オートマチックドライバーインストーラーで簡単インストーラーを作成する

概要

オートマチックドライバーインストーラーとは、 プリンタードライバーを、 ご使用の設定にあわせて作成するツールです。
USB、 ネットワーク、 それぞれの接続毎にオリジナルドライバーを作成できユーザーに配布することができます。

オートマチックドライバーインストーラーの使い方

オートマチックドライバーインストーラーは、ウィザード形式で簡単インストーラーを作成することができます。
ユーザーにこのインストーラーを配布すると、クリックするだけでプリンタードライバーをインストールできますので作業の手間と時間を省くことができます。
※ Windows のみ対応です

  1. 1. サポートサイトから、オートマチックドライバーインストーラーをダウンロードします。(対応モデルのみ)
  2. 2. オートマチックドライバーインストーラーを起動します。
  3. 3. 「次へ」 をクリックした後に、作成するデバイスのタイプを選択し、「次へ」をクリックします。
  4. 4. 接続方法を選択して、「次へ」をクリックします。
  5. 5. 配布するプリンターを選択して、「次へ」をクリックします。
  6. 6. 「インストールされているドライバーを使用する」 にチェックを入れ、表示された一覧からモデル名とドライバー名を確認して配布するドライバーを選択し、[次へ]をクリックします。

Note:

  • カスタム設定をしたい場合は、「カスタム設定」 ボタンをクリックして設定を行なってください。
  • 必要であれば、「他のユーザーのためのインストールプログラムを作成します。このコンピューターにドライバーファイルをコピーしません。」 を選択します。
  1. 7. 配布用インストーラーの作成が始まり、「名前を付けて保存」 の画面が表示されますので、インストーラー 「*.exe」 に付ける名前と保存先フォルダを入力して保存します。 ユーザーはこの配布用インストーラーのファイルをダブルクリックするだけで、設定済みのドライバーをインストールできます。

Note:

  • インストール時に 「ソフトウェアの発行元を検証できません」 の警告画面が出ることがあります。
  • カスタム用紙を追加することはできません。

ダウンロード

ご購入を検討中のお客様へ

ご利用中のお客様へ(サポート)

開発をご検討中のお客様へ

  • 目的から選ぶ

    印刷したい、プリンターを設定・管理したい場合はこちらからご確認ください

  • b-PAC

    Windows 向けアプリケーション開発ツールについてのご案内

  • モバイル SDK

    モバイル端末向けアプリケーション開発ツールのご案内

  • コマンドリファレンス

    ラベルプリンターやモバイルプリンターの制御コマンドリファレンスのご案内

  • 機種から選ぶ

    ご利用の機種から、提供しているツールのご紹介

  • 導入事例

    開発ツールを利用した導入事例のご紹介

このページをシェアする