燃料電池とは

燃料電池の基本構造

燃料電池の発電のしくみ

燃料電池は、1839年に発明された原理です。水素と酸素を燃料にして、電子を取り出して発電する装置です。排出するのは「水」だけのとてもクリーンなエネルギーです。

燃料電池の基本的構造

燃料電池の分類

燃料電池には、いくつかのタイプがあります。
ブラザーの燃料電池は、固体高分子形セル(PEFC:Polymer Electrolyte Fuel Cell)を採用しており、燃料電池車FCVやエネファームで採用されるなど、一般の用途で実績豊富な方式です。固体高分子形セル(PEFC)は、動作温度が低く、起動時間が短いため、ON/OFFの多い用途での利用に適しています。

燃料電池の分類

方式ごとの特徴、用途

燃料電池の発電方式の違いは、それぞれ一長一短があります。
PEFCは反応温度が高くとも120℃程度と、人の居住空間で比較的安全な稼働が可能な仕組みとなっていること、急速な出力ON/OFFの切替が得意なこと、燃料電池車FCVやエネファームなどで採用されていること、純水素を燃料としており、保管性が高く保守も軽く済むこと、といった特徴があります。
PEFCはバッテリーと組み合わせた長時間駆動UPS発電機のような期待がある他、発電部・燃料部ともに長期の保管が可能なことから、BCP用途でも無駄が少なく適していると言われています。

方式ごとの特徴、用途

長期保管が可能なPEFC

ブラザー燃料電池で採用しているPEFCは、反応場の外に水素と酸素が存在するため、反応が起こりません。
その結果、二次電池と比べて長期保管が可能と言われています。
水素ガスの管理、燃料電池の運用・保守ともに容易で、BCP対策用の電源として採用されるケースも増えてきています。

長期保管が可能なPEFC

ブラザー燃料電池“ならでは” のポイント

ブラザー独自の水素循環システムにより、高効率でハイパワーな燃料電池を実現

気液分離により安定した水素と酸素の反応が実現し、発電に利用されない水素が少なく効率的な運転が可能です。
独自の水素循環システムにより、高効率でハイパワーな上に、長期発電安定性、負荷追従性に優れた燃料電池を実現しました。

ブラザー独自の水素循環型システム

安全安心のトリプルセーフティ機構

ブラザー燃料電池は、3重構造の安全設計のもとつくられています。
まず、設計の工夫により燃料電池スタックや配管のつなぎから水素を漏らさない。万が一燃料電池内で水素漏れが起こった場合も、水素センサーや圧力センサーで検知して遮断。常に換気を行っており水素を装置内に溜めません。

安全安心のトリプルセーフティ機構

ブラザー燃料電池のセルスタック(発電部)

水素回路 循環型
空気極構造 外部加湿型
冷却方式 水冷式
燃料供給 純水素型

燃料電池 お問い合わせ・サポート情報

  • お問い合わせ [新しいウィンドウ]

    カタログのご請求、製品に関するお問い合わせや購入のご相談

このページをシェアする