株式会社パスカルシイエーアイ

HL-4570CDW

幼児向けの問題集をカラーで見やすく。
教育効果を高めるプリント品質。
NAME
上田 豊治

株式会社パスカルシイエーアイ学習塾・幼児教室

幼児から中学生までを対象にした「キッズさくらカレッジ」を運営。特に千葉県の私立小学校受験において、例年高い合格実績を残している。

POINT
1
子どもたちが楽しく取り組める
問題集づくり。

株式会社パスカルシイエーアイは、千葉県八千代市で幼児教室「キッズさくらカレッジ幼児教室」を運営する企業です。この幼児教室で販売する問題集をプリントする目的で、当校は今回、A4カラープリンターHL-4570CDWを新たに導入しました。


幼児向けの問題集の特徴は、絵が多く使われていること。小学生以降に使われる問題集は当然のことながら文字を中心に構成されていますが、幼児の問題集は、絵で見た内容に答える問題が中心です。また、モノクロではなくカラーで印刷された問題集の方が、練習問題に取り組む子どもたちの「食いつき」も良くなります。そのため、カラーの絵をきれいに印刷できることが、プリンター選びの重要な基準でした。さらに、この問題集は無料で配布するためのものではなく、希望された方に販売するものなので、仕上がった時にある程度の高級感を演出できることも、重要なポイントのひとつです。こうした点を総合的に考えて選んだのが、HL-4570CDWでした。

POINT
2
ケーブルレスで使える
快適さを実感。

実際にHL-4570CDWを使って感じた印象は、プリントの鮮明さ。カラーの絵やイラストが、くっきりと印刷できるように感じます。幼児教育というのは、子どもたちが人生で最初に勉強というものを経験する機会。そのため、きれいにプリントされた問題集を使って、楽しみながら勉強してほしいという思いがあります。そういう意味でもHL-4570CDWが大きな役割を果たしてくれると思います。


プリント品質以外の点で快適さを実感しているのが、印刷スピードの速さ。特に、印刷の指示をしてからプリントされるまでの反応が速く、あっという間に出力される印象です。また、無線LANに対応していることも、うれしいポイントですね。無線LAN対応の機種は今回初めて導入しましたが、ケーブルを使わずにプリントできることがこんなに快適とは思いませんでした。当校の場合、教室の使い分け方や使用目的によって、プリンターの設置場所を移動することもありますが、サイズがコンパクトで置き場所を選ばないため、自由に場所を変えながら使うことができます。ケーブルレスで使うことができ、しかもサイズがコンパクト。2つの特徴が、設置の自由度を大幅に高めていると思います。

POINT
3
故障や紙づまりがないから、
安心して使える。

それから、当校の業務で使用する上で何よりも重要なポイントは、故障や紙づまりといったトラブルの少なさ。実はHL-4570CDWの前は他社のレーザープリンターでカラープリントを行っていたのですが、突然の故障によって困った経験が何度もありました。たとえば、明日の模擬試験で使うための問題集を作っている時に、機械が壊れてしまったら対応することができません。その点、ブラザー製品はどの機種も一度も故障や紙づまりが起きたことはなく、いつも安心して使うことができました。


当校の業務では問題集のプリント以外にも保護者の方への連絡のための書類や模擬試験の問題など、さまざまな目的でプリントを行っており、プリント・コピーを合わせると、1か月に数千枚から1万枚近い枚数になります。そのため当校では複数のマシンを使い分けて仕事を行っていますが、その中でもブラザー製品への信頼感は抜群です。私がブラザーというメーカーに対して抱いているのは、「良いモノづくりをしているな」という印象です。それは、いろいろな機種を実際に使って見比べてきた人間だからこそ実感できるものだと思います。

ご使用のプリンターはこちら

ご使用のプリンターはこちら

カラーレーザープリンター

関連する導入事例