Web会議 OmniJoin(オムニジョイン) 導入に際しての問題点6

Web会議 OmniJoin(オムニジョイン)
  • Web会議 OmniJoin(オムニジョイン)

安心の国内ブランドBrotherがサポートする最大フルHDの高画質・高機能なWeb会議システム

【11】導入に際しての問題点6:画質・音質

映像や音声を重視する場合に注意しておくべきポイントは?

遠く離れた拠点、人との間で、よりスムーズで確実なコミュニケーションを取るために、Web会議の導入は最適な選択肢と言えます。作成した資料やWebブラウザー、デスクトップなどを共有しながら、リアルタイムに活発な会議・打合せ、プレゼンテーションを行えるWeb会議ですが、それらの機能だけでなく、参加者の表情や会場の雰囲気が分かる映像や音声の品質も重要な要素になってきます。
一般的なWeb会議の場合、ノートパソコンに装備されているカメラやマイク(ヘッドセット)さえあれば、映像や音声を使ったやり取りを簡単に行うことができます。より鮮明な画像、クリアな音声が必要ということであれば、高性能なカメラやマイク、スピーカーなどを追加することで画質や音質を改善できるようになります。ただし、いくら高性能な機器を購入しても、システム側が対応していない場合や、相性が悪い場合には宝の持ち腐れになってしまいます。ご検討の際には、そういった点にもご注目ください。

雑音などを打ち消してくれるノイズキャンセリングは必須の機能。

Web会議は参加者の表情や会場の雰囲気が分かる映像と、音声をリアルタイムで確認しながら、コミュニケーションを取ることが可能ですが、会議や打合せなどの場面でより重要なウエイトを占めるのは音声です。Web会議では、資料やホワイトボードなどを画面上で共有できるので、相手の表情が見えなくても、音声さえ届けば、滞りなく会議やミーティングなどを行うことができます。
注目すべきポイントの一つは、クリアな音声を届ける機能が備わっているかどうかという点です。声が響いてしまうエコーや、コミュニケーションを阻害する雑音を打ち消してくれる「キャンセリング機能」が備わっているかどうかを確認しておきましょう。
キレイな音声が届いても、タイムラグがあったり、しばしば途切れてしまうようでは困りますので、通信が安定しているかどうかも確認する必要があります。Web会議の通信品質は、インターネット回線の速度だけで決まるものではありませんので、入念に確認することが大切。お使いのパソコンの設定、スペック等との関係もありますので、分からないことはサポートに問い合わせることも必要です。
いずれにしても、実際に使ってみることがベストな選択への近道です。OmniJoinにも無料で2週間お試しいただける「2週間フリートライアル」をご用意していますので、お気軽にお試しください。

ご購入を検討中のお客様へ

ご利用中のお客様へ(サポート)

このページをシェアする