活用方法&事例

2016.09.15

いま、飲食チェーン店での
Web会議の導入・活用が増えている!

いま、飲食チェーン店でのWeb会議の導入・活用が増えている!

社内での会議や打ち合わせ、資料などの受け渡し、取引先との商談やサポートなど、さまざまな場面で導入が進んでいるWeb会議。ひと昔前までは全国に支社を持つ大企業などを中心に導入されてきたWeb会議ですが、IT関連の技術や環境の変化によって、今では中小企業や個人の方でも気軽に利用できる身近なコミュニケーションツールとなっています。そんな中で、近年とくに導入が増えているのが、飲食チェーン店のお客様です。

味やサービスの維持・統一に欠かせないコミュニケーションに効く!

飲食チェーン店を顧客の視点で見てみると、メニューや調理方法、味やサービス、そして価格などが統一されていることから、いつでも、どの店舗でも、安心して利用できるというメリットがあります。しかしながら、飲食チェーン店を運営側の視点で見てみると、全ての店舗で味やサービスなどを維持・統一することは、簡単なことではないと思います。

一般的な飲食チェーン店の場合、狭い商圏に複数の店舗を出店させることは難しいこともあり、ある程度の距離を置いて出店されていると思われます。そのため、店長などのスタッフが一堂に会してミーティングを行ったり、全スタッフを集めて教育を行ったりするといったことは、なかなか実施できないのではないでしょうか。ところが、Web会議を導入することによって、本部と店舗、店舗同士のコミュニケーションなどが容易になります。

パソコンやスマートフォン、タブレットなどの端末とインターネット回線があれば、いつでも簡単に導入できるWeb会議を利用することによって、毎日の朝礼や定例のミーティングを全店舗で一緒に行うことが可能になります。会議などが必要な場合、各店舗から手元の端末を使って参加することができるので、会議室などを用意する必要もありません。

新たなメニューの開発や販売、各種キャンペーンを実施する場合などには、チェーン全体での連携が欠かせないものとなるでしょう。そういった場面でWeb会議があれば、いつでも必要なときに、簡単にコミュニケーションを取ることができるので、本部と店舗との連携がスムーズなものとなり、様々な施策を実行しやすくなるのではないでしょうか。

もちろん、パソコンやスマートフォン、タブレットで気軽に利用できるWeb会議なら、日常の業務報告や確認、トラブル発生時の対応の相談などにもご活用いただけます。そのほかにも、飲食チェーン店のお客様が実際に行っておられる便利な活用方法がありますので、代表的なものをいくつかご紹介します。

スマートフォンやタブレットでも利用できるWeb会議はこんなに便利

Web会議はパソコンだけでなく、持ち運びに便利なスマートフォンやタブレットなどでも利用できるため、店舗内の客席や厨房にある調理機器のレイアウト変更、ポスターの掲示場所などを本部に相談・報告するといった場面でもご活用いただけます。

これまでのように、デジタルカメラやスマートフォンなどで現場を撮影し、パソコンに写真を取り込んでから、本部にメールで送信。メールや電話で指示を仰ぐ…といった手間がなくなりますし、本部からわざわざ店舗に視察に訪れるという必要もなくなります。

また、Web会議を利用すれば、新たな調理機器やIT機器などが導入された場合、それらの使い方について、Web会議を通して本部や他の店舗からレクチャーすることも容易になります。スマートフォンやタブレットなどで機器を映しながら、操作の方法についてレクチャーを受ければ、スムーズかつ確実に操作方法を覚えていただけると思います。

「OmniJoin(オムニジョイン)」の便利な機能と活用方法をご紹介

たくさんのWeb会議が市場に出回っていますが、「OmniJoin(オムニジョイン)」は便利な機能が充実しており、これまでにご紹介した活用方法のほかにも、以下のようなさまざまな形でご活用いただくことができます。

「OmniJoin(オムニジョイン)」には、Web会議の参加者のデスクトップを共有できる「デスクトップ共有機能」が備わっているので、パソコン操作が苦手な店長様がいらっしゃっても、本部から店舗のパソコンを遠隔操作することができます。たとえば、SNSやブログなどを活用した販売促進の方法などを、Web会議を使って本部からレクチャーするといったことも可能になります。

また、「OmniJoin(オムニジョイン)」には、「アプリケーション共有機能」も備わっていますので、表計算ソフトの使い方のレクチャーを行ったり、店舗で作成したPOPやスタッフ教育マニュアルの確認さらには修正したりすることも、本部と店舗、あるいは店舗同士で気軽に行うことができます。これまで、各店舗の店長様がたった一人で行ってきた作業も、本部やその他の店舗が一緒になって行うことで、負担を軽減することもできるのです。

そのほかにも、映像や音声を使って複数拠点とコミュニケーションが取れるというWeb会議の利点を活かして、各店舗のスタッフに対して本部が一括で教育を行うといったこともできます。「OmniJoin(オムニジョイン)」の場合、あらかじめ作成しておいた動画の再生も可能ですので、新しいアルバイトスタッフを採用した際などに、店舗で教育用の動画を見てもらうといった使い方もできます。

食材や調理機器などのメーカーからの商品説明などがある場合も、本部からWeb会議で中継することができるので、本部への移動にかかる時間や費用を削減することも可能です。さらに、「OmniJoin(オムニジョイン)」には録画機能も備わっているので、どうしても手が離せない業務があるような場合は、後で録画を確認するということもできて便利です。

活用方法・導入事例のご紹介や、2週間フリートライアルもご用意

パソコンやスマートフォン、タブレットとインターネット回線(できれば、USB接続のカメラ、ヘッドフォンを別途ご用意ください)さえあれば、Web会議はいつでも簡単に導入していただくことができます。専用の機器や回線が必要になるテレビ会議のように「導入のハードルが高い」というものではありませんし、利便性はより高いものになります。

Web会議の一種として、無料で利用できる通信ソフト(P2Pソフト)もありますが、複数のパソコンを介して情報のやり取りを行うため、大切なお客様の個人情報などを流出させることになったり、お使いのパソコンがウイルス感染の被害に遭ってしまったりする可能性もあります。

「OmniJoin(オムニジョイン)」でしたら、1店舗あたりの投資費用を小さく抑えながら、先にご紹介したような便利な機能を気軽にご利用いただくことができますし、セキュリティー対策やウイルス対策も万全ですので、安心してご利用いただくことができます。

また、Web会議で大切な「スムーズな映像」「クリアな音声」を安定的にご提供することもできますし、海外でのご利用も可能ですので、海外進出などをご検討中のお客様にも、常に快適なコミュニケーションの手段をご提供することができます。

「OmniJoin(オムニジョイン)」に興味・関心をお持ちのお客様には、経験豊富なスタッフから、より詳しい商品説明や具体的な導入事例などをご紹介させていただきます。お電話でのご紹介のほか、実際に貴社にお伺いして最適なプランをご提案させていただくこともできます(ご提案の費用はもちろん無料です)。

また、「OmniJoin(オムニジョイン)」とカメラ、スピーカーフォン等のオプション機器を2週間ご自由にお使いいただけるフリートライアルも実施していますので、まずはお気軽に「お問い合わせフォーム」からお問い合わせください。

PDFを無料ダウンロード!あらゆる業界で使える!活用方法をまとめました 資料をダウンロードする

OmniJoin メールマガジン

Web会議導入&運営のヒントになるコンテンツをメールマガジンにてお届けしています。

プライバシーポリシーへの同意

※お預かりした個⼈情報は、ブラザー販売株式会社プライバシーポリシーにのっとり管理・利⽤致しますが、同ポリシー第9項のなお書きは、適⽤外とし、今後のマーケティング活動に利⽤させて頂きます。

関連記事

飲食チェーン店の本部と店舗の関係を強化するWeb会議

「OmniJoin(オムニジョイン)」は、パソコンのほかiPhoneやiPadでも気軽に利用できるWeb会議システムです。毎朝の朝礼や定例のミーティング、店内レイアウトの変更や社員教育など、様々な場面でご活用いただける便利な機能を搭載しています。本部と店舗のコミュニケーション活性化による関係強化、スムーズな店舗運営などに威力を発揮します。

OmniJoin オムニジョイン 安心の国内ブランドの高画質高機能Web会議システム 初期費用0円 月額9,600円~

OmniJoinを体験する

正規版そのままの機能を2週間無料でお使いいただけるフリートライアル。お申し込みは簡単3ステップ。

2週間無料!フリートライアルお申し込み

© Brother Industries, Ltd. / Brother Sales, Ltd. All Rights Reserved.