プリント日和

【ゼロから始めるDTP講座・第1回】デザイン初心者が知っておきたい4つの基本ルール

画像

プレゼン資料作成からハガキの作成、チラシの作成など、いま時のデザイン作業には、DTP(Desktop Publishing)と呼ばれるスキルが必要と言われています。とはいえ「DTPって実際何をすればいいかよくわからない」とお困りの方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回からDTPをマスターするために必要なことを、連載で紹介していきます。DTPについて全く知識のない方にもわかりやすく紹介するので、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

そもそも、DTPってなんだ?

そもそも、DTPとはなんでしょうか?DTPとは、出版物の原稿作成から編集、デザイン、レイアウトまでの作業をコンピュータ上で行い、実際に印刷して出版に落とし込んでいく作業のことを指します。つまり、紙に印刷するための全ての工程がDTPということです。

連載第1弾の今回は、DTPの基礎である「デザイン初心者が知っておきたい4つのルール」について解説していきます。これはハガキやチラシなど紙面で役立つことはもちろん、プレゼンなど、データでも役に立つこと間違いなしなので、ぜひ活用してみてください。

デザイン初心者が知っておくべき、基本的な4つのルール

1. 近接

画像

まず1つ目に挙げるのは、「近接」です。同じ要素を持つ仲間同士をくっつけて、逆に別の仲間同士を遠ざける、いわば「グループ分け」です。

人間は視覚によって、その情報を分別することが多々あります。例えば、複数のものを見たときに「近い位置にあるから関係性が高い」「遠い位置にあるから関係性が低い」と自然と思ってしまいます。

もはや人間の習性とも言えるこの「近接」は、デザインだけでなく、商品陳列や人間関係まで幅広い領域で使われています。

2. 整列

画像

デザインの基本、2つ目は「整列」です。これはもうそのまま読んで字のごとくです。順番にきれいに並べるということです。全体の配置をきれいに整頓することで、見栄えが良く見えます。

ワードなどの文書ツールなどにもある、左揃え、右揃え、中央揃えなどのように、基準に沿って揃えたり、また色ごとに一定の規則性に沿って情報を並べることで、情報がすっきりまとまって見えます。

また、近接で扱った「グループ分け」によって複数のグループを作った場合も、それぞれの文字頭を揃えるなどの工夫は整列の技術にあたります。デザインによっては、揃えない方がいいこともありますが、テキストが多いデザインでは整列が有効なので、実践してみてください。

3. コントラスト

画像

そして3つ目は、「コントラスト」です。明るいと暗い、濃いと薄いなど、対比してメリハリをつけることによって、デザインをより見やすくすることができます。

コントラストをうまく活用することによって、伝えたい情報をひと目で伝えることができるデザインに早変わりさせることができます。

ただし、コントラストをつける=目立たせたいところをただ強調して、他のところと差をつけるというわけではありません。

たとえ文字が大きくても、文字の太さや書体、配色など様々な要素が噛み合っていないとコントラストの効果を最大限に活かすことができていないということになりますので、注意が必要です。

4. 反復

画像

4つ目は「反復」。同じデザインを繰り返して使うことを指します。全体を通して同じデザインを使い続けることで、見やすさや統一感などを与えることができます。

主に、プレゼン資料、雑誌など、紙1枚ではなく文量が多いときに使われる手法です。もちろん、紙1枚で済むくらい情報量が少ない資料でも、ある程度デザインの枠組みを決めて統一感を与えた方が見やすく効果的に情報を提供できます。

まずは基本の4ルールを活かして、わかりやすいデザインに!

文字の書体や色、大きさなどを上手に駆使することで、見た人に伝えたいことを強烈に印象付けることができるのが、デザインの力です。そしてその基礎が、これまで紹介した4つのルールです。

その力の秘密を、この講座でも今後解説していきます。まずはこの基本4ルールを意識してデザインを考えてみてください。

©1995-2015 Brother Industries, Ltd. / Brother Sales, Ltd. All Rights Reserved.