工業用ミシン

2018 アパレルマシンショー

本イベントは終了しました、イベントの様子は、以下をご覧ください。

日時 2018年9月21日(金)9:30~17:00、22日(土)9:30~15:00
会場 久留米地域地場産業振興センター(地場産くるめ) (ブース番号:24)

出展機

本縫ダイレクトドライブ自動糸切りミシン S-7300A

水平方向の送り機構を電子化した、ダイレクト電子送り「DigiFlex Feed」を世界で初めて採用した一本針本縫いミシンです。 従来の常識を覆す高品質な縫いの実現と生産性向上に市場より高い評価を得ています。ブラザー独自の針折れ防止機能をはじめ、 デザインステッチによる新価値の提案、鳥の巣・糸残り長さ・段部縫製時の目詰まり低減などの多彩な機能を搭載。カラータッチパネル、手元スイッチ、USBポートなどオペレーターが使いやすい機能も充実しています。

本縫ダイレクトドライブ自動糸切りミシン S-7300A

本縫ダイレクトドライブ自動糸切りミシン S-7250A

S-7300Aにも搭載されているダイレクト電子送り「DigiFlex Feed」を採用。 調整の手間なく、針折れ・パッカリング・縫いずれといった、様々な縫製トラブルを解決します。 操作パネルはシンプルでピッチの数値管理や、送り歯軌跡の変更を簡単に行うことができ、縫製品質の改善をリーズナブルな価格で実現します。

本縫ダイレクトドライブ自動糸切りミシン S-7250A

本縫ダイレクトドライブ電子閂止めミシン KE-430HX

世界トップクラスの縫製スピードと針冷却装置の糸切れ防止により、高速縫製を可能にしました。 縫い終わりの糸処理作業を低減(残短糸)し、標準装備の糸つかみ装置で縫い始めの糸抜けと鳥の巣を抑制します。 従来機種に搭載されていたデジタルテンションも標準装備。素材に対応した上糸テンションを簡単に設定することができます。

本縫ダイレクトドライブ電子閂止ミシン KE-430HX

本縫針送りダイレクトドライブ自動糸切りミシン S-7220C

針送り機構により均一な縫い目を実現するとともに、省エネも実現しました。 水平送り軸から運動を伝えるため、針と送りのタイミングを一致させ、縫いずれを防止します。 また、針が折れる確率を大幅に抑えることができる、針折れ防止機能を搭載しています。

本縫針送りダイレクトドライブ自動糸切りミシン S-7220C

電子鳩目穴かがりミシン RH-9820

最高回転数2,500sti/min で生産性を高めます。 針落ち精度の高さと、生地のハンドリングを抜群に容易にする広いフトコロで、美しい仕上りを実現します。 使いやすい操作パネルの搭載、油汚れのないクリーン縫製等、信頼性の高いミシンです。

電子鳩目穴かがりミシン RH-9820

* 都合により展示モデルを変更する場合もございますのであらかじめご了承お願いします。

イベントに関するお問い合わせ

ブラザー工業株式会社
マシナリー事業 工業ミシン営業部 安井、近藤
TEL:0566-95-0088 FAX:0566-25-3721

サポート

工業用ミシンお問い合わせ窓口

  • お問い合わせ

    カタログ請求、ショールーム見学、ミシンに関するご相談など、こちらからお問い合わせください

このページをシェアする