ハンドメイドがもっと楽しくなる!手作り情報サイト

ハンドメイドがもっと楽しくなる!手作り情報サイト

くらし

帆布をミシンで縫う方法は?丈夫さが魅力の帆布で身近なアイテムを作ろう

帆布をミシンで縫う方法は?丈夫さが魅力の帆布で身近なアイテムを作ろう

お店でよく見かける帆布のおしゃれなバッグやポーチ。「自分でも作りたい!」という思いがあっても、なんだか生地が厚くて難しそうだからと諦めていませんか?

実は、お家にあるミシンでも帆布生地を使ったおしゃれなバッグやポーチといったアイテムが作れます。今回は、帆布の魅力や家庭用ミシンで縫う方法をご紹介します。

どんなものが作れるの?帆布には魅力がいっぱい

どんなものが作れるの?帆布には魅力がいっぱい

■帆布の特性

帆布とは、麻や綿を平織りした厚地で丈夫な布のことをいいます。帆船の帆に使われていたことから「帆布(はんぷ)」と呼ばれるようになったそうです。帆船の帆以外でも、学生用のかばんやスニーカー、油絵用のキャンバス、テントなどさまざまなものに使われています。

帆布の特徴は、とにかく丈夫であること。船の帆やトラックの幌にも使われるだけあって、簡単には破れません。さらに、ナイロンなど他の生地と違って燃えにくいという性質も。水を通しにくい性質もあり、少しくらい水に濡れても中身が濡れる心配がありません。

丈夫で濡れても安心という特質を知れば、学生用のかばんにも使われているのにも納得がいくはず。また、帆布は使っているうちに生地が柔らかくなり、風合いや色合いの変化を楽しめるということも、おしゃれなグッズやハンドメイドで人気がある理由のひとつです。

■帆布を使って作れるものは?

家庭用ミシンを使えば、帆布でポーチやペンケースのような小物入れ、トートバッグなどのバッグ類、エプロン、お弁当入れ、洋服など、日常で使えるさまざまなアイテムが作れます。

手作りすれば大きさなどを自由に調整できるので、自分仕様のオリジナル作品ができます。帆布は丈夫なため、毎日使うお子さま用の通園かばんなどにもおすすめです。

帆布をミシンで縫うときの針や糸の選び方

帆布をミシンで縫うときの針や糸の選び方

ミシンで布を縫う場合、素材によって針と糸の太さを使い分ける必要があります。

ブラザーのミシンの場合、布の種類と糸・針の関係は「布と糸と針の適合表」のようになっていますが、帆布の場合は、以下の数値を目安にするとよいでしょう。

糸の種類:ポリエステル
糸の太さ:30〜60(飾りぬいなどステッチを目立たせたい場合は、30がおすすめ)
針の種類:16
※糸は数字が小さいほど太く、大きいほど細くなります。
※針は数字が大きいほど太く、小さいほど細くなります。

帆布は、厚い順に4号から11号までありますが、家庭用ミシンで縫うことができるのは8号から11号までです。8号より厚いものになると、縫えたとしてもミシンの劣化や故障につながる可能性があるため控えましょう。

帆布を縫うときのポイントは、しっかりとアイロンをすること。帆布は生地が厚く、二つ折り・三つ折りにしてまち針で留めておくだけでは縫いにくいためです。しっかりとアイロンがけをして折り目をつけておくことで作業が楽になり、きれいに仕上げることができます。

帆布を使って自分だけのオンリーワンを作ってみましょう!

帆布と聞くと、生地が厚くて家庭用ミシンで縫えるのか不安になるという方もいると思います。ですが、布に合わせた針や糸の選び方をすれば、家庭用のミシンでも十分に作品を作れることがわかりました。

手作りの良いところは、自分だけのオリジナルが作れるということ。帆布生地を使って、おしゃれなトートバッグや小物など、日常で使えるさまざまなアイテムを作ってみてはいかがでしょうか。

帆布を使ったビッグトートのレシピ はこちら

このページをシェアする