プリンター設定ツール(本体設定)で設定する

概要

プリンター設定ツールを使用すると、プリンターの通信設定、本体設定、P-touch Template 設定、および用紙サイズ設定をパソコンから指定することができます。
プリンター設定ツールは、プリンタードライバーなどの他のソフトウェアと同時にインストールされます。

プリンター設定ツールの 「本体設定」 では、プリンターとパソコンを USB または Bleutooth® 接続経由で接続すると、印刷設定情報を指定・変更できます。
1台のプリンターの本体設定を変更するだけではなく、同じ設定を複数のプリンターに適用することもできます。

本体設定で設定できる主な項目(モデルによって設定できる内容が異なります)

  • プリンターのコマンド形式
  • 印刷の向き(プリンタードライバーを使用しない場合に適用されます)
  • 印刷速度
  • 印刷の濃さ
  • カバークローズ時の用紙先端合わせ
  • 印字基点補正
  • ティアバー位置補正
  • フ ィードキー機能設定
  • 本体情報印刷
  • ブザー音
  • 連番モード
  • 本体の印刷履歴保存
  • 印刷後の印字データ消去
  • Bluetooth®/WLAN 完全無効モード
  • 用紙センサー調整
  • 液晶ディスプレー設定

1台の作業パソコンで、複数のプリンターに設定変更を適用する

  1. 1. 最初のプリンターに設定を適用した後で、プリンターをパソコンから取り外します。 次に、2台目のプリンターをパソコンに接続します。
  2. 2. [プリンター] ドロップダウンリストから、新しく接続したプリンターを選択します。
  3. 3. [設定] ボタンをクリックします。
    最初のプリンターに適用された同じ設定が、2台目のプリンターに適用されます。
  4. 4. 設定を変更するすべてのプリンターに、1~3 のステップを繰り返します。

Note:

  • 現在の設定をファイルに保存するには、[ファイル] - [エクスポート] をクリックします。
    [ファイル] - [インポート] をクリックし、エクスポートされた設定ファイルを選択することで、同じ設定を他のプリンターに適用できます。
  • ファイルのエクスポート/インポート機能を使って、他のパソコンにも同じ設定を共有すると、複数台のパソコンでも作業ができるようになります。

本体設定で行なった設定をコマンドファイルに保存して、プリンターに適用する

プリンター設定ツールの 「本体設定」 で指定した設定を、コマンドファイルに保存することができます。
保存したコマンドファイルを、マスストレージ機能を使用して、プリンターに設定を適用できます。(マスストレージ機能のあるモデルに限ります。マスストレージ機能の使い方は、対応するモデルの取扱説明書をご覧ください。)
マスストレージ機能を使用すると、プリンタードライバーを使用することなく、USB インターフェースを通じてプリンターにファイルを送信することができます。

弊社提供の汎用ソフトウェア一覧

プリンター設定ツールの 「本体設定」 に対応したモデルのみ使用できます。

関連情報

ダウンロード

ご購入を検討中のお客様へ

ご利用中のお客様へ(サポート)

開発をご検討中のお客様へ

  • 目的から選ぶ

    印刷したい、プリンターを設定・管理したい場合はこちらからご確認ください

  • b-PAC

    Windows 向けアプリケーション開発ツールについてのご案内

  • モバイル SDK

    モバイル端末向けアプリケーション開発ツールのご案内

  • コマンドリファレンス

    ラベルプリンターやモバイルプリンターの制御コマンドリファレンスのご案内

  • 機種から選ぶ

    ご利用の機種から、提供しているツールのご紹介

  • 導入事例

    開発ツールを利用した導入事例のご紹介

このページをシェアする