データベース置換印刷(バーコードスキャナー使用)

データベース置換印刷の手順

ここでは、下のイメージのような、商品バーコード(a)と商品名(b)、価格(c)、円(d)のラベルデータの作成例をご紹介します。

ラベルデータの作成例

商品バーコードを読み込むと、該当のラベルが印刷できます。
事前に、キーバーコード(商品バーコード)をご準備ください。

データベースと関連付けしたデータを作成する

  1. 1. Excel 等にて、データベース(一覧表)を作成します。
作成例のラベルを作成する場合:
a. バーコード部分に反映したいバーコードデータ(商品コード)=キーバーコード
b. 商品名
c. 価格
d. 円:固定データであり、データベース接続で関連付けされないデータ
d-1:作成したラベル内のテキスト部分を選択して、右クリックし、プロパティを開きます。
d-2:「文字の編集を禁止する」、「マウスドラッグと矢印キーによる移動とサイズの変更を禁止する」 にチェックを入れます。
  1. 2. P-touch Editor を起動します。
  2. 3. 「ファイル」 - 「データベース」 - 「接続」をクリックし、元になるデータベースの場所を指定して、接続します。
  3. 4. 「ファイル」 - 「名前を付けて保存」 をクリックし、ファイル名をつけて保存します。

データをプリンター本体に転送する

  1. 1. プリンターとパソコンを USB 接続します。
  2. 2. P-touch Editor の 「ファイル」 - 「テンプレートの転送」 をクリックして、Transfer Manager を起動させます。
  3. 3. リストから、データを選択して、右クリックでメニューを表示させます。
  4. 4. 「キー割り当て」 を選択すると、キーの番号が選択できます。 この番号は、印刷するときのテンプレート番号になります。
  5. 5. 「転送」 をクリックして、プリンター本体にデータベースと関連付けしたデータを転送します。

バーコードを読み取って印刷する

  1. 1. プリンター本体のUSB ホスト端子に、バーコードスキャナーを接続します。
  2. 2. 「テンプレート選択」 バーコードを読み取り、テンプレート番号を選択します。
  3. 3. テンプレートと一緒に転送したデータベースの中の印刷したいバーコードを読み取ります。
  4. 4. 続けて、デリミタ(区切りコード)バーコード 「HT(水平タブ)」バーコードを読み取ります。
  5. 5. 印刷開始コマンド(^FF)バーコードを読み取ることで、印刷を開始します。

ご購入を検討中のお客様へ

ご利用中のお客様へ(サポート)

開発をご検討中のお客様へ

  • 目的から選ぶ

    印刷したい、プリンターを設定・管理したい場合はこちらからご確認ください

  • b-PAC

    Windows 向けアプリケーション開発ツールについてのご案内

  • モバイル SDK

    モバイル端末向けアプリケーション開発ツールのご案内

  • コマンドリファレンス

    ラベルプリンターやモバイルプリンターの制御コマンドリファレンスのご案内

  • 機種から選ぶ

    ご利用の機種から、提供しているツールのご紹介

  • 導入事例

    開発ツールを利用した導入事例のご紹介

このページをシェアする