活用方法&事例

2018.5.28

違いが分からないと
在宅勤務は隠れ残業のきっかけにもなりうる

家で仕事をする、と聞いて思い浮かぶ言葉に「在宅勤務」と「隠れ残業」があります。どちらも職場でなく、家で仕事をしていることに違いないのですが、何が異なるのでしょうか。
この違いをきちんと押さえておかないと、両者は表裏一体です。一歩間違えれば、働き方改革として始めた在宅勤務制度が、結果として隠れ残業に繋がっていた…なんてことにもなりかねません。

持ち帰り仕事に変わりはないけれど

持ち帰り仕事に変わりはないけれど

オフィスに出勤している時間で業務が片付かなかった時。締め切りが迫っていて、自分でやらなければならない仕事だとすると、会社PCを家に持って帰って仕上げようと考えますよね。これは「隠れ残業」でしょうか。「在宅勤務」でしょうか。
持ち帰り仕事という意味では、家で行う業務内容や成果物は同じかもしれませんが、決定的に異なるのは、労働時間に計算されるか否かという点です。今まで隠れて残業していたとしたら、その分はタダ働きとなっていますが、在宅勤務であれば業務時間としてみなされ、きちんと対価が払われるのです。つまり、きちんと自宅での業務時間を自身で会社に申請するかしないか。そこが大きなカギを握っています。

在宅勤務は残業しづらい?

しかし、在宅勤務で隠れ残業を無くし、堂々と家で残業時間を計上してください!というスタンスで導入される企業は少ないでしょう。多くは、残業時間を減らすなど、業務効率化や働き方改革のひとつとして制度を始めるはずです。すると、在宅勤務制度をスタートさせた時に、残業してしまうと、「新制度を導入したのに、残業減ってないなんてあり得ないのでは」「自分の業務効率が悪いと評価されてしまうのでは」と周りの目が気になり、在宅勤務した日は残業していないように見せなければならない、とプレッシャーになってしまう場合があります。また逆に周りが、「あの人、家にPC持って帰っているんだよね?じゃあ、この仕事お願いしちゃおう」と、自宅での労働環境が整っていることを逆手にとって、業務時間外の業務を指示してしまうなんてケースも起こり得るかもしれません。

場所が違っても働いていることに変わりはない

在宅勤務と言うと、前衛的なことに聞こえますが、働く場所をオフィスから自宅に変更するだけのこと。業務内容や労働時間に何ら変わりないのです。
在宅勤務を開始することですぐに通勤時間は浮きます。その分をプライベートでなく、仕事に充てた場合、労働時間は伸ばせますが、それでも残業が発生することもあるでしょう。残業を減らすことは大切ですが、もみ消すことでは原因が追究されず、根本的解決には繋がりません。一時的に減ったように見せられても、続かないでしょう。まずは、きちんと全労働時間を正確に把握した上で、残業原因は「業務量に対し、根本的に時間や人手が足りないのか」「業務のやり方が非効率なのか」「社内の連携や情報共有が遅いのか」など、理由を見つけ出すことが必要です。
制度だけでは仕事は変わりません。制度をきっかけに、自身の働き方を見直すことが必要です。つまり今の仕事のやり方や業務フローを効率化しないと、業務改善に繋がらないのです。業務の棚卸しは、多少手間かもしれませんが、長い目で見て業務工数が少なくなるように努めれば、自分が楽になるだけでなく、無駄な人件費減に繋がり、会社にもメリットとなるので、決して迷惑ではありません。
残業を無くすのではなく、残業の「原因」を無くすという視点を忘れずに持っておけば、隠れ残業を助長させることは無いでしょう。

ブラザーの低コストでハイパフォーマンスなWeb会議システムOmniJoinは、ビジネスコミュニケーションシステムでもあります。専用端末は不要。インターネット環境さえあればパソコンだけでなく、スマートフォン、タブレット端末からでも利用可能。自宅勤務者とも、出張者とも、取引先とも対面コミュニケーションをいつでもどこでも実現するワークスタイル変革ツールとして、注目を浴びています。

詳しくはこちらから!

2週間無料トライアル
無料でダウンロード!働き方改革推進ガイドブック

OmniJoin メールマガジン

Web会議導入&運営のヒントになるコンテンツをメールマガジンにてお届けしています。

プライバシーポリシーへの同意

※お預かりした個人情報は、ブラザー販売株式会社プライバシーポリシーにのっとり管理・利用致しますが、同ポリシー第9項のなお書きは、適用外とし、今後のマーケティング活動に利用させて頂きます。

  • 無料でダウンロード!働き方改革推進ガイドブック

Web会議システムOmniJoinなら
離れた場所にいても気軽に密度の高いコミュニケーションを実現

全国に広がるサービス拠点をつなぎ、会議・社員教育・顧客サポートの改善に貢献します。

OmniJoin オムニジョイン 安心の国内ブランドの高画質高機能Web会議システム 初期費用0円 月額9,600円~

OmniJoinを体験する

正規版そのままの機能を2週間無料で
お使いいただけるフリートライアル。
お申し込みは簡単3ステップ。

2週間無料!フリートライアルお申し込み

このページをシェアする