導入事例:有限会社イノマタ印刷工芸様

手厚いサポートで2機種導入でも安心。
印刷のプロに必須のアイテムです。

有限会社イノマタ印刷工芸は、地元(新潟県燕市)の特産品であるスプーンやカップなどの金属製品やその他多種多様な材質の製品に文字や絵などをプリントする特殊印刷を専門としている印刷会社です。レーザーマーキングのほか、細かい網目状の印刷版を用いて印刷するスクリーン印刷やインクの付いたパットをスタンプのように押し付けるパット印刷などの印刷技法を用い、多様なお客様のニーズに応えています。

事業内容 スクリーン印刷やパット印刷をはじめとした各種特殊印刷
企業規模 4人(2018年10月1日 現在)
レーザーマーキング用途 製品への印字(文字や絵など)
印字対象 金属製カトラリー、カップなど

※掲載されている企業規模などの情報は導入事例コンテンツ掲載当時のものです。

イノマタ印刷工芸様の導入ポイント

導入の背景

操作できる社員がおらず、仕事を断っていました。

新潟県燕市は金属加工食器の一大産地。生産されたスプーンやカップに社名やロゴなどを入れて、ノベルティグッズとして活用したいという企業の需要も昔から数多くありました。最近のお客様は、より細かく精巧なものを求める傾向にあるため、レーザーマーカー導入は懸案課題に。

しかし、簡単には導入できない理由がありました。社員にレーザーマーカーを使いこなせそうな人材がいなかったためです。「先代の遺志を継ぎ、会社を必死で切り盛りする祖母を助けたい」という一心で、2017年4月に入社。その後、レーザーマーカーを導入し、担当者として扱い方を覚えました。

今のところお客様からの評判も上々で、需要も順調に増えています。祖母の手助けができて、本当によかったです。

レーザーマーカーを導入検討した遠藤様

スムーズな印字

一つ一つ丁寧な仕上げ

導入してよかった3つのポイント

  • 1.操作がカンタン
  • 2.2機種の併用で効率アップ
  • 3.手厚いサポート体制

1.想像以上に高い操作性。カンタンに使い方を覚えることができました。

イノマタ印刷工芸が「LM‑2550」を、導入したのは2017年10月のことです。導入前は「私には上手に操作ができないかもしれない」と不安を感じていましたが、いざ使ってみると思っていた以上に操作しやすかったです。導入から1カ月もしないうちに、お客様からの依頼を引き受けることができるようになりました。

印字するデータは付属の「LM‑Editor」というソフトを使って作りますが、文字はもちろん、画像や図形などのデータも苦労なくできてしまいます。やり直しがきかないため、本番前は今でも緊張しますが、確認を怠ることさえなければ、確実に印字ができます。

思い通りの作業が可能に

データ作成も簡単

高品質な印字が確実に

2.特徴の異なる2つの機種を使い分けて、作業効率がグーンとアップ。

「LM‑2550」を導入してから9カ月後の2018年8月に「LM‑3200F」を新たに導入しました。レーザーマーキングの需要が増え、「LM‑2550」1台ではとても対応しきれなくなってきたためです。

「LM‑3200F」は操作性の難易度が高い分、これまでは出せなかった色が出せたり、印字スピードが速かったりするという特徴があります。

当社では、カップなどの曲面に印字をする場合には「LM‑2550」、白い字や平面のものに印字をする場合には「LM‑3200F」というように、印刷する内容に合わせて2台を効率的に使い分けています。おかげで、今までより多くの需要に応えられるようになりました。

カップへの高品質な印字を実現

印字作業もスムーズに

スプーンへの印字

3.安心・充実のサポート体制。疑問点もすぐに解消してくれます。

「LM‑2550」も「LM‑3200F」も操作性が高いとはいえ、おそらく私一人の力だけでは、ここまで使いこなせるようにはならなかったでしょう。営業さんをはじめブラザーの皆さんが手厚くサポートをしてくれたおかげだと思っています。

特に感心したのはレスポンスの速さ。分からないことがあって質問をすると、早い場合はその日のうちに、遅くても翌日には何らかの答えを返してくれるので、仕事が滞ることがありません。

先代からの当社のモットーは「納期を厳守する」こと。ブラザーさんがしっかりサポートをしてくれているおかげで、当社のよき伝統を守り続けることができています。

手厚いサポートもあり、日々技術が進歩

先代から受け継がれる技術

笑顔溢れる皆さん

お客様の声

有限会社イノマタ印刷工芸 取締役
猪俣 晴子 様

私たちのような規模の小さな会社が40年も続けてこられたのは、お客様からの信頼があってのこと。その信頼に応えたいという思いから、以前から検討していたレーザーマーカーの導入に踏み切りました。
当社は「出来映えに納得のいかないものは納品をしない」という方針を掲げていますが、「LM‑2550」も「LM‑3200F」もきれいに印字ができ、お客様にもご満足いただいているようです。おかげ様で導入以降は途切れることなく、お仕事をいただいています。
これからも引き続き、お客様のご要望に応えるために、高い印字品質を追求していきたいと思います。

会社概要

社名 有限会社イノマタ印刷工芸
事業内容 スクリーン印刷やパット印刷をはじめとした各種特殊印刷
設立 1978年10月
本社所在地 新潟県燕市吉田西太田281‑8
導入事例 PDFダウンロード

導入した製品情報

コントローラーの機能をレーザーヘッドに一体化した、ヘッドのみで稼動可能なモデルです。コントローラーとレーザーヘッドを接続していたケーブルにも悩まされることが無くなり、設置時の自由度が高まりました。

電磁式ドアロック機構搭載、内部観察用窓付き、レーザー光を遮断するラビリンス構造、Class1相当対応。

深彫りによる確実な印字が可能なため、幅広い場面での品質管理や生産性の向上に貢献します。

電磁式ドアロック機構搭載、内部観察用窓付き、レーザー光を遮断するラビリンス構造、Class1相当対応。

その他の事例

兵神装備株式会社様
  • 製品管理用の銘板印字(シリアル番号など)
  • ステンレス板、金属製工具など
  • 置き換えストレスゼロ|作業時間の削減|ブランド戦略への貢献
株式会社ユーロックテクノパーツ様
株式会社ユーロックテクノパーツ様
  • 製品への印字(ブランド名やシリアル番号など)
  • ステンレスボルト・ナット、金属製工具など
  • 生産性・顧客満足度の向上|高品質・高精細な印字|誰にでも操作が可能
導入事例一覧

レーザーマーカー お問い合わせ・サポート情報

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

TEL:052-824-4195

受付時間:月曜~金曜 9:00~18:00

このページをシェアする