PPPoE認証を使用する

インターネットへ接続するための設定を行います。

前提条件

  • インターネット接続に必要な配線および回線/プロバイダー契約は完了していることとします。
  • ここでは、光回線契約でPPPoE認証が必要な場合を例に説明します。
  • 1. 設定画面の「トップ」画面で[詳細設定]をクリックします。
  1. 設定画面へのログイン方法については、「設定画面へログインする」をご覧ください。
  • 2. 「Home」画面で【WAN設定】タブをクリックします。
  • 3. 「インターネット設定」メニューを選択すると、次のような画面が表示されますので、以下の手順に従い設定を行います。
「インターネット設定」メニューを選択すると、次のような画面が表示されますので、以下の手順に従い設定を行います。
No. 設定項目 設定
要否
設定値 説明
1 ルーター機能 利用する "利用する"を選択します。
2 インターネット回線種別 光ファイバー(PPPoE) "光ファイバー(PPPoE)"を選択します。
  • 上位にルーターがある場合や、PPPoEの認証が必要ない場合などは、"ADSL/CATV(ケーブルテレビ)/その他(DHCP)"を選択し、設定方法は「DHCPを使用する」をご覧ください。
3 PPPoEクライアント認証 - 使用する "使用する"固定です。
ユーザー名 (文字列入力) ユーザー名を入力します。
主に、インターネットサービスプロバイダーから指定される場合が多く、「接続ID」「認証ID」などとも呼ばれています。
パスワード (文字列入力) パスワードを入力します。
主に、インターネットサービスプロバイダーから指定される場合が多く、「接続パスワード」「認証パスワード」などとも呼ばれています。
4 WAN側IPアドレス自動取得 - 自動取得 "自動取得"を選択します。
グローバルIPアドレスを契約している場合や、回線業者/インターネットサービスプロバイダー等からの指定がある場合は、"固定IP"を選択します。
IPアドレス - (空欄) "固定IP"を選択した場合は、指定されたIPアドレスを入力します。
サブネットマスク - (未選択) IPアドレスを入力した場合に、関連付いたサブネットマスクを選択します。
デフォルトゲートウェイ - (空欄) IPアドレスを入力し、かつ指定があった場合に、デフォルトゲートウェイを入力します。
  1. 表中の○印の項目は、設定が必要です。
  • 4. No.1~4の設定が完了したら、[設定]ボタンをクリックします。

以上でインターネット接続設定は完了です。

DHCPを使用する

インターネットへ接続するための設定を行います。

前提条件

  • インターネット接続に必要な配線および回線/プロバイダー契約は完了していることとします。
  • ここでは、ADSLやCATV等でPPPoE認証が必要ない場合を例に説明します。
  • 1. 設定画面の「トップ」画面で[詳細設定]をクリックします。
  1. 設定画面へのログイン方法については、「設定画面へログインする」をご覧ください。
  • 2. 「Home」画面で【WAN設定】タブをクリックします。
  • 3. 「インターネット設定」メニューを選択すると、次のような画面が表示されますので、以下の手順に従い設定を行います。
「インターネット設定」メニューを選択すると、次のような画面が表示されますので、以下の手順に従い設定を行います。
No. 設定項目 設定
要否
設定値 説明
1 ルーター機能 利用する "利用する"を選択します。
2 インターネット回線種別 ADSL/CATV(ケーブルテレビ)/その他(DHCP) "ADSL/CATV(ケーブルテレビ)/その他(DHCP)"を選択します。
3 PPPoEクライアント認証 使用する "使用しない"を選択します。認証が必要な場合は、"使用する"を選択します。
ユーザー名 - (文字列入力) PPPoEクライアント認証を使用する場合は、ユーザー名を入力します。主に、インターネットサービスプロバイダーから指定される場合が多く、「接続ID」「認証ID」などとも呼ばれています。
パスワード - (文字列入力) PPPoEクライアント認証を使用する場合は、パスワードを入力します。主に、インターネットサービスプロバイダーから指定される場合が多く、「接続パスワード」「認証パスワード」などとも呼ばれています。
4 WAN側IPアドレス自動取得 - 自動取得 "自動取得"を選択します。
グローバルIPアドレスを契約している場合や、回線業者/インターネットサービスプロバイダー等からの指定がある場合は、"固定IP"を選択します。
IPアドレス - (空欄) "固定IP"を選択した場合は、指定されたIPアドレスを入力します。
サブネットマスク - (未選択) IPアドレスを入力した場合に、関連付いたサブネットマスクを選択します。
デフォルトゲートウェイ - (空欄) IPアドレスを入力し、かつ指定があった場合に、デフォルトゲートウェイを入力します。
  • 表中の○印の項目は、設定が必要です。
  • 4. No.1~4の設定が完了したら、[設定]ボタンをクリックします。

以上でインターネット接続設定は完了です。

専用回線に接続する

専用回線へ接続するための設定を行います。

前提条件

  • 「専用回線」を選択した場合、PPPoE認証は使用できません。
  • 固定のIPアドレスを設定して、専用線等に接続する場合を例に説明します。
  • 1. 設定画面の「トップ」画面で[詳細設定]をクリックします。
  1. 設定画面へのログイン方法については、「設定画面へログインする」をご覧ください。
  • 2. 「Home」画面で【WAN設定】タブをクリックします。
  • 3. 「インターネット設定」メニューを選択すると、次のような画面が表示されますので、以下の手順に従い設定を行います。
「インターネット設定」メニューを選択すると、次のような画面が表示されますので、以下の手順に従い設定を行います。
No. 設定項目 設定
要否
設定値 説明
1 ルーター機能 利用する "利用する"を選択します。
2 インターネット回線種別 専用回線(グローバルIPアドレス) "専用回線(グローバルIPアドレス)"を選択します。
3 PPPoEクライアント認証 - 使用しない 選択できません。
ユーザー名 - (空欄) 入力できません。
パスワード - (空欄) 入力できません。
4 WAN側IPアドレス自動取得 - 固定IP "自動取得"は選択できません。
IPアドレス (数値入力) 指定されたIPアドレスを入力します。
サブネットマスク (選択) IPアドレスに関連付いたサブネットマスクを選択します。
デフォルトゲートウェイ (文字列入力) 指定があった場合に、デフォルトゲートウェイを入力します。
  • 表中の○印の項目は、設定が必要です。
  • 4. No.1~4の設定が完了したら、[設定]ボタンをクリックします。

以上で専用回線接続設定は完了です。

ご利用中のお客様へ(サポート)

このページをシェアする