株式会社MSC

HL-5450DN

医療機関にも安心して提供できる機能操作性。ORCA対応プリンターならこのモデル。
NAME
飯塚 誠

株式会社MSC医療機関向けレセプトシステムサポート

2008年の設立以来、関東地方のクリニックに向けて「医療標準レセプトソフト」ORCAのサポートを行う。診療報酬明細書を作成するためのレセプトコンピューターの提供を中心としながら、お客様のシステムトラブル全般の解決にも貢献する。

POINT
1
自信を持っておすすめできるプリンター。

株式会社MSCは、クリニック様向けにレセプトコンピューターORCA及び、プリンターなどの周辺機器のご提供・サポートを行なっています。今回はお客様へのご提案を前提に、実際に性能を確かめるために、HL-5450DNを導入しました。
ORCAはLinux上でのみ動作するため、そこに接続するプリンターもLinuxに適合していなければなりません。動作するプリンターは、ブラザー以外にもありますが使い勝手の良さ・信頼度の高さから当社で扱うプリンターはブラザーと他1社のみに限定をしています。


ブラザーのプリンターの魅力は、耐久性が非常に優れていること。お客様の中には、10年前のブラザーのプリンターを現役で使われている方もいらっしゃるほどです。故障が少なければお客様の業務にも支障が出ませんし、当社も緊急のサポート対応を求められる機会は少なくなります。HL-5450DNを使ってみてその安心感を改めて実感し、自信を持ってお客様におすすめしています。

POINT
2
お客様のニーズにマッチした印刷性能。

クリニック様向けのマシンに求められる特長のひとつに、印刷スピードの速さがあります。多くのクリニック様では一日の患者数が数十人に及び、それぞれの患者様に請求領収書や処方箋を印刷します。それらの印刷物を、次々に来院される患者様にスムーズにお渡しするためにも、印刷速度は出来る限り速くなければなりません。その点HL-5450DNは、1枚目の用紙が出力されるスピードも向上されていて快適です。患者様をお待たせする機会も少なくなると思います。


また、縮小印刷機能も、クリニック様の業務に役立つ機能ですね。お客様の中には、他の資料との整合をはかるためにも、出力の際にA5サイズなど別のサイズに変更したいという声がありますが、他社のプリンターの場合は一から設定を変える必要があり、その分手間がかかります。その点HL-5450DNは、縮小印刷機能が搭載されており、ボタン操作のみで出力サイズを簡単に変更できます。スムーズに縮小印刷ができ、資料を簡易に整理することができると、クリニック様からも喜びの声をいただいています。

POINT
3
スキャンした図面をタブレットで確認。

プリンターに対する各種ニーズのなかでも、多くのクリニック様からご要望があるのは、スペースをとらない本体サイズのコンパクトさです。その点において、HL-5450DNは比較的狭いスペースでも置くことができるので、クリニック様から重宝されると思います。当社のお客様は3~5人程で運営されているクリニック様が多く、設置場所に悩まれるケースが少なくありません。「パソコン用ラックの上に置きたい」、「カウンターにレセプトコンピューターとプリンターの両方を置きたい」というご要望も多くあります。


HL-5450DNは、他社に劣らない機能を維持しながら、本体サイズはコンパクトなつくりになっているので、そのようなご要望にも十分にお応えすることができます。今後も多くのお客様にご提案したいと考えております。

ご使用のプリンターはこちら

ご使用のプリンターはこちら

HL-5450DN

モノクロレーザープリンター

有線LAN&高速自動両面、
モノクロハイエンドモデル

関連する導入事例