ランニングコスト&印刷スピード

L判サイズ(フォト印刷)の印刷コスト算出条件
概要 写真イールド規格"ISO/IEC29102"に規定される方法で、各インクカートリッジのイールド枚数(印刷可能枚数)を求めました。
印刷コストは、インクコストと用紙コストの合計のインク・用紙合計コストを算出しました。
印刷に使用したアプリケーションソフト FAXビューア / フルページ写真プリント
測定サンプル
■カラー
A4サイズ(文書印刷)の印刷コスト算出条件
概要 一般文書イールド規格"ISO/IEC24711"に規定される方法で、各インクカートリッジのイールド(印刷可能枚数)を求めました。印刷コストは、インクコストのみを算出しました。
印刷に使用したアプリケーションソフト Adobe® Reader X
測定サンプル
■モノクロ
A4サイズ(文書印刷)の印刷コスト算出条件
概要 "JIS X 6931(ISO/IEC 19752)"に定めるモノクロパターンを用いて"ISO/IEC24711"に規定される方法で、
インクカートリッジのイールド(印刷可能枚数)を求めました。印刷コストは、インクコストのみを算出しました。
印刷に使用したアプリケーションソフト Adobe® Reader XI
測定サンプル

ランニングコスト算出にあたりインクカートリッジ及び専用紙の価格は弊社オンラインショップ「ブラザーダイレクトクラブ」2016年9月時点での各色単体価格(税込)から税抜価格を算出したものを使用しました。
コスト表記は、小数点第二位を繰り上げ、小数点第一位までを記載いたしております。
ランニングコストは、使用する用紙及び印刷モードあるいは印刷原稿、印刷やクリーニングの頻度、印刷環境により変動します。
プリビオは印刷品質維持安定のため、オートクリーニング機構により電源投入中(本製品の電源プラグをコンセントに差したままの状態)及び印刷中に定期的にインク各色の強制吐出を行い消費します。
コスト計算につきましては、JEITA作成発行の「家庭用インクジェットの印刷コスト表示に関するガイドライン第2版」に準拠して計測しています。

L判サイズ(フォト印刷)の印刷スピード算出条件
測定画像 日本規格協会SCIDサンプル「自転車」N5Aデータ
使用用紙 BP71写真光沢紙L判
PC環境 PCモデル:LENOVO ThinkCentre M6100T
スペック:CPU Pentium® DUAL-CORE 3.2GHz OS:Windows® XP Professional SP3
設定 プリンタードライバーの「普通」モード出力(デフォルトは「高画質」モードです。)
印刷に使用したアプリケーションソフト FAXビューア/フルページ写真プリント
測定サンプル

印刷スピードは用紙1枚の印刷における、スライドトレイの給紙開始から排紙が終了した時点までを測定。
印刷スピードは、パソコンとのデータ処理、転送時間を含みません。
印刷スピード測定の画像データはオリジナルデータからサイズをL判に加工し、測定。

年賀状の印刷コスト・印刷枚数算出条件
測定画像 ブラザーオリジナル
PC環境 PCモデル:TOSHIBA Dynabook Satelite Pro S850 Siries
スペック:CPU Intel Celeron 1000M 1.80GHz
OS:Windows®7 Professional SP1
設定 プリンタードライバーのおまかせ印刷「インクジェッ用はがき印刷 裏面(通信面)」
印刷に使用したアプリケーションソフト FAXビューア/フルページ写真プリント
測定サンプル

印刷コストおよび印刷可能枚数は、すべて当社測定環境下における参考値であり、あくまでも目安となる数値です。
年賀状の印刷コストは、インクコストのみの数値です。(用紙コストは含みません)
印刷可能枚数は通信面のみの連続印刷における枚数で、プリンター同梱の初期セットアップ用ではなく2回目以降に取り付けたインクカートリッジを使用して測定しています。
ランニングコスト算出にあたりインクカートリッジの価格は弊社オンラインショップ「ブラザーダイレクトクラブ」の2016年10月時点での各色単体価格(税込)から税抜価格を算出したものを使用しました。
コスト表記は、小数点第二位を繰り上げ、小数点第一位までを記載いたしております。
ランニングコストは、使用する用紙及び印刷モードあるいは印刷原稿、印刷やクリーニングの頻度、印刷環境により変動します。
プリビオは印刷品質維持安定のため、オートクリーニング機構により電源投入中(本製品の電源プラグをコンセントに差したままの状態)及び印刷中に定期的にインク各色の強制吐出を行い消費します。
対象機種:DCP-J968N、DCP-J767N、DCP-J567N、MFC-J887N、MFC-J997DN/DWN、MFC-J907DN/DWN、MFC-J837DN/DWN、MFC-J737DN/DWN

印刷スピード算出条件

A4サイズ(文書印刷)の印刷速度算出条件
概要 国際標準ISO/IEC24734、24735、29183(Word/Excel/PDF複数文書もしくはPDF文書の連続印刷)に基づく印刷速度及びコピー速度(片面印刷の場合)です。ISO/IEC 24734,24735は標準設定のプリントおよびコピー速度の測定方法です。普通紙プリントスピードはISO/IEC 24734 片面印刷ESATの平均値です。普通紙コピースピードはISO/IEC 29183 sESAT/sFCOTの平均値です。普通紙ADFコピースピードはISO/IEC 24735片面印刷ESATの平均値です。sESAT,ESATは1セット目の印刷時間は除きます。
PC環境 PCモデル:LENOVO ThinkCentre M6100T
スペック:INTEL® CORE™i5 4440S CPU@2.80GHZ
OS:Windows® 7 Professional SP1
印刷に使用した アプリケーションソフト Adobe Reader XI,Microsoft Office Excel 2010,Microsoft Office Word 2010
測定サンプル

保存性に関する表記について

アルバム保存:100年以上 耐光性:50年以上
対象モデル DCP-J968N、DCP-J767N、DCP-J567N、MFC-J887N、MFC-J997DN/DWN、MFC-J907DN/DWN、MFC-J837DN/DWN、MFC-J737DN/DWN
  • 同等機種で、JEITA(社団法人電子情報技術産業協会)発行のデジタルカラー写真プリント画像保存性評価方法 (JEITA CP-3901)の屋内耐熱性試験方法・屋内耐光性試験方法及び寿命判断基準に準じて算出した予測値です。
  • 実際の保存年数は保存方法、保存環境によって異なります。表示年数は、(JEITA CP-3901)の屋内耐熱性試験方法・屋内耐光性試験方法によりシミュレーションされたものであり、ブラザー工業(株)が保証するものではありません。
  • 【写真プリントを長持ちさせるために】写真プリントは日差しや外気の影響で変化します。できるだけ光や外気を避けた条件下で保存してください。

このページをシェアする