Global Challenger

home
Global Challenger 世界にブラボー!を届けるブラザー社員の仕事をご紹介試行錯誤の繰り返し。答えが見えたとき、大きな喜びとなる。石川 友哉(2012年入社)マシナリー・アンド・ソリューション カンパニー 開発部プロフィール紹介
大学では情報工学を専攻。画像処理をテーマにプログラミングを学ぶ。学んだことを活かせる仕事をと思い、就職活動時はIT系の企業も検討。いくつか企業を見ていく中で、小さい頃からブロックやプラモデルのような自分で手を動かしてモノを創るのが好きだったことを思い出し、自分のやりたいモノ創りができそうだと考え、ブラザーへの入社を決意。

1年目から任された大きな課題。

誰も正解が分からない。
だからこそやってみるしかない。

「この工作機械で削った加工面を、もっと滑らかな仕上がりにしたいんだ。」工作機械の部門に配属された1年目のとき、初めてプロジェクトに参加することになりました。工作機械とは、金属や樹脂などの部品加工を行う機械です。さらに仕上がりの美しい部品加工を目指し、加工プログラムを最適化する技術の開発を任されることになりました。開発するにあたっての条件や仮説の設定、検証方法の決定、すべて自分なりに進めてみて、と上司から一言。自分ひとりで自由に任せてもらえることを嬉しく思う反面、正直心配もありました。なぜなら工作機械に関しての知識はもちろん、開発経験もほとんどなく、どのように進めていくべきか全く分からなかったんです。
石川 友哉
そもそも、すでに十分キレイに加工されているように見えるのに、さらに滑らかになんてできるんだろうか。答えがわからないどころか、答えがあるかどうかも正直不安でした。ただ、やるしかない。何を変えていけば少しでもより滑らかな仕上がりにできるのか。条件を探るため、手探りで加工プログラムを少しずつ修正し、シミュレーションを続けていく日々でした。行き詰まることも多々ありましたが、パートナー会社の協力や周りの上司、先輩にアドバイスをもらいながら、何度も何度もチャレンジをしてはやり直し、といったことを続けていきました。なかなか先が見えなくてつらいときもありましたが、それよりもむしろなぜだろう、という気持ちばかりがどんどんと強くなっていきました。仕事が終わった日の帰り道、電車の中でもずっとこのなぜ?を考え続けていました。

新しい課題に挑み続ける。

失敗を重ねたからこそ、
ある日突然見えてくるものがある。

試行錯誤を重ねる中で、道が見えたのは突然でした。いつものようにシミュレーションを繰り返していた時、この結果はいけるぞ!と突然ひらめいたんです。いざ、実際にシミュレーションしたプログラミング内容でサンプル品を加工してみたところ・・・手に取った瞬間に「あ!これは今までとは全然違う!」と分かりました。もともとあったザラザラ感が軽減され、表面のムラも少ない。完璧ではなかったけれど、「より滑らかにとはこういうことか」と結果が目に見えて確認できたときは本当に嬉しかったです。
工作機械
方向性が見えたら、あとは突き進むのみ。さらに詳細部分の検討を行い、機能完成まで漕ぎ着けることができました。後日、社内の技術発表のときにカンパニーの代表から「よく頑張った。すごい技術を開発してくれたね」と声をかけてもらいました。そして、この技術が搭載された工作機械が世の中へ出ていきました。より多くのお客様にとってキレイに加工ができる、そう思っていただける製品になっていれば嬉しいです。

悩んだとしても、
周囲のサポートがあるから頑張れる。

最初、私は「より滑らかな加工にするってどういうことだろう」と答えを求めていました。しかし、新しい技術を生み出すモノ創りにはそもそも答えがないんですよね。だからこそ、何度も繰り返し挑戦することでヒントが見えてくるんです。
石川 友哉
挑戦をする中でひとりだと先に進めなくなる時があります。でも、私の場合、上司や先輩に相談すれば皆自分のことのように親身になって話を聞き、アドバイスをくれました。そのおかげで再度自分で考え、検証を進めていくことができました。そういった環境でモノ創りができるおかげで自分自身も成長できていると実感しています。今は次のプロジェクトに参加し、新しい技術を取り入れようとまた試行錯誤の日々です。これからも、まだ見ぬゴールに向かって挑戦し続け、世の中にない技術を生み出していきたいと思います。

TOPICS やりたいことをやる、ができる会社。

就職活動中は、売上規模や従業員数などを気にして見ていました。働くならやはり、やりたいことをやりたい!売上規模に対して従業員数が多いか少ないか、ひとりあたりどれくらい仕事を任せてもらえそうか、そういったことを数字から読み取っていました。実際、ブラザーは社員の話を聞いてみても責任ある仕事を任され、活き活きと働いている人が多かった。自然と、ここで働いてみたいなと思えたんです。その直感は今も変わらず、配属希望面談でやりたいといっていた仕事ができていると感じます。
前の画面に戻る