プリンター本体に転送したフォントを用いて印刷する

概要

プリンター本体に転送したフォントを用いて印刷を行ないます。
この機能は、以下のような場合にお使いいただくと便利です。
<例>

  • お客様がライセンスをお持ちのフォントを用いて、所望のイメージのラベル/レシートを印刷したい。
  • これまではプリンター本体内蔵フォントで、非対応の文字や言語がありました。
    [例]日本語の第3、第4水準の文字
    この機能を用いることにより、これらの文字が印刷可能となります。

設定手順概要

  1. 1. お客様が、お使いになるパソコンで使用されているフォント(TrueTypeフォントまたはOpenTypeフォント)を用意します。
  2. 2. プリンター本体へ、Font Manager(Windowsツール)を用いてフォントを転送します。
  3. 3. プリンターへ転送したフォントを用いて印刷します。転送したフォントは、各種印刷コマンド(ESC/Pコマンド、P-touch Templateコマンド)から呼び出して印刷することができます。
  • 注) 本ページの記述では、プリンター本体にあらかじめ内蔵されているフォントを「プリンター本体内蔵フォント」、本機能にてプリンター本体へ転送したフォントを、「ダウンロードフォント」と呼んでいます。

プリンター本体へ転送したフォントを用いて印刷するまでの手順

1. フォント(TrueTypeフォントまたは OpenTypeフォント)を準備する

お客様がライセンスをお持ちのフォントを用意してください。

フォントの使用許諾について
フォントの使用にあたり、お客様は各フォントの所有者が定めたライセンス条件に従う必要があります。フォントをダウンロードする前に、お客様が当該フォントの使用に関し、所有者から正当な許諾を受けており、かつ、全てのライセンス条件を満たしていることをご確認ください。

2. プリンター本体へフォントを転送する手順

  1. 1. あらかじめ、サポートサイトからお使いのモデルのWindows版プリンタードライバーをダウンロードして、プリンターとパソコンをUSB接続してプリンターを追加してください。
  2. 2. Font Managerをダウンロードします。

Font Managerとは
Font Managerは、Windowsパソコンにある TrueTypeフォントまたは OpenTypeフォントをプリンター本体に登録するツールです。
プリンター本体に登録したフォントは、プリンター内蔵フォントとして使用することができます。

  1. 3. Font Managerを起動します。
  2. 4. [プリンター]のドロップダウンリストから、フォントダウンロード機能に対応したプリンター(例:RJ-4230B)を選択します。
  3. 5. [フォント」で"…"ボタンをクリックし、フォント(TrueTypeフォントまたはOpenTypeフォント)を選択します。
  4. 6. [転送]ボタンをクリックして、プリンター本体にフォントを転送します。転送に成功すると[フォント一覧]にフォントが表示されます。
プリンター本体へフォントを転送する画面

Font Managerのシステム環境

対応OS Windows 7以上
本ツールを使用するには、.NET Framework 4.6.2以上が必要です。
(Windows 10の場合は.NET Framework 4.6.2以上があらかじめインストールされているため、インストールは不要です)
対応フォント形式 ttf形式(TrueType)、otf形式(OpenType)

3. プリンターに転送したフォントを用いて印刷する

各種印刷コマンドにより、プリンターに転送したフォントを用いて印刷を行ないます。

P-touch Templateコマンドを用いて印刷する場合

  1. 1. P-touch Editorを起動してレイアウトを作成します。
    プリンター本体に転送したフォントを用いて印刷したい場合は、テキストオブジェクトに、プリンター本体に転送したフォントと同じフォントを設定します。
    • * プリンター本体に転送したフォントと、あらかじめプリンター本体に内蔵されているフォントは共存して使用が可能です。
P-touch Editorを起動してレイアウトを作成
  1. 2. P-touch Transfer Managerを起動して、このレイアウトをプリンター本体に転送します。
P-touch Transfer Manager起動、レイアウトをプリンターに転送
  1. 3. P-touch Templateコマンドを用いてこのレイアウトを呼び出して印刷を行ないます。
    • * 詳細な使用方法は、P-touch Templateコマンドリファレンスを参照してください。
    以下のフォントが揃ったとき、このフォントを用いて印刷が行なわれます。
    • プリンター本体に転送したレイアウト内のテキストオブジェクトに設定したフォント情報
    • プリンター本体に転送したフォント情報

ESC/Pコマンドを用いて印刷する場合

ESC/Pコマンドを用いて印刷を行ないます。
ESC/Pコマンドにあるフォント選択コマンドを用いて、プリンター本体に転送したフォントを設定することが可能です。

  • * 詳細な使用方法は、ESC/Pコマンドリファレンスを参照してください。

SBPLコマンドを用いて印刷する場合

SBPLコマンドを用いて印刷を行ないます。
SBPLコマンドにあるフォント選択コマンドを用いて、プリンター本体に転送したフォントを設定することが可能です。

  • * 詳細な使用方法は、開発者サイトにありますSBPエミュレーションガイドを参照してください。

対応モデル

RJ-4230B、RJ-4250WB

ダウンロード

FAQ(よくあるご質問)

Font Manager

Q

ttc形式(True Type Collection)のフォントは対応していますか?

A

ttc形式のフォントは非対応です。

Q

Windowsの「Font」フォルダが参照できません。

A

フォルダのアクセス権限により、Font ManagerからWindowsの「Font」フォルダは参照できません。フォント選択は、以下のいずれかの方法を使用ください。

  • Font Managerが参照可能なフォルダ場所にフォントをコピー後、フォント選択してください。
  • Font ManagerのUI上の[フォント]部分に、フォントをドラッグ&ドロップしてください。

フォント

Q

プリンター本体内蔵フォントと、ダウンロードフォントを印刷する同じレイアウト上で使用が可能ですか?

A

使用可能です。

Q

日本語の第3、第4水準の文字を用いて印刷したい。

A

オープンライセンスであるIPAexフォントおよびIPAフォントがあります。

  • * フォントのライセンスを遵守ください。

P-touch Templateコマンド

Q

端末から送信するテキストに使用可能な文字コードは何ですか?

A

P-touch Template設定ツールにより、プリンター本体に文字コードセットが指定可能です。

  • Unicodeを指定した場合は、端末からテキストをUTF-8で送信ください。
  • JIS X 0201を指定した場合は、端末からテキストをShift_JISで送信ください。
P-touch Template設定ツール画面
Q

レイアウトのテキストオブジェクトに、プリンター本体が持っていないフォントを設定した場合の印刷動作はどうなりますか?

A

プリンター本体は、日本語はゴシック、欧文はヘルシンキに自動代替して印刷します。

ESC/Pコマンド

Q

端末から送信するテキストに使用可能な文字コードは何ですか?

A

シフトJISコードが対応しています。

複数プリンターへのフォントの一括設定

Q

複数プリンターにフォントを一括設定したい。

A

以下の手順により、フォントを一括設定することができます。

  1. 1. あらかじめ、サポートサイトからお使いのモデルのWindows版プリンタードライバーをダウンロードして、プリンターとパソコンをUSB接続してプリンターを追加してください。
  2. 2. Font Managerをダウンロードします。
  1. 3. Font Managerツールを起動します。
  2. 4. [プリンター]のドロップダウンリストから、フォントダウンロード機能に対応したプリンター(例:RJ-4230B)を選択します。
  3. 5. [フォント」の"…"ボタンをクリックし、フォント(TrueTypeフォントまたは OpenTypeフォント)を選択します。
Transfer Manager起動、転送用データセット画面
  1. 6. [転送] ボタン横の 下矢印ボタン ボタンをクリックし、"コマンドファイルに保存..."を選択して、フォントをbin形式のファイルとして保存します。
  2. 7. Windows版P-touch Transfer Managerを起動します。
    このアプリの画面上に、「6」で作成したbinファイルをドラッグ&ドロップします。
  3. 8. [転送ファイル保存]ボタンをクリックして、blf形式のファイルとして保存します。
複数プリンターへのフォントの一括設定
  1. 9. 各種ツールを用いて、blfファイルを各プリンターに一括設定します。
    <例>
    BRAdmin Pro
    Mobile Deploy
    FTPサーバーによるデータ更新(Remote Update)
    • * 各種ツールの使用方法は、このサイトの各ツールの説明ページを参照ください。

ご購入を検討中のお客様へ

ご利用中のお客様へ(サポート)

開発をご検討中のお客様へ

  • 目的から選ぶ

    印刷したい、プリンターを設定・管理したい場合はこちらからご確認ください

  • b-PAC

    Windows 向けアプリケーション開発ツールについてのご案内

  • モバイル SDK

    モバイル端末向けアプリケーション開発ツールのご案内

  • コマンドリファレンス

    ラベルプリンターやモバイルプリンターの制御コマンドリファレンスのご案内

  • 機種から選ぶ

    ご利用の機種から、提供しているツールのご紹介

  • 導入事例

    開発ツールを利用した導入事例のご紹介

このページをシェアする