ロボット技術・産業フェア(RoboCup2017 Nagoya Japan)

RoboCup2017

イベント概要

イベント名 ロボット技術・産業フェア(RoboCup2017 Nagoya Japan)
公式サイト
会期 2017年7月27日(木)~7月30日(日)
会場
ブースのご案内 第3展示館 会場入口(交流センター)の南側
ブースのご案内

展示内容

ネームタグ製作

真鍮のプレートに工作機械で名前を切削し、ネームタグを製作できます。
ロボカップの公式ロゴも入り、世界で一つだけのネームタグです。
受付方法は後日案内予定です。

  • 写真は、イメージであり、デザインが変わる可能性があります。
ネームタグ製作

マシニング体験

アルミニウムの塊に穴あけとネジ切りを体験できます。
ネジ穴をあけたいところに、ドリルを移動させ、スタートさせます。
開けたネジ穴へ、実際にネジを締めてみよう!

  • 写真は、イメージであり、内容が変わる可能性があります。
  • マシニング体験は、常時受付する予定ですが他イベントを行っている時はできませんので、ご了承ください。
マシニング体験

ロボット部品展示コーナー

レスキューロボットを想定した機械の部品を、アルミ切削し展示します。
同じパーツで、プラスチックとアルミの差を見比べてみよう!

他にも、工作機械で加工した自動車やスマホのパーツも展示します。

ロボット部品展示コーナー

削るって何?

第1回 削るとは?

削って何だろう?と考えたことありませんか?
鉛筆を削る、不要な文字を削る、リストから名前を削る、スゲージを削る、(サッカーなどで)相手を削る、などなど

とりあえず「削る」を辞書で調べると下のような意味が出てきます。

  1. 1 刃物で物の表面を薄く切り取る。そぐ。「鉛筆を―・る」
  2. 2 一部分を取り除いて全体の量を減らす。削減する。「予算を―・る」「人員を―・る」
  3. 3 全体からその部分を取り除く。削除する。「文章を―・って短くする」「名簿から名前を―・る」

出典:デジタル大辞泉

今回紹介する工作機械は、「1 刃物で物の表面を薄く切り取る。そぐ。」と言うことをしています。

鉛筆は削りますが、ごぼうを鉛筆のように切る「ささがき」は、削るとは言わないですよね。
「切る」と言います。

何が違うのでしょう?
食べ物だから?それは違います。カツオ節は「削る」といいます。

では何?
切ったものを思い浮かべてください。ごぼうの切った物は元の位置に戻すと、切る前の形になります。
しかし、鉛筆は削った物は「形が変わっている」ので、元の位置に収まりません。

彫刻刀で木を削ると、削った木が丸まって変形していますよね。
木をノコギリで切った場合、形が変わりません(厳密には鋸刃の幅分が粉状になりますが)。

というように削るとは、目的の形をつくるために、不要な部分を変形させることを言います。

展示予定製品

コンパクトマシニングセンタ SPEEDIO(スピーディオ) S300X1

圧倒的な高生産性と環境性能を発揮する
ハイパフォーマンスマシン

S300X1

工作機械 ご購入前情報・サポート情報

スペシャルサイト

このページをシェアする