Brothe at your side

Japan
Search

代表取締役社長

三島 勉

ブラザー販売の変革と挑戦 ブラザー販売で働くすべての皆さんが
やりがいをもってイキイキと活躍する!!

そんな会社であり続けたい

代表取締役社長 三島勉

お客様の声を分析し、
ブラザーの製品/サービスに
的確に反映し、
その価値をお客様に効率的にお届けする。
これがブラザー販売のマーケティングの基本。

「ブラザー販売は何をする会社ですか?」と学生の皆さんから良く質問されますが、ブラザー販売は“マーケティング会社”ですとお答えしています。実際、社員の皆さんにも“マーケティングとは?“という問いを折々に投げかけています。ブラザー販売は、ブラザーグループの中で最もお客様(エンドユーザー/ビジネスパートナー)に近いところにある会社として、お客様の声を集め、分析し、ご要望を的確にブラザー製品/サービスに反映し、完成した製品の価値をお客様に効率的にお届けすることを使命としています。

自分たちが携わった新製品が発売されて、お客様から高い評価をいただきたくさん売れていくことが、メーカーのマーケティングをしている者にとっての最高の喜びだと思います。ブラザー販売はブラザーグループの国内マーケティングを担う企業として、マーケティング力を磨き上げ、より良い製品やサービスを世の中に送り出すことで、お客様やビジネスパートナーから信頼される企業、従業員にとって働きがいと誇りの持てる企業、そして未来永劫に繁栄し続ける企業を目指しています。

代表取締役社長 三島勉

SOHO向けプリンター/複合機のトップブランドから
ソリューション領域への本格進出。

創業時から続くミシンを扱う「ホームファッション機器事業」はブラザーグループ全体でも順調に利益を稼ぎ出す事業であり、ホビー/クラフト市場でのトップブランドとして、これからも市場を牽引していきます。
ミシンの修理業からスタートしたブラザーですが、実はさまざまな製品を世に送り出してきました。洗濯機や掃除機などの家電、さらにはオートバイまで生産販売していたことを知っている方は少ないと思います。時代やお客様のニーズに応えるユニークな製品を供給するために柔軟に事業ポートフォリオを変革してきたのです。失敗した事業も数多くありますが、失敗を恐れずチャレンジすることを最も大切にするブラザーの環境が今も息づいています。
そして現在のブラザー販売は、プリンターや複合機などを扱う情報機器事業が売上の8割以上を占めています。日本においてもSOHO(スモールオフィス、ホームオフィス向けプリンター/複合機ではトップブランドの一つです。家電量販店のプリンター売り場を見ていただくとブラザー製品が本当にたくさん展示されていることに驚かれるでしょう。特に、小型のビジネスプリンターでは圧倒的な商品力を持ち、BCNアワードのページプリンター部門で3年連続ナンバーワンの表彰を受けています。(全国の量販店のPOSデータを日次で収集・集計した「BCNランキング」に基づき、パソコン関連・デジタル家電関連製品の年(1月~12月販売台数第1位のベンダーを表彰する賞)

ブラザーグループは、2016年4月に新中期戦略「CS B2018」をスタートさせました。“Transform for the Future ~変革への挑戦~”というテーマのもと、「事業」「業務」「人財」の3つの変革を推進し、新たな事業体への変革を図ろうとしています。ブラザー販売も主力の情報機器事業では、収益力強化とさらなる飛躍に向け、SOHO向け市場での更なる基盤の強化とソリューション領域への積極展開を進めています。ソリューションとは、「スピードが速い・コストが安い」といった製品の性能面での訴求ではなく、お客様の使用環境や要望に合わせて製品やサービスを組み合わせた提案活動のことを指します。ブラザーは、モバイル端末やネットワークサービスとの連携を強化した幅広い製品ラインアップを通じて、お客様のビジネスに活力を与えるようなソリューション提案を積極的に行っていきます。

代表取締役社長 三島勉

「安心してチャレンジできる風土」と「自律」した人財が
働きやすい環境づくりを目指す。

ブラザーは100年以上、時代の変化の中でさまざまな困難に直面しながらも、事業や製品を時代やマーケットに合わせて柔軟に変化させることによって生き残ってきた歴史のある会社です。安定した事業基盤のもと、新たなことに気持ちよくチャレンジできるのがブラザーの強みです。(生き残るためには、常に変革へのチャレンジをしていかなければなりません。)
国内の社会環境が変化していく中で、私たちはよりきめ細かなマーケティングを求められるようになっていきます。需要の細分化によってヒット商品は生まれづらくなり、個々のお客様にとって最適な製品を最適なルートで提供し、適切な方法で知らせるOne to Oneの情報発信が必要となってきています。そうしたきめ細かなマーケティングは当社が最も得意とするところです。
これからの世代を担う学生の皆さんにも、何事にも前向きチャレンジする力を期待しています。そして、入社後は、アンテナを高くはり、色々なことに興味を持ち、一歩先を行く、そんなプロフェッショナルのマーケターとして活躍していただけるのを期待しています。