iOS/Android™版Mobile Deployを用いてプリンター本体に複数設定をまとめて行なう

概要

Mobile Deploy は、モバイル端末 (iPhone/iPad、Android™) 向けアプリケーションです。
Mobile Deploy を用いることで、モバイル端末から簡単に、プリンター本体に複数設定をまとめて行なうことができます。

  • * iOS版Mobile Deploy は AppStore から、Android™版Mobile Deploy は Google Play™ Store からダウンロードが可能です。

注)

  • あらかじめ管理者は、プリンター本体へ複数設定するためのデータファイルを作成後、サーバー上に置く必要があります。
  • 管理者は、Dropbox または httpsサーバー、および json を扱うスキルがある方を前提としています。
  • httpsサーバーを用いる場合、お客様側で httpsサーバーを用意頂く必要があります。

Mobile Deploy は以下のような事例にお使いいただくと便利です。
<例>
配送用途のため、数百名の担当者へそれぞれ iOS/Android™ 端末とモバイルプリンターを配布している。
その後、すべてのプリンターについてファームやテンプレート等を同じ設定に変更する必要が発生した。
この際、従来は管理者がすべてのプリンターを回収して、設定 (セットアップ作業) 後に再配布する運用を行なう場合があった。
今回の Mobile Deploy を用いると、管理者はプリンターを回収することなく、各担当者が正確に手元でプリンター本体の設定を簡単に行なうことが可能になります。

設定手順概要

<管理者の手順>

<担当者の手順>

システム構成図(例:Dropboxの場合)

担当者がファイルをダウンロードする時に、「アップデートできません」というエラーが出る場合は、下記の FAQ をご覧ください。
[Q] ファイルをダウンロードしようとしたら、「アップデートできません」というエラーが出ます。

システム構成図(例:Dropboxの場合)

仕様

対応モデル一覧

対応OS
iOS (10.0または、最新バージョン) Android™ (4.4または、最新バージョン)
Bluetooth® (MFi) Wi-Fi® USB Bluetooth® Wi-Fi®
TD-4550DNWB
TD-2130N/2130NSA ×
RJ-4250WB
RJ-4230B × ×
RJ-3150Ai
RJ-3150 ×
RJ-3050Ai
RJ-3050 ×
RJ-2150
RJ-2140 × ×
RJ-2050
RJ-2030 × × ×
PJ-773 × ×
PJ-763MFi × ×
PJ-763 × × ×

対応インタフェース

iOS:Bluetooth® (MFi)、Wi-Fi
Android™:Bluetooth®、USB、Wi-Fi

プリンター本体へ設定可能な項目

設定項目 ファイル形式 入手方法 blfファイル作成に使用するツール
Firmware blf ブラザー工業が必要に応じて提供します -
P-touch Template blf 管理者が作成します P-touch Editor でテンプレート (lbxファイル) 作成後、P-touch Transfer Manager を用いて blf 形式でファイル保存します。
P-touch Template + データベース blf 管理者が作成します P-touch Editor でテンプレート (lbxファイル) 作成後、P-touch Transfer Manager を用いて blf 形式でファイル保存します。
通信設定 blf 管理者が作成します 通信設定ツールによりコマンドファイル (bin形式) を保存します。
P-touch Transfer Manager を起動します。レイアウト上に bin ファイルをドラッグ&ドロップ後、blf 形式でファイル保存します。
本体設定 blf 管理者が作成します 本体設定ツールによりコマンドファイル (bin形式) を保存します。
P-touch Transfer Manager を起動します。レイアウト上に bin ファイルをドラッグ&ドロップ後、blf 形式でファイル保存します。
カスタム用紙サイズ*1 blf 管理者が作成します カスタム用紙サイズ設定ツールによりコマンドファイル (bin形式) を保存します。
P-touch Transfer Manager を起動します。レイアウト上に bin ファイルをドラッグ&ドロップ後、blf 形式でファイル保存します。
フォント*2 blf 管理者が作成します
<注意>フォント使用にはライセンスが必要です。
Font Manager によりコマンドファイル (bin形式) を保存します。
P-touch Transfer Manager を起動します。レイアウト上に bin ファイルをドラッグ&ドロップ後、blf 形式でファイル保存します。
  • * blf ファイルは、機種毎に作成してください。同じシリーズ (例:RJ-2シリーズ) の場合も、RJ-2030、RJ-2050、RJ-2150 はそれぞれ向けの blf ファイルを作成する必要があります。
  • *1 弊社のプリンター製品は、RJ シリーズと TD シリーズが対応しています。
  • *2 弊社のプリンター製品は、RJ-4230B、RJ-4250WB が対応しています。(2018年9月時点)

設定手順(詳細)

[1] 管理者が、プリンター本体に複数設定をまとめて行なうためのファイルを用意する

担当者がファイルをダウンロードする時に、「アップデートできません」というエラーが出る場合は、下記の FAQ をご覧ください。
[Q] ファイルをダウンロードしようとしたら、「アップデートできません」というエラーが出ます。

1. プリンターへ転送用の blf ファイルを作成します。

注意(Version 2.0 以前をご使用の場合)

作成するファイル名は以下のルールに従って命名してください。

先頭に来る文字列(数字とアンダーバー)で、送るファイルの種類を指定します。
例)1_firmware.blf、2_font1.blf、2_font2.blf (フォントが複数ファイルある場合)

フォルダーに分けてファイルを送る場合は、ファイルの種類ごとにフォルダーを分けてください。また、各フォルダー名の先頭に下記テーブルに記載のある文字列(数字+アンダーバー)をつけてください。

先頭に来る文字列 送信データ
1_ ファームウェア
2_ フォント
3_ テンプレート
4_ データベース
5_ P-touch Template設定
6_ 用紙設定
7_ 本体設定
9_ 通信設定

※Version 2.1 以上をご使用の場合、上記のルールに従って命名する必要はありません。
ファイルは、以下の順番で送信されます。
1. ファームウェア
2. テンプレート+ データベース
3.(ファイルサイズ順)
  フォント
  P-touch Template設定
  用紙設定
  本体設定
  通信設定

<blfファイルの作成例1> P-touch Template
  1. a. P-touch Editor を起動してレイアウトを作成します。
<blfファイルの作成例1> P-touch Template
  1. b. P-touch Editor のメニュー [ファイル] - [テンプレートの転送] - [転送...] から、P-touch Transfer Manager を起動します。
    [転送ファイル保存] ボタンをクリックして、blf 形式のファイルとして保存します。
<blfファイルの作成例1> P-touch Template
<blfファイルの作成例2> カスタム用紙サイズ
  1. a. カスタム用紙設定ツールを起動します。
    カスタム用紙サイズを作成後、[オプション] ボタンをクリックし、"コマンドファイルに保存…"を選択してコマンドファイル(bin形式)を保存します。
<blfファイルの作成例2> カスタム用紙サイズ
  1. b. P-touch Transfer Manager を起動します。bin ファイルをレイアウト上にドラッグ&ドロップします。
    [転送ファイル保存] ボタンをクリックし、blf 形式のファイルとして保存します。
<blfファイルの作成例2> カスタム用紙サイズ

Dropbox に置く場合は、フォルダ共有のため zip 圧縮する必要はありません。

<blfファイルの作成例2> カスタム用紙サイズ

https サーバーに置く場合は、blf ファイルをまとめて zip 圧縮します。

<blfファイルの作成例2> カスタム用紙サイズ

2. 設定ファイル (json形式) を用意します。

設定ファイル (json形式) を用意します。
  • ファイル名は任意ですが、管理のため zip ファイルと同じ名称を推奨します。
  • ファイルの拡張子は、"json"です。

json ファイルの中身は、以下を記載ください。

設定ファイル(json形式)を用意します。
  • * url は、管理者が Dropbox または https サーバーへ配置予定の url 先を記載ください。
    Dropbox の場合: url は、フォルダの配置場所です。例:"url": "xxx/RJ2150",
    https サーバーの場合:url は、zip ファイルの配置場所です。例:"url": "xxx/RJ2150.zip",
  • * Dropbox を用いる場合、共有リンク設定が必要です。
    query 部分に"dl=1"を含めてください。json ファイルも同様です。
    Dropbox 共有リンクの仕様は例えば、Dropbox社の以下の URL の説明を参照ください。(Dropbox社のページが開きます。)
    https://www.dropbox.com/ja/help/files-folders/view-only-access[新しいウィンドウ]
    https://www.dropbox.com/ja/help/desktop-web/force-download[新しいウィンドウ]
  • * version は、管理者が管理するために値を設定ください。バージョンの形式は、x.y.z (x y zは自然数) としてください。
    この version 情報は、Mobile Deploy で複数設定が正常に完了したときにモバイル端末が保持します。
    管理者は複数設定を更新したい場合は、前回より大きいバージョンを設定してください。
  1. * 但し Mobile Deploy の仕様として、version が同じ場合でも強制的に再度プリンターへ転送する機能があります。

[2] 管理者が、用意したファイルをサーバー (Dropbox または https サーバー) へ置きます

[3] 管理者が、iPhone/iPad/Android™端末を使用する各担当者に、メール等でプリンター本体に複数設定をまとめて行なう手順 (Mobile Deploy の操作方法) を案内する

<前提事項>
担当者が主に行なうことは、

  1. 1. Mobile Deploy インストールおよび起動
  2. 2. URL 登録 (管理者が json ファイルを置いたサーバー上 (Dropbox または https サーバー) の URL)
    Dropbox の場合: URL は、json ファイルの配置場所です。共有リンク設定が必要です (query 部分に"dl=1"を含める)。
    例:https://www.dropbox.com/s/xxxx/RJ2150.json?dl=1
    https サーバーの場合 : URL は、jsonファイルの配置場所です。
    例 : https://xxxx/RJ2150.json
  3. 3. 端末とプリンターを接続して一括設定を実行する

の 3 点です。各担当者がこの手順をスムーズに行なえるように、管理者は各担当者にメール等で案内をしてください。

1、2 について、管理者が担当者に案内する方法は、主に以下の 3 つの方法があります。

<方法1>管理者は担当者にメールで、Mobile Deploy の手動インストールを案内する。

また Mobile Deploy に登録する URL (管理者がファイルを置いたサーバー上の URL) を案内する。

<管理者から担当者への案内メール例>
  • Mobile Deploy は、AppStore、Google Play™ Store からダウンロードしてください。
  • プリンター本体に複数設定をまとめて行なうための必要なファイルは以下の URL に置いてあります。
    <例>https://www.dropbox.com/s/xxxx/RJ2150.json?dl=1
  • 担当者は Mobile Deploy 起動後、上記 URL をコピーペーストしてください。
管理者は担当者にメールで、Mobile Deployの手動インストールを案内する。
管理者は担当者にメールで、Mobile Deployの手動インストールを案内する。
  • iPhone/iPad/Android™端末とモバイルプリンターを接続してください。
    Mobile Deploy からプリンター選択後、一括設定を実行してください。

<方法2>管理者は担当者にメールで、所定の URL を案内する。

担当者はこの URL をクリックすることで、自動的に Mobile Deploy が起動かつ URL (管理者がファイルを置いたサーバー上の URL) が登録されます。

<管理者から担当者への案内メール例>
  • 以下の URL をクリックしてください。
    <例>com.brother.mobiledeploy://?url=https://www.dropbox.com/s/xxxx/RJ2150.json?dl=1

    この操作により、Mobile Deploy が起動して、プリンター本体をまとめて設定するための必要なファイルが置かれたURLが自動的に設定されます。
  • もし上記が正しく動作しない場合は、以下の操作を実行ください。
  • Mobile Deploy は、AppStore、Google Play™ Store からダウンロードしてください。
  • プリンター本体の一括設定に必要なファイルは以下の URL にアップしています。
    <例>https://www.dropbox.com/s/xxxx/RJ2150.json?dl=1
  • 担当者は Mobile Deploy 起動後、上記 URL をコピーペーストしてください。
  • iPhone/iPad/Android™端末とモバイルプリンターを接続してください。
    Mobile Deploy からプリンター選択後、一括設定を実行してください。
  • * アプリケーションを起動させるURLの仕様は、以下となります。
    com.brother.mobiledeploy://?url=https://xxxx
    Mobile Deployを起動する部分 ⇒ com.brother.mobiledeploy://
    起動した Mobile Deploy に URL を設定する部分 ⇒ ?url=以降のURL部分(https://xxxx)
  • * メールアプリによっては、この URL (com.brother.mobiledeploy://?url=https://xxxx) はリンク扱いになりません。
    この場合は<方法3>または、手動設定を案内ください。

<方法3>管理者は担当者にメールで、所定の URL を案内する。

担当者はこの URL をクリックすることで、自動的に Mobile Deploy が起動かつ URL (管理者がファイルアップしたサーバー上の URL) が登録される。

<管理者から担当者への案内メール例>
  • 以下の URL をクリックしてください。
    <例>
    www.brother.co.jp/product/dev/specific/mobile_deploy/redirect/index.aspx?url=https://www.dropbox.com/s/xxxx/RJ2150.json?dl=1

    この操作により、Mobile Deploy が起動して、プリンター本体をまとめて設定するための必要なファイルが置かれた URL が自動的に設定されます。
  • もし上記が正しく動作しない場合は、以下の操作を実行ください。
  • Mobile Deploy は、AppStore、Google Play™ Store からダウンロードしてください。
  • プリンター本体の一括設定に必要なファイルは以下の URL にアップしています。
    <例>https://www.dropbox.com/s/xxxx/RJ2150.json?dl=1
  • 担当者は Mobile Deploy 起動後、上記 URL をコピーペーストしてください。
  • iPhone/iPad/Android™端末とモバイルプリンターを接続してください。
    Mobile Deploy からプリンター選択後、一括設定を実行してください。
  • * アプリケーションを起動させる URL の仕様は、以下となります。
    www.brother.co.jp/product/dev/specific/mobile_deploy/redirect/index.aspx?url=https://xxxx
    Mobile Deploy を起動する部分 ⇒ www.brother.co.jp/product/dev/specific/mobile_deploy/redirect/index.aspx
    起動した Mobile Deploy に URL を設定する部分 ⇒ ?url= 以降の URL 部分(https://xxxx)
  • * iPad OS 13 以上の iPad 端末から、このアプリケーションを起動させる URL をクリックした場合、アプリケーション起動できません。
    この端末の場合は、<方法3>以外の方法をご使用ください。

[4] 担当者が、管理者からの案内手順に従い、Mobile Deploy をインストールおよび起動して、プリンター本体に複数設定をまとめて行ないます。

  • * Mobile Deploy Ver.2.4.1 以上は、Deflate 形式、非圧縮形式の zip ファイルに対応しています。
    Mobile Deploy Ver.2.4.1 未満は、Deflate 形式の zip ファイルに対応しています。

ダウンロード

Mobile Deployは、AppStoreGoogle Play™ Storeからダウンロードできます。

FAQ(よくあるご質問)

Q

iPhone/iPadで管理者から送られてきたメール内のURL(<方法3>参照)をクリックしたが、真っ白なページが表示される。

A

Mobile Deployが未インストールの場合に、この現象が発生します。
iOS版Mobile DeployをApp Storeからインストールしてください。これによりこの現象は解消されます。

Q

Mobile Deployを使用してプリンター本体のBluetooth®を無効に設定したい。

A

管理者が担当者への案内の際に注意ください。
本体設定ツールで Bluetooth®を無効に設定して作成したコマンドファイル (bin形式)から、P-touch Transfer Manager を用いてblfファイルを作成することは可能です。
但し Mobile Deploy を用いてプリンター本体へ送信すると、プリンターに登録された時点で iOS/Android™端末とプリンターは Bluetooth®接続できなくなります。
このためこの設定を行う場合は、Android™版Mobile Deploy を使用してプリンターと USB 接続して使用する必要があります。

Q

ファイルをダウンロードしようとしたら、「アップデートできません」というエラーが出ます。

A

Windows 標準の zip 圧縮機能を使用して、圧縮したファイルをアップロードしてください。

ご購入を検討中のお客様へ

ご利用中のお客様へ(サポート)

開発をご検討中のお客様へ

  • 目的から選ぶ

    印刷したい、プリンターを設定・管理したい場合はこちらからご確認ください

  • b-PAC

    Windows 向けアプリケーション開発ツールについてのご案内

  • モバイル SDK

    モバイル端末向けアプリケーション開発ツールのご案内

  • コマンドリファレンス

    ラベルプリンターやモバイルプリンターの制御コマンドリファレンスのご案内

  • 機種から選ぶ

    ご利用の機種から、提供しているツールのご紹介

  • 導入事例

    開発ツールを利用した導入事例のご紹介

このページをシェアする