注意喚起、入店制限の呼びかけが必要です。特に小さい店舗での入店制限については、具体的な人数(一度に入店可能なのは○名まで)と記載しておくことで、お客様の方で混み合う状況を避けるよう誘導できます。同じく、体調不良の方への目安として具体的な体温を記載すれば、入店時の体温チェックでトラブルも防止できるでしょう。

外出時のエチケットとしてマスクの着用は広く認知されていますが、紛失してしまう可能性もあります。そんなときは「マスク着用」を呼びかけると同時に、「配布も行っています」と添えておけば、お客様に安心していただけるはずです。

さらにジムやサウナ、銭湯では利用者のご連絡先の記入が求められています。その旨を入り口にしっかり記載しておけば、利用者のスムーズな案内にもつながるでしょう。

コロナ禍の店舗営業に役立つ掲示物【店内】

飲食をしているお客様は、会話が弾んでマスクを外してしまう……といったこともあるかもしれません。その場で注意をするのが難しい場合は、「黙食(もくしょく)にご協力ください」といった掲示物を飲食スペースに貼っておきましょう。

コロナ禍の店舗営業に役立つ掲示物【デリバリー、テイクアウト】

コロナ禍の店舗営業に役立つ掲示物【デリバリー、テイクアウト】

時短営業を実施している飲食店では、デリバリーやテイクアウトを積極的に行っています。お店の味を家でも楽しめるため、お客様の間でも注目されていますが、テイクアウトしていることを知らなかった……ということも。そんなときは、人気メニューの写真や値段とともに、テイクアウト対応も可能であると掲示物でお知らせしましょう。

加えて、テイクアウトした飲食物は、湿度や気温の高いところに置くと傷みやすく、食中毒が発生する恐れもあります。温かいうちに早めに食べること、食べる前にはあらためてきちんと手を洗って消毒することを呼びかけましょう。

コロナ禍の店舗営業に役立つ掲示物【お手洗い】

お手洗いでは、あらためて手洗いや手指消毒について掲示しておくのが重要です。特に手洗いに関しては「30秒の手洗いが効果的です」と時間を示せば、お客様もしっかり手洗いをしてくれることでしょう。

お手洗いの掲示物は水で濡れることも想定されるため、ラミネート加工をするか、ラベルシールを作成するのがおすすめです。

コロナ禍の店舗営業に役立つ掲示物【お会計時】

レジに並ぶ際は、ソーシャルディスタンスを保つよう間隔をあけるように呼びかけましょう。

コロナウイルスの感染経路のひとつである飛沫感染は、くしゃみや咳が原因です。このくしゃみや咳によるしぶきが到達する距離が、くしゃみで3m、咳で2mと考えられており、厚生労働省では、保つべき距離として相手との距離を約2m(最低でも1m)取ることを推奨しています。

足元にラベルシールで目安となるラインを記載すれば、安全にお客様にお待ちいただくこともできるでしょう。

コロナ禍の店舗営業に役立つ掲示物【防犯】

休業や時短営業の店舗を狙い、各地では盗難や窃盗の被害が起こってます。「防犯カメラ作動中」「セキュリティ装置稼働中」といった掲示物を目に見えるところに掲示し、盗難や窃盗被害から店舗を守るようにしましょう。

店舗で使うプリンターの選び方

店舗で使うプリンターの選び方

新しく掲示物を用意しようとすると、プリンターを使う機会はぐっと増えます。新しくプリンターを用意する場合は、どんな点をもとに選ぶと良いのでしょうか。

大容量インクカートリッジ搭載

掲示物を目立たせるためには、カラー印刷であることが欠かせません。鮮やかなカラープリントを何枚も印刷するうえで、インク交換の頻度が少ない大容量インクカートリッジ搭載のプリンターは店舗での使用に最適です。

コンパクトなプリンター

店舗の事務所など、プリンターを置くスペースがなかなか確保できないこともあるかもしれません。だからこそ、小型で省スペースにも設置できるコンパクトなプリンターを選ぶと良いでしょう。

おすすめのプリンターはこちら

PR

お客様を守る店舗営業

お客様を守る店舗営業

新型コロナウイルス感染防止をきっかけに、生活様式は大きく変わりました。お客様の間には不安も生じていますが、、少しでもいつもの味を楽しんだり、サービスを受けることで安らぎが得られることも事実です。

お客様が安心して来店できるよう、店舗の方でもプリンターを使った呼びかけを徹底していきましょう。

※この記事の内容は、記事掲載開始当初、もしくは更新時のものです。
※この記事でご提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めておりますが、完全さを保証するものではありません。当社は、当サイトの内容に関するいかなる誤り・不掲載について、一切の責任を負うものではありません。

このページをシェアする