Web会議 OmniJoin(オムニジョイン) OmniJoinの便利な機能1

Web会議 OmniJoin(オムニジョイン)
  • Web会議 OmniJoin(オムニジョイン)

安心の国内ブランドBrotherがサポートする最大フルHDの高画質・高機能なWeb会議システム

【18】OmniJoinの便利な機能1:さまざまな共有機能

作成した資料の共有はもちろん、資料の編集やブラウザの共有も可能。

OmniJoinではWeb会議を導入する際の最大のメリットとなる、資料の共有に関する機能が強化されています。資料の共有機能については、Microsoft®Office文書などで作成された報告書、集計表、プレゼンテーション資料などを共有することができますので、離れた場所にいる参加者全員が、それらを共有しながらスムーズに会議や打合せを進めていくことが可能になります。さらに、OmniJoinにはアプリケーション共有機能も標準で備わっていますので、Web会議を進めながら、参加者同士で共有している資料の編集も可能です。参加者全員がリアルタイムで内容を確認しながら編集を行えるため、編集の内容が確実なものとなり、同時に時間のロスをなくすことができます。
また、OmniJoinの場合、参加者が作成した資料だけでなく、Webブラウザーも共有できますので、インターネット上のさまざまな情報や動画などを全員で同時に閲覧できます。その他に、フリーハンドで自由に書き込みができるホワイトボード機能も備わっています。OmniJoinでのWeb会議なら、参加者全員があらゆる情報を共有しながら、確実にコミュニケーションを取ることが可能になります。

参加者のパソコンを遠隔操作できるデスクトップ共有機能も標準装備。

OmniJoinではさまざまな資料やWebブラウザーなどを共有できますが、もう一つの大きな特長となるのは、参加者のデスクトップの共有・操作ができるデスクトップ共有機能です。このデスクトップ共有機能とは、必要に応じて、参加者同士がそれぞれのパソコンを遠隔操作できる機能です。もちろん、遠隔操作を行うためには許可が必要になりますが、デスクトップ操作の許可を受けた参加者は、デスクトップ操作を依頼した参加者のパソコンを遠隔操作できるようになります。
デスクトップ共有機能を使えば、Web会議の場面で参加者Aさんのパソコンに「音声が聞こえなくなった」といったトラブルが発生してしまった場合、パソコン操作に詳しい参加者BさんがAさんのパソコンの遠隔操作で設定変更などを行い、トラブルを解消するといったことも可能になります。遠隔操作については、OmniJoinの使用とは直接関係のない設定変更など、さまざまな目的でご利用いただけます。デスクトップ共有機能を上手に活用することで、参加者全員の時間を無駄にせず、よりスムーズで、より実りのあるWeb会議にすることができます。

ご購入を検討中のお客様へ

ご利用中のお客様へ(サポート)

このページをシェアする