有限会社ダブリュ・オフィス

MFC-9460CDN

デザインへの想いカタチにするために。
再現性の高さにこだわった機種選択。
NAME
中野 真治

有限会社ダブリュ・オフィスデザイン・イラストレーション

企業・店舗のパンフレットやチラシ、Webサイト、名刺など、各種制作物のデザインを行う。GIS(地理情報システム)を活用した地図の制作も手がける。

POINT
1
プリントとチェックを繰り返し、
完成度を高める。

有限会社ダブリュ・オフィスは、各種印刷物やWebサイトの制作、イラスト制作などを手がけるデザイン会社です。企業様の依頼を受け、お客様の営業活動や販売活動をサポートするための各種ツールを制作しています。また、イラストを効果的に使ったデザインも、当社が得意としている表現のひとつです。


通常、ひとつのデザインを完成させるためには、パソコン上で起こしたデザインをいったんプリントしてチェックを行い、気づいた修正点を反映させながら完成度を高めていきます。その際に重要なことは、最終的に印刷された状態をイメージしながら色味やバランスのチェックを行うこと。そのため、紙にプリントした際にデザインを正確に再現できることが、重要なポイントになります。こうした考えから当社は、美しい色味でデザインを再現できるマシンとして、カラー複合機MFC-9460CDNを導入しました。

POINT
2
クオリティの高い地図制作が可能に。

MFC-9460CDNを実際に使ってみて実感したのは、期待していた通りの色味の美しさです。お客様にデザインをお見せした時に、「いいな」と感じていただけることが何よりも重要。その点、MFC-9460CDNのプリント品質なら、デザイン制作の意図やそこに込めた思いを正確に反映することができ、十分なアピールができると思います。


また、当社が得意とする地図制作も、MFC-9460CDNが活躍する場面のひとつです。GIS(地理情報システム)を活用して制作したオリジナルの地図をいったん紙にプリントし、内容のチェックを行います。開いた時にひと目で全体を把握でき、道路や施設の情報を読み取れることが、地図に求められる重要な役割。全体のバランスや表記の正確性、見やすさを追求するために、何度もチェックしながら仕上げていきます。
MFC-9460CDNはプリントのスピードも速く、ランニングコストもカラー1枚あたり12.8円と、とてもリーズナブル。必要な時にすぐにプリントし、コストを気にせず何度でもチェックできます。制作物のクオリティを保つ上で、MFC-9460CDNが大きな役割を果たしてくれています。

POINT
3
スキャナーやファクス
業務にフル活用。

当社ではMFC-9460CDNの他に、ブラザーのA3カラー複合機MFC-J6710CDWを使っています。こちらは地図をA3でプリントする際などに使い、MFC-9460CDNは、それ以外のすべての業務において、メインの機種として活用していきたいと思います。たとえば、スキャン機能もそのひとつ。Webサイトの制作を行う際に、お客様から提供された資料を読み込んで、デザインに反映させることがあります。


また、見積書や請求書などの事務的な資料を作ったり、ファクスで送信したりする際にも、MFC-9460CDNを活用しています。ファクスやスキャナーの使いやすさも、業務を進めていく上での重要なポイント。ファクスやスキャンも快適に行えるMFC-9460CDNは、デザイン事務所の業務を行う上でとても使いやすい一台だと思います。これからも幅広い業務に役立てながら、お客様に満足していただける質の高いデザインを生み出していきたいと思います。

ご使用のプリンターはこちら

ご使用のプリンターはこちら

レーザー複合機

関連する導入事例