株式会社福山臨床検査センター

PDFアイコンダウンロード [PDF/390KB]
  • 株式会社福山臨床検査センター 株式会社福山臨床検査センター
  • 医療医療

    先進システム「FMi/FMo」で病医院から依頼される検査業務を一挙に合理化。

    臨床検査業界の大手企業である株式会社福山臨床検査センター様は、病医院から預かった血液などの検体を検査分析する業務を行っています。
    従来の検査依頼は、専用の手書き依頼書や、電子カルテから出力された電子媒体で行われていました。しかし患者氏名などを検体容器に転記する手間や、検体の取り間違えのリスクなどの課題があり、その解決のために電子カルテなどと連携した新しい検査システム「FMi/FMo」を開発しました。
    これにより、検査依頼から結果報告までが一挙に合理化されました。

    名 称
    株式会社 福山臨床検査センター
    設 立
    1970年4月(1967年5月創業)
    所在地
    広島県福山市草戸町1-23-21
    資本金
    4,800万円
    代表者
    代表取締役 近本肥于
    事業所
    本社/福山
    支所/東京、大阪、神戸、米子、岡山、広島、呉、三次、東広島、周南、下関、高松、松山、福岡、北京
    従業員数
    389人(正社員)
    URL
    http://www.fmlabo.com/ (「株式会社福山臨床検査センター」のサイトへリンクします)

導入目的: 臨床検査システムとの連携で検査業務を大幅に合理化!
導入製品: QL-700

  • バーコード
    ラベル出力可能
  • 安価な
    総導入コスト
  • 優れた印字品質

営業本部本部長 小林広明様

当社の臨床検査システム「FMi/FMo」の運用にあたり、ブラザーのQLシリーズは最適なラベルプリンターでした。
ブラザーのラベルプリンターQLシリーズを、高く評価しています。当社の臨床検査システム「FMi/FMo」と連携する複数のラベルプリンターを比較検討したのですが、コストが安価で、ラベルサイズが最適であり、耐久性などの品質に優れていることが選定の決め手でした。 病医院にとっても、氏名の転記ミスがなく、検体容器の取り間違いがなくなり、お客様の作業負荷も軽減するなど、きわめて多くのメリットがありました。

営業本部本部長 小林広明様
営業本部本部長 小林広明様

だから私は、ブラザーを選びました!

  • 導入の背景

    転記の手間や作業ミスが課題

    導入の成果

    作業の手間とミスを改善

    まず患者氏名などを転記する手間と間違いが皆無になったこと。ネットワーク標準モデル(QL-580N)導入の病医院は、医師の検査指示が院内LANを通じて瞬時に製品本体に送られ、バーコードラベル出力されるため、検体容器の種類の判別が容易になり、作業ミスがなくなったことも大きなメリットでした。

  • 導入の背景

    従来の検査依頼手法を改善

    導入の成果

    同社の信頼性も大きく向上

    病医院と一体となってミス撲滅と作業合理化を実現した同社の姿勢は、医療業界や臨床検査業界から、高く評価されています。

  • 導入の背景

    FMi/FMoで一挙に作業合理化

    導入の成果

    病院の依頼作業を大幅合理化

    新しい検査システムとラベルプリンターの導入により、病医院の検査依頼作業は大幅に合理化されました。

  • リバーサイド内科クリニック 院長 山下郡司様 リバーサイド内科クリニック 院長 山下郡司様
  • リバーサイド内科クリニック 
    院長 山下郡司様

    検査指示が的確に伝わり、しかも作業が効率化される。
    この仕組みは、私が求めていた理想の検査システムでした。

    福山臨床検査センターからのお勧めで、臨床検査システムとラベルプリンターを導入しましたが、非常に素晴らしい仕組みだと感じています。 検査依頼書を手書きしなくなったことで、カタカナの「ソ」と「ン」の判別ミスなどがなくなり、また検査指示が看護師に的確に伝わるようになりました。 ミスがなくなり、しかも作業の効率化を実現したこのシステムは、私が求めていた理想に近いシステムだと評価しています。

複数のラベルプリンターを比較検討、

安価な総導入コストと
最適なラベルサイズで選定。

新しい検査システムを運用するためには、病医院で検体容器に貼付するバーコードラベルを出力する必要がありました。同社は複数のラベルプリンターを比較検討した結果、ブラザーの感熱ラベルプリンターQLシリーズを選定しました。

その理由は、まず低コストであったことです。お客様が導入しやすいように消耗品も含めた総導入コストが安価であることが絶対要件でした。また検体容器に貼付するのに適したサイズのラベルが豊富だったこと。

そして同社の検査基準に適合した解像度300dpiの優れた印字品質、ラベル耐久性も重要な要因でした。

新しい臨床検査システム「FMi/FMo」と

「バーコードラベル」による
検査業務のプロセス

QLシリーズから出力されたバーコードラベルにより、検査プロセスが大幅に合理化されました。

ピータッチの活用法 ピータッチの活用法

ご使用の製品はこちら

感熱ラベルプリンター

ラベルプリンターの導入事例をみる

株式会社カワベ 導入事例をみる
株式会社福山臨床検査センター 導入事例をみる
株式会社サカエヤ 導入事例をみる
医療法人幸仁会 阪本病院 導入事例をみる
株式会社キューピット大和 導入事例をみる

あらゆるビジネスのニーズに応える
複合機・プリンターをラインアップ。
現場が求める機能・性能を備える
ブラザーのビジネスプリンター。

  • 使用例1
  • 使用例2
  • 使用例3

このページをシェアする